スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

即席お茶漬け風稲庭うどん

カテゴリー: 外食:うどん

 先日、勾当台公園で開催されていました秋田県湯沢雄勝広域観光キャンペーン稲庭うどん折れ麺を買いました。稲庭うどんはご承知のように秋田県湯沢市稲庭町周辺で作られる手綯いの乾燥麺です。細いきしめんのように扁平しており、ツルツルしたとした滑らかな喉越しが堪らない伝統的な乾しうどんです。折れ麺は製造の途中で折れて、規格の長さにならないものを袋詰めしたもので、品質には全く問題ありません。


 

  繊細なうどんなので、あまり甘塩っぱい色の濃い汁では可哀想です。そこで、簡単にお茶漬け感覚稲庭うどんの美味しさを満喫できる食べ方をご紹介します。ダシは取らなくても構いません。その代わり、削り節ととろろ昆布を使います。これらがない場合は、ダシが必要になりますが、くれぐれも甘ったるい市販のめんつゆは使わないで下さい。これでは小野小町ジャージを着せるようなものです。^^

 

 

 

 

 先日買った稲庭うどん折れ麺(稲庭折うどん)です。500gで600円でしたが、二つ買うと1000円とも言ってましたので、地元では500円なんでしょう。
inaniwas1.jpginaniwas2.jpg

 これが折れ麺じゃなく、規格品なら100g200円~300円はするでしょう。たぐり上げてすすり込む喜びこそ足りませんが、半値で高級乾麺である稲庭うどんが楽しめるのですから庶民にとっては限りです。

 

 

 

 

 今日は折れ麺とうどんのダシ用としての削り節とろろ昆布、味付けに梅干しと醤油、薬味として大葉(青紫蘇)と白胡麻を用意しました。
inaniwas3.jpg
 ダシは削り節は外せませんが、とろろ昆布の代わりに塩昆布や昆布茶でも構いません。薬味は好みで葱やおろし生姜も良いでしょう。梅干しはさっぱり感を強調してくれるのであった方がよいですね。大葉は千切り、梅干しは種を取り除いて叩いておきます。最後にうどんにお湯かけますので茹で湯の他に人数分の熱湯を用意しておきます。

 


 

 

 

 稲庭うどんはたっぷりのお湯で約3分半、茹で上げ、ボールの中に入れたザルに受けます。1人前は乾麺重量で100~120gです。
inaniwas4.jpginaniwas5.jpg

  茹で湯はこの後使いますので、流したり水を加えたりしないで、取っておいて下さい。
 

 

 

 

 

 湯から切り上げたうどんは直ちに水に晒します。その後、丼に盛る直前で再度、茹で湯(別に用意したお湯でも良い)の中で、温めます。
inaniwas6.jpginaniwas7.jpg
 うどんは水で直ちによく洗い、ぬめりを取ると同時に引き締めます。こうすると美味しくなるばかりではなく、伸びるのを抑えることができます。茹で湯で温めた後は急いで進めます。丼にうどんを盛り、食卓へ運びます。

 

 

 

 

 うどんの上にダシの素である削り節やとろろ昆布、たたき梅や薬味類を乗せ、熱湯をかけ回します。
inaniwas8.jpginaniwas9.jpg
 良くダシが出るように掻き混ぜます。梅干しからも塩分が出ますので、それを補う程度に醤油を使い、味を調えます。

 

 

 

 あとは一気にすすり込むのですが、冒頭で小野小町ジャージとか言っておいて、これではジャージどころか汚れた作業着だろうが、、、という声が聞こえてきますね。^^
inaniwas10.jpginaniwas11.jpg
 まずは、味わってみて下さい。鰹節と昆布から出る一番出汁を梅干しの酸味と大葉の香りで頂くのですよ。洗練された優雅な風味は小野小町に見立てた稲庭うどんにピッタリです。見栄えが気になる場合は瞳を閉じて味わって下さい。^^

 

 

 

 今回は、用意した材料を一度うどんの上に勢揃いさせてから、お湯を注ぎ込んでからかき回すお茶漬けスタイルで頂きましたが、最初に、丼のお湯に削り節ととろろ昆布を入れてダシを取り、たたき梅を良く溶かし込んから醤油で味を調えたつゆにうどんを入れても良いわけです。ただこれだと、即席ではなくきちんとダシを取ったつゆにうどんを張ったのとあまり変わらなくなって、お茶漬け感覚の簡便さが薄れてしまうのです。お茶漬けにはお茶漬けの醍醐味があるのです。


 

 

 

 

   ← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
 にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2008/07/02(水) 08:27:17

美味しそうです
稲庭の佐藤養助本店で食事か買い物すると麺の端っこ、ばち状の耳の袋詰めがただでもらえますよね、あれもお得ですが、茹でると麺の固さにばらつきが出ますね。

ところで質問です。
専門店で冷たい稲庭うどんを食べると、ものすごく美しく揃った盛で出てきます。(ワンレンみたい(笑))
まるで束のまんま茹でて形を崩さないよう。
どうやって茹でるのでしょうか?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/02(水) 20:49:44

  >風写さん こんばんは。

 稲庭うどんはみちのくが生んだ偉大な麺類ですよね。^^

 さて、ご質問の件ですが、普通素麺の場合、川の流れのように
ワンレンにするには麺の束の一方の端を糸で縛って茹で上げ、
その後に束ねた部分を切って、麺列が乱れぬように盛り付けます。
たぶんその手法を使っているのだと思います。

 でも、これは麺の一部を捨てることになり、美観のために無駄が
出るので私はやりません。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/07/02(水) 21:07:17

サエモンさん
ありがとうございます

それもあるかもと想像はしていましたが、やはり意外です。
専用の小さいざる(ちょっとイタリアンぽく)にでも入れて茹でるのかなと想像していました。
稲庭うどんは高尚な麺料理なんですね。

夏の冷やし胡麻だれが大好きです。

ぱんだ(親)

URL | [ 編集 ] 2008/07/03(木) 12:37:59

サエモン師匠 ジャージはいた小野小町を想像しちゃったじゃないですか~。おもろ~(笑)
私も秋田に住んだことあるので、稲庭の乾麺のお徳用、よく買って食べてました。
秋田の人はアレを家庭でよく食べます。
厳しい夏も扇風機の前でうどん食べてれば幸せです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/03(木) 20:56:21

  >風写さん

 仰るとおり、胡麻だれは本当に美味しいですね。
サッと煎った白胡麻を擂り鉢で擂って、醤油と味醂で調製
した胡麻だれは天下一品です。これには溶き辛子がよく合いますよ。

 稲庭にはちょっと強すぎのたれですが、温麺ならジャストフィットします。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/03(木) 21:02:59

  >ぱんださん おばんです。

 秋田にも住んだことがあったのですか~!
あのお徳用は、秋田に行くたびに買ってきますよ。

 稲庭うどんは手綯い、手延べの素麺が西日本から
伝わったのですが、手綯いの後、平らに潰したので
個性と滑らかな食感が生まれました。

 みちのくの誉れですよ、この麺は。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/07/04(金) 11:21:54

同じ製法の稲庭うどんが庄内にもあるってご存知でしたかあ?知名度も味も秋田の稲庭には及びませんが、地酒でも有名な「大山」の稲庭もけっこうおいしいんですよ(我が家で常備しているのは、すがわら製麺)。私もサエモンさん同様、梅干しやかつお節をのっけてぶっかけで食べるのが大好き。病み上がりのカラダにも優しいしので、このところしょっちゅう食べてます(^^)v

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/04(金) 21:36:15

 >庄内人さん
 
 いやぁ~、全く存じませんでした。そうですか、庄内にも手延べ乾麺が
ありましたか。以前の記事で、なぜ、庄内でうどんを麦きりと呼ぶのかを
考察しましたが、それは稲庭うどんが先行したからと判断しました。
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-117.html

 庄内に麦きりより早く乾麺が広まっていれば、当然、手打ちのうどん
はうどんとは呼ばず、混同を避けるために麦きりと呼び続けてもおかしく
ないのです。貴重な情報ありがとうございました。 また、色々教えて下さい。

 ところでお体如何ですか? お互い早くお酒を飲めるように回復したいですね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/513-a842847c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。