スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【石巻市】木の屋の鯨缶詰

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 先日、石巻で仕事があり、魚市場の斎太郎食堂で昼食を取って移動する途中にとんでもないものを発見してしまいました。

 

 

 高さ10mはあるかと思われる鯨大和煮の缶詰です。これは合成写真ではありません。
kinoya1.jpg
 どうやら、オイルタンクに鯨大和煮缶の図柄をペイントしたようですが、しかし、よく出来ているなぁ。通り過ぎる車も一度また戻ってきて、携帯で撮影しています。^^

 

 


 この巨大缶詰の向かい側が水産加工会社木の屋さんの直売所になってました。 せっかくですので、ちょっとお邪魔します。
kinoya2.jpgkinoya3.jpg
 意外や意外、店内は民芸調の内装で、会社の製品が綺麗に並べてあります。

 

 


 缶詰や真空パックなど美味しそうな製品がズラリで目移りしまくりでした。見ているだけでも楽しいですね。店員さんも優しくて、たいそう居心地の良い空間です。
kinoya5.jpgkinoya6.jpg

 サンマやサバ、カレイの縁側などの缶詰が所狭しと並びます。

 

 


 それでもやはり、こちらのお店の主力は製品です。
kinoya4.jpgkinoya7.jpg

 大和煮缶の他にも塩味のステーキ缶、ころ(皮近くの脱脂した脂肪層)のおでん缶などもありました。冷凍・冷蔵品ではベーコンや尾羽もあって、鯨好きには堪らない光景です。

 

 


 見つけました。表にあった巨大缶詰のモデルになっている缶詰です。ひげ鯨だけではなく、歯鯨も使われているようですが、150gで420円はお値打ちでしょう。
kinoya8.jpg
 子供の頃は大変お世話になった鯨の大和煮です。学校給食の鯨の大和煮は硬くて食べるのが辛かったのですが、缶詰は別物でした。懐かしさ余って、お買い上げです。

 


 

 さっそく帰宅後、酒の肴に頂いてみます。その前に、しみじみ観察。
kinoya20.jpgkinoya21.jpg

 デザインも他の缶詰類よりレトロっぽい。木の屋のベストセラーだけに昔のままを護っているのでしょうか。プルトップになっているところは、時代の変化を感じさせます。

 

 

 

 懐かしの鯨の大和煮。。。透明な筋のところもプルプルして美味しいんです。寒い所に置いてたので、脂が固まっていますが、やがて室温で溶けてしまいました。
kinoya22.jpg
 甘めの味付けなので焼酎のお湯割りがよく合います。子供の頃の味と頭の中でクロスオーバーします。昔の缶詰より美味しく感じるのは懐かしさのせいでしょうか。

 

 


 は日本人にとって古くからの伝統食。一時の乱獲によって資源が縮小した鯨種もありますが、現在は持続的に利用可能な種類も多く、むしろ増えすぎて漁業にも影響が出てきているものもあるそうです。大規模な南氷洋での捕鯨はともかく、伝統的な沿岸捕鯨は日本人の食文化として守りたいものです。


 科学的な議論をまったく受け付けないIWCでの反捕鯨国(かつての捕鯨大国も含まれる)の態度や行き過ぎた反捕鯨団体の非合法な行動は本当に鯨が可愛いという動物愛から来るものなのでしょうか。自給率が低い日本の食糧事情ですが、反捕鯨国からの圧力で牛肉を買わされているのは情けないことです。


 は現代の日本人にとって、ノスタルジックな珍味になってしまいましたが、調査捕鯨やIWCが関与しない沿岸の小型鯨類は管理しながら実施されています。石巻にはかつて隆盛を極めた捕鯨基地鮎川もあり、比較的冷凍ブロックや加工品が手に入り街です。こちら方面にお出かけの節は是非、木の屋しみん市場などに寄ってみて下さい。

 

 


 木の屋石巻水産 http://www.kinoya.co.jp/

 

  • 所在地  :宮城県石巻市魚町1-11-4 
  • 電話        :0225-23-1234 
  • 営業時間 : 9:00~16:00 
  • 定休日    :土日祝日
  • 駐車場    : 10台

    ※ 仙台方面から日和大橋を越えましたら、ファミリーマートの前を右折し直進、大きな鯨缶が右手に見えてきます。

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/04/01(火) 12:41:59

こっ、これはスゴイ! 車を引き返したくなる気持ちわかりますね。 「木の家」さんの存在は知りませんでしたが、どの商品も安くて惹かれるわ~。ぜひ行ってみたいと思います。鯨といえば小さい頃から缶詰のイメージだったので、庄内人的には、仙台のスーパーで手軽に鯨の刺身が手に入ることにビックリです。(藤島出身です。現・鶴岡市)

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2008/04/01(火) 20:37:56

さすが入り込むエリアが違いますねエー
ファミマーの右折はありえないコースでした。
これは美味しい看板?ですな、宣伝効果もGOOD! びっくり!
んまい鯨安く食いたいですねー。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/02(水) 06:28:52

  >庄内人さん おはようございます。

 この店、面白いでしょ。次の記事にはもっと
笑えるものを乗せました。何でも常務がアイデアマンで
奇抜なことを次々考えるみたいです。そういう人、
好きですね~。

 私は鶴岡にも酒田にも住んだことがないのですが、
それぞれの街を訪れると強烈なデジャブに襲われます。
サエモンは恐れ多いのですが、左衛門尉からかってに
使わせて頂いております。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/02(水) 06:32:25

  >びーえむあいさん 

 是非行ってみて下さい。どの商品も買いたくなりますよ。
カレイの縁側の缶詰なんてのもありました。
実は魚市場から渋滞を避けて裏道を走っていた時に
偶然発見しました。誰でも思わず、車を止めてしまいますよね。^^

風写(こばひろ改め)

URL | [ 編集 ] 2008/04/02(水) 08:05:52

良いですね、缶詰のモニュメント、石巻の名所になりそうですが、あまり有名になるとシーシェパードに襲撃されるかもしれませんね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/03(木) 06:27:53

 >風写さん

 面白いですよね。思いついても、本当にやれることではありません。
石巻の観光にも役立ちそうです。魚市場周辺の食堂とセットで
楽しんできて下さい。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/04/03(木) 06:53:13

カレイの縁側の缶詰、どこかで買った記憶があったので、台所を探したら、ありました。
まさしく、ここ、木の屋石巻水産のものでした。
ラベルには
コラーゲン・DHAが自然においしく食べられる!
カレイの縁側・醤油煮込み
内閣総理大臣賞受賞
粋な歯ごたえと味覚・・・! 通ごのみの丹念造り
とありました。
食べてみないと。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/03(木) 20:21:40

  >風写さん

 食べたら、教えて~! 美味しかったら、今度買ってきます。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/04/05(土) 08:30:29

カレイの縁側、食べました。
美味しいです。
写真を撮り損ねるぐらいあっさり食べてしまいました。

カレイの縁側、ですので見た目はゴージャスではありません。
当然かもしれませんが、骨が目立ちます。
でもしっかり煮込まれているので、全部食べられます。

かなり脂っこいのも当たり前かもしれませんが、味そのものはあっさり。私は酒の肴にしたのでそのままでちょうど良かったですが、ご飯のおかずとしては薄味かと思います。

縁側の形をできるだけ残すためでしょうが、缶の大きさの割りに量は少ないかもしれません。

ぜひお試しください。
そして美味しいアレンジ方法を教えてください。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/05(土) 10:06:09

  >風写さん

 ナイスな情報提供ありがとうございます。
確か原料はアブラガレイだったはず。縁側は元来脂が多いのですが、
アブラガレイともなると、相当でしょうね。

 でも、畜肉の脂とは違って、魚の脂は高度不飽和脂肪酸、太るかも
知れませんが安心して食べられます。

 今度行ったら、是非買ってみますね。大根おろしで食べたり、貝割れと
混ぜたり、もう既に頭の中で演習してますよ。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/411-f670c404
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。