スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

宮城の新・郷土駅弁 焼きさば飯@仙台駅

カテゴリー: 外食:その他

 このところ東京通いが続いておりますが、本日は11:26発のはやてなので、東京には13:08の着。着いたらすぐに仕事なので、今日は車中でお昼を食べることにしましょう。そういえば、駅弁コンテストでグランプリを取った作品が商品化されて販売されていたはず。


 


 今月は何回東京に通ったことでしょうか・・・。
ekiben1.jpg
 毎度お世話になっている東北新幹線。電車オタクではありませんが、何となくパシャ。

 

 

 

 ホームの駅弁屋さんを覗くと、ちゃんと売ってました。
 ekiben2.jpgekiben3.jpg
 
けっこう派手に宣伝しているのですね。焼きさば飯の他に牛たんすき焼き弁当もグランプリ獲得らしいのですが、今日は消化が良さそうな焼きさば飯1000円にします。

 

 

 

 

 やや小さい印象を受けますが、深みがあります。なんと金華鯖を使っているようです。
ekiben10.jpgekiben11.jpg
左肩には輝かしい駅弁コンテストグランプリ受賞のメダルが記載されています。

 

 

 

 

 で、肝心の内容ですが、パッと目には地味。日常的なお惣菜の詰め合わせといった印象。
ekiben12.jpg
 やや油分を感じるダシの効いた茶飯に焼きほぐした鯖の塩焼きが覆っています。米はひとめぼれなので、もっちり感が味付けご飯にぴったり。それに焼き鯖ですから、当然美味い。しかも冷めても美味いこのご飯は駅弁には最適かも知れません。


 

 

 

 ご飯の上には、鶏の八幡巻きと味付け煮卵。
ekiben13.jpg
 この鶏が柔らかふっくらで良くできています。煮卵も固茹でですが、ほんのりとした味付け具合が絶妙です。半熟だと保ちが悪いからしょうがないのでしょう。

 

 

 

 

 ご飯の脇の二つの仕切には、揚げ茄子と野菜の煮浸し、もう一方は水菜と海老のポン酢でした。
ekiben14.jpg
 茄子や筍の煮物は冷めても美味しく、ホッとする味わいです。水菜はポン酢で、変色していますが、味の変化としては、ここで酸っぱいものもありでしょう。

 

 


 

 最初、この焼きさば飯は平凡なお惣菜が多く、非日常的ランチを演出するにはあまりに地味な駅弁と正直思ってしまいました。また、1000円でこのボリュームと内容では少し高いかなと思ったのですが、どれも丁寧に作ってあり、ホッとする味わいで値段相応の品質はあるなと感じ始めています。金華鯖の美味しさ伝えるためにはほぐし身は、あとからご飯に混ぜ込み、トッピングに塩焼きの小片が乗ればなお良いように思いますが、コストや保存面で不都合があるのでしょうか。

 

 

 

  ホームの駅弁販売コーナーもしくは

  駅弁屋 旨囲門(NRE)

 

  • 所在地  :仙台駅2階コンコース
  • 電話        :022-267-5861
  • 営業時間 :6:00~21:00
  • 定休日    :無休

 

 

 

 

     ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

wa

URL | [ 編集 ] 2008/06/21(土) 06:10:38

金華サバのお弁当おいしそうですね!
駅弁、滅多に食べる機会はないけど色々あって目移りしちゃいます(^-^;添えてあるお惣菜もひとつひとつ美味しいですよねー 冷めてるのに

そういえば昔は、小さいお茶付いてましたよね??何かで使われそうな赤いキャップの。。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/06/21(土) 07:35:05

  >waさん おはよう。

 美味しかったよ。特にひとめぼれの茶飯と焼きさばのほぐし身を
一緒に食べると、さばの脂がご飯と混ざって3の倍数になったような
感動があります。 原材料表示に「焼きさばほぐし身入り茶飯」と
書いてあったけど、ご飯自体にはあまり身の粒は感じませんでした。

 もし自分で作るとしたら、焼きさばの身を取った後の骨を軽く焦げ
ないように焙ってダシを取り、これで昆布と醤油でご飯を炊きますね。
あ~、考えただけでも作りたくなってきた。早くさば釣れるように
ならないかなぁ。毎年、6月下旬には仙台湾にやって来るのに今年は
まだ情報がありません。

>そういえば昔は、小さいお茶付いてましたよね??何かで使われ
 そうな赤いキャップの。。

 なんとなく、そんな記憶が残ってますね。蒲焼きのタレかくず餅の
黒蜜が入っていそうなヤツですよね。私のもっと古い記憶では、
白くて四角い瀬戸物の容器に針金のツルが付いてました。それが、
やがて同じ形の樹脂製の容器に代わりティーバッグを入れるように
なったような気がします。

 最近は東京行きも「はやて」に乗りますので、まるで石巻に行く感覚
です。旅ではなくなったんですね。でも、今回のように、車窓から景色を
眺めながら駅弁を食べると、子供の頃の情景が蘇りました。その頃、
両親の帰省で仙台に来るのはとてもとても旅でした。福島を過ぎる頃
から「酒は大七」や「白松がモナカ」の大きな看板を山に見つけると、
「あ~やっと仙台にやって来たんだ」という感激に浸ったものです。
 

風写

URL | [ 編集 ] 2008/06/21(土) 08:51:09

私の世代は冷凍みかんが懐かしいですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/06/21(土) 22:07:29

 >風写さん お晩です。

 冷凍ミカンなつかしいなぁ。。。 もう絶滅してしまったんでしょうね。
汽車の旅行には必須アイテムでした。リバイバルで今の時代に
中高年を対象に夏の観光バスで出したら受けませんね。

 冷凍ミカン、もう味も食感も忘れてしまいました。今度冬になったら
作ってみます。今でも美味しく感じるか不安ですが。。。

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2008/06/23(月) 12:41:26

実際に商品化されると、出品した作品とはちょっと違ったものになるようです。次はサエモンさんが出品されてはどうですか??(^ ^)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/06/23(月) 20:05:13

  >ぺこりんさん お久しぶりです。

 もしかしたら、お知り合いの作品が採用されたのでしょうか?
やはり、いくら美味しいものを作っても値段と量産の面で制約が
あるのでしょうね。

 う~ん、、、駅弁ねぇ。サラリーマン用の下り線専用の晩酌酒肴セット
なら春夏秋冬ごとに和洋中伊で考えられそうですが・・・^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/498-3ac555b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。