スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【大和町】伊藤かりんとう専門店

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 先日、色麻町のかっぱの湯に浸かりに行った帰り道、大和町でどうしても寄ってみたい所があり、少し遠回りしてきました。何でも、田圃の中にある小さなかりんとう屋さんあって、そこのかりんとうがめっぽう美味いそうな。飲兵衛親父でも絶賛するくらいの甘みが抑えられた上品な味とか。しかも、バリエーションが7種類とも9種類とも言われ、様々な味が楽しめるらしいのです。

 

 さらに、池袋にある宮城ふるさとプラザコ・コ・みやぎにも置かれているという逸品らしいのです。興味津々で代かきの始まった田圃添いの道を走ります。

 


 

 大和町の田圃から七つ森かりとう屋さんのある方面を望みます。
itokarin1.jpg itokarin2.jpg
 4号線から大和インター方面に入り、インターを過ぎたらすぐに左折します。川を渡って、競輪の場外車券場過ぎたら、今度は右折して山沿いに走ります。途中、こんな所にかりんとう屋さんがあるはずないという不安に何度も駆られますが、ひたすら走ってください。やがて、右手に小さな看板とお店が見えてくるはずです。


 

 

 

一般の民家(農家)の玄関先にある小さなプレハブですが、伊藤かりんとう専門店と書かれています。
itokarin4.jpg itokarin3.jpg
 初めは目を疑いますね。東京でも販売され、隠れた名品としての誉れが高い伊藤かりんとう専門店がどう見ても農道の無人野菜売り場にしか見えないのです(失礼)。しかも、誰もいません。不用心だなぁと思いつつ、店内を見渡すと、呼び出し用のブザーがありました。

 

 

 

 

 ブザーを鳴らしても誰も来てくれないので店内を観察します。噂どおり7~8種類のかりんとうがカゴに並べてありますが、売り切れもありました。七ツ森かりんとうというのが正式のようです。
itokarin5.jpg itokarin6.jpg
 そうこうしているうちに、農作業姿のお母さんが駆けつけてくれまして、大変恐縮されておりました。


 

 

 一袋が300円なのですが、あるものを全種類買うわけにもいかず、迷っているといいもの発見。
itokarin7.jpg itokarin8.jpg
 小割れ(壊れ)かりんとうの袋詰めです。しかも、ほぼ同量でたったの100円。これはお得ですよ。無造作に油性インクで、しょうが、みそ・ピーナッツと書いてあります。結局、普通品のあじしお味と小割れの3種類(味噌とピーナッツはミックス)計4種類を500円で買うことが出来ました。

 

 
 

 

 帰宅後、渋い緑茶を用意して試食会の開催です。まずは、あじしお味から行きます。
itokarin9.jpg

あじしおって、化調が使われているわけではありません。石巻市万石浦の伊達の旨塩を使っているそうで、ほんのりと甘塩っぱいのが実にいい感じ。本当に味付けがほんのりなんです。なにせ甘いものが苦手な私でも食べられるのです。生地も軽く、まさにスナック。今、流行の塩スィーツのかりんとう版ですね。

 


 

 

 続いて、みそ味です。大和町吉岡にある吉田屋さんの仙台味噌を使っているそうです。
itokarin11.jpg
 
これも、甘塩っぱいタイプですが、芳醇な味噌の香りが郷愁を誘います。塩味とは違って、濃厚な香りが鼻に抜けますが、味付けは至って爽やかです。こういう味のかりんとうは初めての経験です。

 

 

 

 次はしょうが味です。国産のしょうがを摺って糖蜜に加えています。
itokarin10.jpg
  
この味はよくありますね。いわゆる生姜糖の懐かしい味です。生姜の香りが全体をすっきり引き締めて、微かな辛さがよい刺激となっています。しょうがの香りとかりんとうの相性がこれほど良いものかと初めて認識させられました。

 

 

 

 最後はピーナッツ味ですが、これは本当に小割れで小片しか入っていませんでした。
itokarin12.jpg

  ピーナッツはもちろん国産で、千葉県八街市のものを使っているそうです。砕いたピーナッツをまぶしたかりんとうは他でも市販されていますが、こちらでは粉末にして糖蜜と絡めてあります。従って、口の中でピーナッツの味が弾けるように飛び出すのではなく、ほんのり、ふんわりと溶け出してくる感じです。

 

 

 伊藤かりんとう屋さんの七ツ森かりんとうは全部で9種類あるらしいです。仙臺みそ味みそキムチ味ごま醤油味昔ながらの黒糖味純黒糖味あじしお味ピーナッツ味しょうが味酒粕入りみそ味(万葉かりんとう)のラインナップで、今回はこのうちの4種類を味わいました。どれも、軽い食感と味付けでついつい食べ過ぎてしまう危険性があります。^^次回は気になるみそキムチ味や酒粕入りみそ味にも挑戦してみましょう。

 

 

 

 田圃のなかの小さなお店で作られたかりんとうですが、品があって十分都会でも通用する秀逸さがあります。このような地元で頑張っているお店は郷土の誇りです。大切にしていかなければなりませんね。ちょっと気になったのですが、小割れが詰めてある袋に塩竃市佐浦町吉岡屋と印刷してあるのですが何でだろう?

                          

  後日、電話で確認したところ、元々、塩竈の佐浦町のお店でかりんとうを製造販売していたのですが、そちらのお店を閉めて、大和町に移転したそうです。以前使っていた袋が大量に余っているので、小割れには活用しているとのことでした。あるものを無駄にしない利活用、大歓迎です。^^

 

 

 

 

  伊藤かりんとう専門店


  • 所在地  :宮城県黒川郡大和町落合報恩寺竹沢下43-1
  • 電話         :022-345-3494
  • 営業時間 :8:00~17:00
  • 定休日    :不定休(要確認)
  • 駐車場    :自宅入り口に1台もしくは路駐

 

 

 

 

         ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

orizururan

URL | [ 編集 ] 2008/05/08(木) 07:18:02

かりんとう!! 一般的に売られているかりんとうとは、だいぶイメージが違いますね☆スゴイ☆
≪かりんとう≫と言われなければ、そうは思わないでしょうね。

そういえば 小さい頃≪かりんとうおじさん≫が居たなぁ
…ちょっと(?)変なヒトでしたが…(~▽~:)

早速 マンガにしてupしたいと思います~♪

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2008/05/08(木) 09:20:48

かりんとうおじさん”も気になりますが…
これまた好いものを紹介していただきましたねえー
このロケーションにこの一品、つぼにきました!
行きたいところが増えちゃって困るじゃないですか!!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/08(木) 19:45:20

  orizururanさん こんばんは。

 なになに、≪かりんとうおじさん≫って???
漫画の公開、待ってますよ~。 でも、何だろう。
変なおじさんって、思わず志村けんを・・・^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/08(木) 19:55:02

  びーえむあいさん まいどです。

 ハッキリ言って、最初、訪れる時はガセじゃないのかと
不安になります。山沿いのたんぼ道をかなり走りますからね。

 現役時代、塩竈のお店で働いて、その後、故郷でぼちぼち
やっている。いいなぁ、職人は、、、って憧れてしまいます。今から
なにか手に職を付けたいなと思っている今日この頃です。

 退職後は軽トラックでバールBarでもやってみますかね。^^

おなべ

URL | [ 編集 ] 2009/08/22(土) 15:36:28

あたしは先日、北海道から仙台に数日お邪魔した者なんです~。駅内で売ってた伊藤かりんとう屋さんのかりんとうを何気に買ってみたところ‥お、おいしすぎましたぁ‥
お土産のつもりで買ったかりんとうを、今日で結局食べ尽くしてしまいました!
1度開けたがさいごですな取り寄せたいけど、電話は留守番電話でした。
とにかくあたしはお気に入りの逸品っす~☆

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/23(日) 06:31:26

 おなべさん 初めまして。

 伊藤かりんとうを気に入って頂いて、何だかこちらまで
嬉しくなります。お店に行きますと迷うくらい様々な種類が
あって、選ぶのに時間がかかってしまいます。

 販売ですが、近くで味噌製造販売している吉田屋さんが
このかりんとうを通販しています。商品名は七ツ森かりんとうと
なってますが、伊藤かりんとうのことです。

http://www.miso-shoyu.com/html/okaimono/nanatumorikarintou.html
もしくは、『七ツ森かりんとう 販売』で、ヒットします。

 参考になれば幸いです。

 宮城の美味いものを色々紹介しておりますので、今後とも
よろしくお願いいたします。

midori

URL | [ 編集 ] 2009/09/15(火) 17:29:59

落合行ってきました。
百円かりんとうは売り切れで無理言って作っていただきました。
味塩買いました。とってもおいしかったです。
情報ありがとうございました。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/09/15(火) 19:59:08

midoriさん 初めまして。

 美味しいでしょう。甘いものがあまり得意じゃない私でも
ここのかりんとうは美味しく感じます。種類が豊富なのも
楽しいですね。

 無理言えば、100円小割れを作ってくれる優しさも
このお店の魅力ですね。ご贔屓に。

ぷく

URL | [ 編集 ] 2010/03/15(月) 14:12:59

初めまして。こちらで伊藤かりんとう店を知り行ってみました。不安になりながら車を走らせ、お店に入る時も少し不安だったのですが(汗)味はとても美味しかったです!短期間に2・3回通ってしまいました。他県から来たもので1年程前から拝見させていただいてます。こちらを参考に色々でかけてますのでこれからも美味しい情報楽しみにしています。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/03/17(水) 13:07:19

  ぷくさん 初めまして。

 伊藤かりんとうさん、初めて行く時は確かに不安になりますね。
この先に店があるのだろうか・・・・と。

 実はこのサイトは美味究真の別館でして、本館は下記のURLです。
      http://bimikyusin.blog109.fc2.com/
 本館のインデックスは別館ともリンクしていますので、ご利用下さい。

 今後ともご愛顧よろしくお願い致します。m(..)m











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/450-af8c88fc
かつて塩竈にあった、かりんとうの名店
■【大和町】伊藤かりんとう専門店 サエモン@みちのく仙台~美味究真~ ちょっと気になったのですが、小割れが詰めてある袋に塩竃市佐浦町の吉岡屋と印刷してあるのですが何でだろう? 答えは直接、上記のブログでご覧ください。
2009/05/11(月) 21:00:16 | 塩竈で暮らす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。