スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【南三陸町志津川】山内鮮魚店のホヤと牡蠣ビール

カテゴリー: 料理:買い魚

 南三陸町志津川に凄い魚屋さんがあります。鮮魚販売主体から手作りの加工品生産に力を入れ、この20年で老舗の水産加工屋さんをも凌ぐほどに成長しました。現在、その製品は仙台空港を始め、仙台駅、東北自動車道SA、道の駅、だてもん市場等、主要な物産店や百貨店などで販売されています。そのお店は山内鮮魚店です。

 

 

 


 志津川湾は養殖のメッカ。ワカメ、カキ、ホタテガイ、ギンザケなどが育てられています。残念ながら、少しガスがかかって視界が今一です。
kakibeer1.jpg
 志津川湾はギンザケ養殖発祥の地ですが、現在は女川湾が本県では生産量第1位とか。世界的にサケ類も消費が伸びて、値も上がり始めているようなので、頑張って養殖を続けてもらいたいものです。 


 

 


 

 志津川の街に入り、海岸通りを魚市場方向に少し走ると山内鮮魚店さんが、交差点の角に見えてきます。一見すると観光地にありがちな土産店兼用の魚屋さんです。
kakibeer2.jpg kakibeer3.jpg
  
西日を避ける葦簀張り、小さな店舗、交差点にあり、駐車場も少し離れています。小名浜辺りの大規模鮮魚店と比べるとあまりに小規模な鮮魚店です。

 


 


 

 ところがどっこい、この店の凄さは店内の商品を見ないとわかりません。もちろん鮮魚店ですから、新鮮な地物の魚もいつもあります。
kakibeer4.jpg

 ご主人自ら、目の前の志津川魚市場で競り落としてきたソイ類、アイナメ、ウミタナゴ、カレイ類、ツブなどが並べてあります。


 

 

 

 

 目を見張るのは袋詰めや瓶詰めの加工品の多さです。パッケージの色彩にも気を配った瓶詰め類は眺めているだけで楽しくなります。
kakibeer5.jpg kakibeer6.jpg
  
大工場で作った輸入原料の加工品ではなく、地元の材料を使った家内制手工業に近い手作りが魅力です。

 


 

 


 

 山内さんの商品は数々の品評会で数々の受賞をしております。
kakibeer7.jpg kakibeer8.jpg
 
カキの燻製(桜燻し)は農林水産大臣賞も受賞している銘品です。

 

 

 

 

 なんと山内さんでは、カキを使ったビールまで造っていました。
kakibeer9.jpg kakibeer10.jpg
   
志津川牡蠣のスタウトです。カキの肉や貝殻までも醸造の過程で加えているそうです。これは330mlで580円。是非、今晩飲んでみましょう。

 


 

 

 

 さて、肴を何にするかが問題ですが、せっかく志津川まで来ているのですから、旬の海産物といえば、、、、なんといってもホヤでしょう!!
kakibeer11.jpg
 大きな3年物のホヤです。仙台では1個200円以上するサイズですが、たったの150円。今日の肴はこれで決まり。


 

 

 

 

 さっそく、帰宅後にホヤを捌いて、一風呂浴びてから、食卓に付きます。まずは、ホヤ刺で自然の味わいを楽しみます。
kakibeer12.jpg
 醤油をつけないでも、ホヤの塩味だけで十分美味しい。レモンも締めるためではなく、ホヤに酸味を添える程度に使います。


 

 

 


 

 こちらは、ホヤの即席紫蘇漬けです。ホヤの切り込みに大葉の香りを加えたものです。天に紫蘇の実の塩漬けを少々。
kakibeer13.jpg
 大葉の千切りと天然塩を少々加えて1時間くらい寝かせます。水分をさっと切っていただきます。色は悪くなりますが、一晩寝かせて食べても味が馴染んで美味しいですよ。

 

 

 

 

 さてさて、お楽しみのカキ入りスタウト。一体どんな味でしょう。ワクワク。
kakibeer14.jpg kakibeer15.jpg
  
本当にカキの味がします。それが決してミスマッチではなく、力強い上面発酵のスタウトゆえにカキの旨味をがっちりと受け止めています。ローストした大麦の香ばしさとカキのコクが溶け合って、今まで味わったことのないビールの新境地を作っています。

 


 

 

 

 今宵は酒も肴も南三陸志津川の海の恵みで夢心地です。
kakibeer16.jpg
 
旬のホヤは身も厚くて最高です。殻の中の海水をとっておき、仕上げに掃除した身をそれで洗うと風味と旨味が失われません。カキ入りのスタウトは一飲の価値があります。お店の通販サイトでも扱っているようですのでご利用下さい(下記URL)。

 

 

 

 

 


 アイディアマンの山内正文社長が次々と生み出す商品は今までの魚屋さんの発想を超えています。和のお総菜や保存食に留まらず、洋食の技法も積極的に取り入れる姿勢には敬服します。今後、何が生み出されるか想像がつかないのも山内鮮魚店の魅力でしょう。

 

 後継者もしっかり定着してネット販売にも力を入れています。通販サイトも良くできていて眺めるだけでも楽しくなります。そういえば、この山内鮮魚店美味しんぼの第75巻にも紹介されたことがありました。志津川の魚屋さんが宮城を代表する水産加工屋さんに一代で発展させたのですから、大したものですね。

 

 

 

 


 山内鮮魚店本店   http://www.yamauchi-f.com/
 

  • 所在地  :南三陸町志津川字本浜町101
  • 電話 :0226-46-4976 
  • 営業時間 :8:00~18:00
  • 定休日 :水曜日
  • 駐車場 : 6~7台 

 

 

 

 

 

 ← ランキングに参加中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/07/17(木) 12:01:37

生モノには絶対に日本酒!ビールなんて!…と思ってましたが、牡蠣ビールならホヤと合いそう。サエモンさん、さすがですねえ。ちなみに、仙台浅草の「隆生丸」という志津川の浜料理を出すお店で、この牡蠣ビールが飲めましたよ。けっこう濃厚なので、グビグビ飲むって感じではないけれど美味しかった。通販があることは知りませんでした。取り寄せてみよっかなぁ。あっっいかん、うちのダンナは牡蠣アレルギーだった(泣)

さかなや

URL | [ 編集 ] 2008/07/17(木) 15:57:44

こんにちは!

おぉ~!素晴らしいラインナップですね!!
牡蠣ビール..........私も呑んでみたいです☆

牡蠣の風味には、強めの香りと味のするスタウトが合うのでしょうね!!!(ゴクリ)


そして、旬のホヤ!!!
もう、堪りません.............日本酒が欲しくなります♪
サエモンさんが作られた『即席紫蘇漬け』を早速!真似させて頂きます!!

素敵なレシピを教えて頂き、有難うございました☆

早く!食べたいぃ~!!!


サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/17(木) 21:17:53

 >庄内人さん こんばんは。

 昭和町方面は私にとって未知のエリアです。地下鉄使えば、すぐに
行けますので、今後の探索対象としてみたいと思います。「隆生丸」ですね。

 そうそう、牡蠣ビールは濃い味なので、喉の渇きを癒すものではありません。
味わいながら、さっぱり系のつまみが合いそうです。

 えっ、旦那様は牡蠣アレルギーなんですか??? 食べると痒くなるとか・・・
ううっ残念です。。。。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/17(木) 21:19:48

 >さかなやさん 遠いところお運びありがとうございます。

 山内さんは、ちょっと気になる魚屋さんですよね。我が郷土の誇りです。

 ホヤ、、、今が旬ですよ! ホヤ料理も色々ご紹介していくつもりです。
今までのアップは、恐れ入りますが、ブログ内検索で「ホヤ」、もしくは
食材インデックスで是非ご笑覧下さい。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/10/27(月) 11:57:42

こんにちは
ちょっと古いネタに食いついてしまいますが
この牡蠣ビールって私が今月訪問した一関の世嬉の一酒造製なんですね。
実は数本ゲットしていたのでした。美味いですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/10/27(月) 20:55:16

 風写さん 鼻が良いですね。
それとも予知能力があるのでしょうか。^^
明日の記事で、偶然にも牡蠣ビールを扱っている
居酒屋さんが登場するのです。

 いやぁ、驚きました。製造依頼した蔵元が、盛岡で
飲んだ世嬉の一だったとは。ビールも作る蔵元って、
どう評価したらいいんでしょう・・・・。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/10/27(月) 22:00:27

うわ やられた 想定内ではあったけれど
実は明後日、たぶん仙台浅草のその店に行くんですよ
明日予習できるわけですね

日本酒老舗蔵元のサイドビジネスですね
これも非常に面白い題材だと思います。
庄内や米沢、もちろん一の倉の松山もそうですが、蔵元っていわゆる文化のパトロン的な部分を持っていると思うのです、新し物好きなお金持ち。勝山もそうですね。
だから、地元経済が窮地に陥っていると感じると、何か始めてくれるのではないでしょうか。世嬉の一もそう。
私たちのような古いもん好きには、本当にありがたい存在ですよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/10/28(火) 06:17:44

  >風写さん

 当たりです。この記事の最初のコメントが庄内人さんでしたが、
仙台浅草の隆生丸さんを紹介して下さいました。
今回は偶然にも、図らずも、行き着いたわけです。
志津川は仕事で縁があり、ご主人と話が盛り上がりましたよ。

 蔵元社会パトロン説、、、なるほどね。そうやって、文化的
投資をしてくれる蔵元さんは有り難い存在なんですね。
このような見方をしたことがありませんでした。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/11/18(火) 17:26:48

サエモンさん、ニュースです~。牡蠣のギフト依頼のため山内さん’Sサイトをみたら、なんとビックリ「海鞘エール」発売ですって! 限定70本。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/11/18(火) 21:26:27

  >庄内人さん こんばんは。

 むむむ、なんとコメントしたらいいのだろう・・・
とうとう正文社長、そっちの路線に行ったのだろうか。
美食を突き詰めると際立つ方向へ行くのは世の常。
彼を20年以上前から知っていますが、奇抜なアイディアで
いつも驚かされます。しかし、ホヤエールは想定外です。


 でも、飲んでみたい。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/514-5cc1d26f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。