スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【仙台市福岡】泉ボタニカルガーデンでランチ

カテゴリー: 外食:他麺類

 泉ヶ岳の麓、七北田ダムの湖畔に(株)泉緑化さんが運営している泉ボタニカルガーデンがあります。泉緑化さんには家を建てた当時、庭の植栽に関して植木を取り寄せて頂いたり、定植の指導をして頂いたり大変お世話になりました。おばあちゃん、まだ元気かな。

 

 さて、ボタニカルガーデン(Botanical Garden)って、本来は植物学(Botany)の探究のために、種や品種の栽培保存や標本保存を行うための施設なんですが、日本では観光施設としても定着してきました。

 

 

 

 泉ボタニカルガーデンも遊歩道、休憩場、食堂、花木・土産販売所、トイレまで完備された観光植物園です。
izubota1.jpg
 四季折々に様々な花が楽しめるように設計されています。

 


 

 ゲートに入るとチューリップが出迎えてくれます。
izubota2.jpg
 手前はユリ咲き系の品種で古代はこのタイプが主流だったそうです。

 

 

 半日陰の斜面でシラネアオイを見つけました。
izubota3.jpg
 日光の白根山に多く見られ、花が葵(アオイ)に似ていることからシラネアオイと呼ばれています。しかし、アオイやフヨウとは科(アオイ科)も異なり、シラネアオイ科の一属一種で日本固有の植物です。

 

 

 5月はシャクナゲ(石楠花)が見頃です。シャクナゲ越しの七北田ダム。
izubota4.jpgizubota5.jpg
 シャクナゲはツツジの仲間ですが、常緑性です。葉が他のツツジ類より細長く、艶やかです。確かに綺麗なんですが、こってりしすぎていて、毎日眺めるには少しくどい感じがします。

 


 

 斜面一杯のシャクナゲです。黄色いのや藤色のもあるんですね。西洋シャクナゲでしょうか。
izubota6.jpgizubota7.jpg
 本当にこの植物園は見応えがあります。ゆっくり回ると小一時間はかかるでしょう。

 

 


 突然、眼下に芝生の広場が広がります。食堂や休憩所が見えます。 
izubota8.jpg
 トイレはここしかありません。ゲートから真っ直ぐ来ても10分位かかりますのでご注意下さい。

 


 

 小腹も減りましたので、カフェテラス(Felicia)でなにか食べておきましょう。
izubota9.jpgizubota10.jpg
 がっつり食事を摂ることは出来ないようですが、パスタやピッツァはあるようです。でも、ここのHPにはおまかせランチセットやパスタセットもあることになっているんだけど、どうしたんだろう。

 

 

 細君がオーダーした手作りケーキセット600円。4種類の中から洋ナシプリンタルトをチョイス。
izubota11.jpgizubota12.jpg
 このセットは人気商品らしく、雑誌にも紹介されたそうです。看板には食用花付きと書いてあったんですが見あたりません。この記事を書いていて気付きました。

 

 

 

 日替わりパスタは蟹のトマトクリームでした。ピッツァを二人で摘む予定が12時前に売り切れでした・・・。
izubota13.jpg
 
パスタはやや扁平なリングイネでした。ただ、妙に柔らかい。フレスカ(生麺)だろうか、それとも単なる茹で過ぎか・・・。お客はまだ少ないのですが、サーブに時間がかかりすぎます。その割に店員さんがまったりしています。^^

 

 

 

 テラスでそよ風を受けながらパスタ。なかなかイタリアっぽくていいですね。
izubota15.jpgizubota14.jpg
 よく見えませんが、しっかり蟹の身も入っています。トマトの酸味とクリームのコッテリが融和して深い味わいになってます。でも、650円ならサラダかドリンクが付いても罰は当たらないかと・・・。

 

 


 

 カフェテラスの他にそば・うどんコーナーもあるところが弱笑。ガーデンが園になります。^^
izubota16.jpgizubota17.jpg
 年配の方への配慮でしょうね。おにぎりやみそおでんも装備されています。野菜を使ったボタニそばなんてのもありますよ。

 

 

 

 

 泉ボタニカルガーデンはバラやハーブでイングリッシュガーデンのように整備したやくらいガーデンとはかなり異なります。もっと庶民的な観光植物園と言えるでしょう。来られる方々も年配の方が多いですね。周辺には食堂もコンビニもありませんので、お昼は園内の施設で食べるか弁当持参となります。和洋両側面を持っていますので、食堂の運営も大変でしょうが、もう少し改良の余地がありそうです。

 

 

 

 


 泉ボタニカルガーデン
  
http://www.izumi-green.co.jp/botanical/top.html

 

  • 所在地  :仙台市泉区福岡字赤下
  • 電話        :022-379-2698
  • 営業時間 :9:00~17:00 
  • 定休日    :4月(第2土曜日)~11月(第2日曜日) 4月~6月までは無休、7月~11月の期間は、毎週水曜日が休園日(水曜日が祝日の場合は、翌日が休園日
  • )駐車場    :あり
  • 入園料:大人400円・小学生100円(未就学児は無料)


 

 

 

     ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/05/16(金) 22:10:23

ご無沙汰です。「ボタニそば」に大ウケしてしまいました。それはさておき、ココは今の季節とってもイイ感じですねえ。デートしたいかも(誰とだ?!)昼前に完売のピッツァ、人気なのでしょうか、今度早めの時間にトライしたいです。
今夜は久しぶりに本町「おやじ」で飲んできました。風写さんがしこたま十四代飲んだっていうのワカルなぁ。。だってあの値段だもん。今日は3合でガマンなり・・。明日もあるし・・。あぁ飲み過ぎ日記。

キヤ

URL | [ 編集 ] 2008/05/16(金) 23:02:53

またまた懐かしい!

七北田ダム(名前は意識しませんでした)は3回ほど原付2種で行きました。
鳥(虫)の声が素敵でしたね。
いつも誰もいませんでしたけど・・

【自己紹介】
2年前まで、北四番丁駅から西へ 
「そば たかみ」「海鮮館」あたりを通り過ぎて10数分の
ミスタービジネ・・(哀)に1年ほど住んでいた者です。
与那原家はまだ、昔ながらの・・中華そば?でした。

仙台に魅せられてこの2年でまた5回ほどバイクで通いました。
(ガソリン代片道1,000円 注:今なら1,500円)
浮いた分で呑む・・というわけです。


さて
『中国食材調査』を読ませてもらいました。
”笑い”→”愕然”→”不思議”→”残念”→”反省”
何故か”怒り”の気持ちは湧き上がりませんでした。
誰もが思う高級食材?は要注意ですね(笑)

同時に『日本の「食」は安すぎる』も読みました。

民主主義とは永遠に【人任せ厳禁!】のシールを
背中に張られている状態だと思わされました。
’安心’は感謝しても、望むべきものではないのでは?

あらためて考えさせられた3日(読書)間でした。

追伸:第3回オフ会 うらやましいです~

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/17(土) 07:25:36

  >庄内人さん

 おはようございます。泉ボタは真冬以外いつ行っても何かが咲いているように
設計してあるようです。子供からお年寄りまで楽しめるがいいですね。
 ピッツァが売り切れだったとしたら、おそらく1日当たり2・3枚しか用意していない
のかも知れません。でも、12時前ですからねぇ~。

 壽哲廸、、、先日、昼飯を食べには行ったのですが、半年以上飲んでいません。
あそこは本当に気持ちよく酒が飲める処ですね。行かなくちゃと思いつつも、次から
次に別の情報が入ってくるものですから・・・^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/17(土) 07:26:59

 >キヤさん

 そうですね、仙台近辺であのような所があるのですから、東京に住んでいた頃と
比べると夢のようです。北四番丁から西へ10数分と言いますと、木町通か広瀬町
辺りでしょうか。

 あの本読んでみましたか。あまりにショッキングで本当に信用して良いのか
しばらく悩みました。でもよく考えると、いつでも同じものが安く買える状態を
維持するためには海外から安全性が怪しいものも輸入しないと駄目なんでしょうね。
要するに国内生産ではそれは実現しにくい。

 消費者ニーズで量販店や飲食店がそれに応えているのか、それとも売る方が
競争や生き残りの過程で、そのようなものも扱わざるを得なかったのか・・・
いずれにしましても昨今の食品の問題を教訓に国内生産を少しでも増やすように
国全体が取り組まないといけませんね。

キヤ

URL | [ 編集 ] 2008/05/17(土) 09:15:04

住所は支倉町2でした。 木町通りすぐそばです。
そこからチョロチョロ歩きたくなるんですよ、この街は!
毎日 素晴らしい記事をありがとうございます。 では。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/05/19(月) 08:29:00

キヤさん
私その町に棲んでいまして毎週ちょろちょろしています。
バス駐車場右側にあった古い中華は無くなってしまいました。
2番地には今は宿泊施設はないと思います。
大学病院とその東側がずいぶん変わってきていますね。

サエモンさん
ボタニカルガーデン、良いですね私もちょうど7年前、この季節に行っています。ツツジ、石楠花、チューリップの写真を見つけました。
前にしばらくドイツにいたことがあるのですが、その街にもボタニカルガーデンがあり、ずっと日本のボタンが語源の庭園かと思っていたのですが、どうも違うようですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/05/19(月) 21:06:14

  >風写さん こんばんは。

 実は私もボタニカルを泉緑化さんが使った時点で牡丹の
植物園だと思ってましたよ。BotanyからBotanical Gardenに
繋がるまで数年を要しています。^^

 ドイツに滞在されていたのですね。私も短期間ですがベルリンに
おりました。でかい温室のあるBotanical Gardenのようなホテルに
寝泊まりしていました。

 ドイツ料理はそれほど美味い物がないという前評判でしたが、
アイスバインは絶品でした。また、食べたいです。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/465-4a1a6b3b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。