FC2ブログ

浅羽の手打ちそば(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:蕎麦

 ぽかぽかと暖かい日が多くなりました。ランチタイムにはもうコートなしでも歩けます。はいいですね。別れの季節でもありますが、新たな始まりに胸膨らむ季節でもあります。

 

 

 仙台の町中でも山茶花に続いて椿も咲き始めています。違いがわかりますか?
sazanka1.jpgasaba1.jpg

 このところ、蕎麦付いており、蕎麦が美味しくて仕方がありません。

 

 


 国分町通り、瀬戸勝パーキングの南隣に蕎麦の登り旗を発見しました。
asaba2.jpgasaba3.jpg
 よく見ると、手打ちそば(生徒募集中)ですって@@。ここはお蕎麦の塾なんだ。行ってみよう!

 


  
 アベフォトビルの3階にある割鮮浅羽です。あら、魚料理の店ですよ。
asaba4.jpgasaba05.jpg

 蕎麦という文字は見あたりません。もの凄く不安になりましたが、門を叩きます(扉を開けます^^)。

 

 

 店内はカウンターと座敷に4卓でこぢんまりとまとまっています。至る所に河豚が、、、
asaba8.jpg

 本当に蕎麦屋さんなの?? しかも、正午を回っているのに他にお客がいません。ますます不安が、、、

 

 

 テーブルに着くと店員さんが蕎麦茶とメニューとスタンプラリーのチラシを持ってきてくれて一安心です。
asaba6.jpgasaba7.jpg
 なんと、蕎友会に所属する蕎麦屋さんで筆頭に掲載されています。よく見ると、「細打ちの二八そばが人気」とあります。

 

 


 まずは、基本のざるそば700円を試してみましょう。はじめに、つゆや山葵、漬け物や昆布の有馬煮などが出されます。
asaba9.jpgasaba10.jpg
 本山葵を鮫皮の山葵おろしでスリスリしながら、蕎麦の到来を待ちます。これって、いいなぁ~。


 

 


  お蕎麦の登場です。透明感のある細い麺は角がしっかり立っています。
asaba12.jpg
 あらっ、二八と書いてありましたが、これはどう見ても、どう噛みしめても十割蕎麦だと思うのですが・・・。噛み心地が最高です。甘味を押さえたキリッとしたつゆとよく合っています。流石、お蕎麦の塾だけはあります。

 

 

 

  蕎麦湯もよいタイミングで出されます。塗りではなく、焼き物の急須は珍しいですね。
asaba13.jpg

  このところ、よい蕎麦屋に巡り会えています。蕎麦というとどうしても山形信仰が強いのですが、仙台も丹念に探していけば、まだまだ、よいお店がありそうです。

 

 

 


  この浅羽は昼は蕎麦を提供していますが、夜はフグで有名な魚料理屋さんなのだそうです。ご主人は蕎麦打ちの先生ですから、もちろん片手間の蕎麦ではありません。カウンターの端が蕎麦打ち場になっており、若い職人さんが一生懸命打っていましたよ。あ、そうそう、頂いた蕎友会のスタンプラリーは10軒回ると蕎麦券の抽選に応募できるようです。


 

 

 


 割鮮浅羽

 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-1-10 アベフォートビル3F 
  • 電話 :022-227-8133 
  • 営業時間 :11:30~13:30/18:00~23:00 
  • 定休日 :日曜祝日
  • 駐車場    :なし

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト



前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/402-2fd6fa10