スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【富谷町】網地島屋の雲丹みそらーめん

カテゴリー: 外食:ラーメン

 今、宮城で話題のラーメン店は数々ありますが、この網地島屋さんもその一つと言えます。網地島屋は網地島で民宿を営んでいた阿部みち子さんが島の郷土料理である雲丹みそや根魚(アイナメ)のダシを使ったラーメンが出来ないかという永年思い抱いていた夢を実現したものです。

 

 今回、伺った富谷店は2007年10月にオープンしましたが、次々と店舗を増やし、今年に入って国分町店を加え全4店舗となっています。お店のHPによると、 鈎取店がかどぐ店、松島店がしゃでっこ店、富谷店がばっつ店となっていますが、東北の人以外には何のことだかわからないでしょう。東北の方言で家督(長男)をかどぐ、舎弟(実弟)をしゃでっこ、末っ子をばっつ(ばっち)と呼んでいます。実際のところ、このような家族経営とやっているのかは不明です。

 


 

 ばっつ店でありますらーめん工房網地島屋富谷店です。駐車場は通りの向かいにあります。
ajisimaya1.jpg
 休日の昼時は駐車場も一杯になります。11時の開店と同時に3パーティーくらいが入ります。

 


 

 難解なのはこのお店の商品の構成。元祖網地島雲丹みそらーめんとありますが、雲丹味噌らーめんではなく、アワビの貝殻に乗った雲丹みそがトッピングされた雲丹みそらーめんなのです。従って、この雲丹みそらーめんには味噌味醤油味旨塩味の3種類のスープがあります。
ajisimaya3.jpg

 雲丹みそのバリエーションで辛し雲丹みそ団子というのがあり、これが雲丹みそに変わります。ただし、塩味にはこれがありません。この雲丹みそ系統のらーめん全5種類(各750円)に煮豚と味玉子がトッピングされた雲丹みそラーメン)850円ってのもありますが、要するに追加100円で煮豚と味玉子が乗せられますよということでしょう。

 


 

 ついでに、焼き根魚(アイナメ)らーめんについても触れておきますが、こちらはスープベースが焼き干しのアイナメであるというくくりです。
ajisima10.jpg

 こちらの焼き根魚系統には味的には、醤油、こってり醤油、白味噌、枯れ黒味噌、旨塩の5種類となります。こちらにはデフォで煮豚がトッピングされます。雲丹みそらーめんの方も醤油と旨塩は焼き根魚のスープですので、トッピングの違いと言えそうです。

 

 さらに、新商品として網長コクみそらーめん白浜うにみそらーめん(各750円)やあわびの肝らーめん950円というのもありました。このお店を究めるのにはかなり時間がかかりそうです。混乱しますのでさらりと流しますが、雲丹丼、ライス、餃子もありそれぞれちょっとしたこだわりがあります。

 


 

 さて、最も雲丹みその個性を引き出しているのが、こちらの雲丹みそらーめん味噌味、雲丹風味白味噌仕立てのスープです。
ajisimaya4.jpg
 初めての時は目の前の海苔の屏風に土肝を抜かれます。まんま一枚そそり立っています。でも、正直、どのタイミングでどう食べて良いのか悩みます。海苔のことを考えると湿ってしまう前に千切って横に置き、少しずつ香りとパリパリ感を楽しんだ方が良いのでしょうが、毎回だと最初から適度な大きさに切ってあった方がありがたいように思えます。


 

 

 

 アワビの殻に乗せられた雲丹みそが豪華です。普通雲丹みそというと味噌主体のものですが、これはほとんど焼きウニとかわりません。
ajisimaya5.jpg

 スープに溶かしながら食べるのですが、勿体なくて具としてチビチビ食べてしまいます。スープは背脂が多く、かなりこってりして、味も濃厚です。雲丹を溶かし込んでも果たしてどれくらい感じられるか。

 

 

 

 麺が太くてコシがあり、濃厚なスープとよく絡みます。
ajisimaya6.jpg
 味噌系のスープには、やはりこれくらい強い麺でないと駄目ですよね。久々に美味しい麺に出会いました。隠れてよく見えませんが、材木のように太いメンマも主張があって良かったです。

 


 

 こちらは味噌だれ餃子250円、一口餃子が羽で繋がって焼き上がっています。
ajisimaya7.jpg
 黒胡麻でも入ったようなどす黒い味噌だれで頂きます。中の餡はネットリとしていて、通常の餃子のような微塵切り野菜のパラパラ感や挽肉の粒々感はあまり感じません。もしかすると、富士屋のような煮豚端切れのペーストでしょうか。

 

 

 

 網地島屋さんのもう一つの特徴は、三回来店し、引換券に印が3回捺印されると、島民証なる物が頂けるそうです。島民証を持参すると好きならーめんが100円引きになり、さらに、特別メニューを注文できたり、網地島行きの船代が半額になる特典もあります。平日のランチタイムはライスを注文すると日替わりのぶっかけの具がサービスとなります(国分町店はランチタイム営業なし)。

 

 

  

 らーめん工房網地島屋  http://www.ajishimaya.com/

 

  富谷店(ばっつ店)

  • 所在地  :黒川郡富谷町富ヶ丘1-16-25 
  • 電話        :022-348-7840
  • 営業時間 :11:00~15:00/17:00~22:00
  • 定休日    :水曜 
  • 駐車場    : あり(店側2台、道路向かい14台)

 

  鈎取店(かどぐ店)

  • 所在地  : 仙台市太白区鈎取本町1-9-25
  • 電話        :022-243-3539
  • 営業時間 :11:00~15:00/17:00~22:00
  • 定休日    :火曜
  • 駐車場    :あり

 

  松島店(しゃでっこ店)

  • 所在地  :宮城郡松島町初原字砂押23-1 
  • 電話        :022-353-3523
  • 営業時間 :11:00~15:00/17:00~22:00
  • 定休日    :月曜
  • 駐車場    :あり

 

  国分町店 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-5-1 ゴロク参番館ビル2階 
  • 電話        :022-721-2336 
  • 営業時間 :17:00~翌5:00 
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし

 
  

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ぴぐ

URL | [ 編集 ] 2008/04/28(月) 23:39:56

お久しぶりです。南の島からです。GWで、内地から沢山の方々が訪れております。道路が、珍しく渋滞(>_<)網地島屋さん、なんでその名前をと考えてまして。母の実家が網地島だから。網地島は、阿部さん姓が多くて屋号でよんでました。母に知り合いか聞いてみましょ(^o^)これからも、楽しい仙台情報を!いつか、オフ会にも参加したいです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/04/29(火) 05:57:51

 ぴぐさん おはようございます。

 網地島屋さん、インパクトありますね。それに美味しい。
阿部みち子さんは民宿をやっていたということですから、きっと
ご存じじゃないでしょうか。

 いつか、こちらにお帰りの節にオフ会を企画しましょうか。
それとも、こちらからそちらに押しかけてオフ会なんてのもいいなぁ。^^
ミーバイやイラブチャーの刺身で泡盛やりたいです。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/434-a80d0901
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。