スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ビワがたくさん実りました

カテゴリー: 料理:野菜・果物

  いったい今年の梅雨はどうなってしまったんでしょう。時折、まとまって降ることもありますが、いわゆる梅雨らしくじとじとと降り続いた日々の記憶がありません。栗原市の土砂ダムがオーバーフローを始めましたので、復旧には空梅雨は有り難いのですが、梅雨明け時期にまとまって降るのが恐いです。


  我が家の庭は草木がジャングルのように生い茂ってきており、暑い日は打ち水をして大きくなった柿の木陰で涼を取ったりして過ごしています。花の乏しいシーズンですが、今は紫陽花(アジサイ)と梔子(クチナシ)が夏らしい彩りを添えてくれています。


  

  

 今が満開の紫陽花と梔子。
biwa1.jpgbiwa2_20080713095856.jpg
 梔子は近づいただけで甘い香りに包まれます。トイレに一輪飾っておくだけで、上品な空間へと様変わりします。花の後には毎年朱色の実を付けてくれ、金団(キントン)の色付けに重宝しております。

 


 花ではありませんが、今年はビワが豊作で、緑の中にオレンジの彩りが賑やかです。気象の加減が良かったのでしょうか。ろくに手入れもしていないのに食べ切れないほどのビワの実がたわわに実っています。そのため、粒がやや小さいのですが、甘さに遜色はありません。ご近所に配ってもまだ食べ切れないので、一部は冷凍保存しております。


 

 

 

 

 今年もたわわに実ってくれた庭のビワです。
biwa3.jpgbiwa4.jpg
 樹齢10年ほどですが、毎年バケツで2杯ほどの実が取れます。


 

 

 

 

 

 まずは、もぎ立てをその場でパクッ。これが楽しみで植えているようなものです。
biwa5.jpg
 
 実に瑞々しく、毎朝、軽く5~6個はいってます。^^

 


 

 

 

 

 小粒ながら、甘みも十分なビワです。これは今日の分。そのまま食べるのが一番美味しいのですが、さすがに量があります。皮を剥いたビワを積み上げるとなぜかホヤに見えてきますね。^^
biwa6.jpgbiwa7.jpg
 面倒くさいのですが、片っ端から皮を剥いて、種を取って、デザート作りに使います。一部は冷凍しておきます。コンポートにするのでしたら、綺麗に切って種を取りますが、ジュースアイスクリームなど撹拌する場合は形を気にせず、どんどん指で実を割りながら種を取っていきます。

 

 

 

 

 

 まず最初に、ビワババロアを作ります。材料は皮と種を取ったビワと同量のプレーンヨーグルトと牛乳、蜂蜜とゼラチンです。
biwa8.jpg
 材料の目安ですが、3人分でビワ150g、ヨーグルト150g、牛乳150ml、蜂蜜大匙1、ゼラチン5gで、甘さはお好みで加減して下さい。ゼラチンは水でふやかし、レンジでチンして溶かしておきます。

 

 

 

 

 

 ゼラチン以外の材料をミキサーで撹拌し、ふやかしたゼラチンも最後に加えて容器に流します。冷蔵庫で固めて出来上がりです。
biwa9.jpgbiwa10.jpg
 ゼラチンの量でフルーチェっぽいのからプルンプルンのまで様々なタイプが楽しめます。上記の分量だとムースっていうか、硬めのフルーチェのように仕上がります。

 

 

 


 

 一方、冷凍保存しておいたビワは暑い日に取り出して、プレーンヨーグルトと一緒にミキサーにかけますと。たちどころにビワスムージーが出来上がります。
biwa11.jpgbiwa12.jpg
 スムージーとは冷凍したフルーツをミキサーで攪拌した飲み物。シェイクとも似ていますが、材料を一度冷凍させて作るのが特徴。最初、冷凍ビワがガタゴトしますが、フラッシュスイッチを数回押してから、一気に仕上げます。フラッシュスイッチがない場合は、間欠的にスイッチを入れて下さい。硬めだなと感じても、気温でどんどん緩んでいきます。

 

 


  

 

 今日も暑い太陽が照りつけていますので、木陰の木漏れ日の中でビワのデザートを頂きます。
biwa13.jpg
 一年にこの時期だけ、ビワを思いっきり楽しみます。一部冷凍保存もしますが、いつも本格的な夏が来る前になくなってしまいます。^^

 

 

 

 

 ビワババロアは甘さスッキリ。スムージーはトロリとしつつもキーンと冷たくて真夏の午後の一時にピッタリです。
biwa14.jpgbiwa15.jpg
 ババロア
は容器から出すと潰れてしまうくらい柔らかめです。ムースのように生クリームを使っていないのでくどさがありません。スムージーは市販のシェイクと違ってビワとヨーグルトだけですから、ビワの自然な甘さですごくサッパリしています。後味も爽やかで喉の渇きを癒してくれます。でも、気温でどんどん溶けていくのが儚いですね。

 

 


 

  東北地方南部の梅雨明けは平年では7月23日頃ですが、近年、空梅雨のどんでん返しで10日ほど遅れるパターンが多いように感じます。また、梅雨が明けると記録的な猛暑の日も多くなったような気がします。これを地球の温暖化とすぐに結びつけて良いものかわかりませんが、それでも東京にいた頃に比べれば、仙台の夏は天国です。どんなに暑くてもが多いので気分的に楽です。青葉通りや定禅寺通りのようなのトンネルが自然の涼を与えてくれます。地球と体と頭のためにも、なるべくクーラーに頼らず、工夫により涼しさを作り出したいものですね。

 

 

 今回作りましたババロアスムージーのように、流動性が強く、量も比較的多いものを撹拌する場合には、やはりフードプロセッサーハンディーミキサーでは無理があり、どうしてもジュースミキサーがあった方が、便利です。我が家ではこれらの3台を状況によって使い分けております。ジュースミキサーはあまり複雑な機能を持ったものより単純なものが故障も少なく安価なのでお薦めです。出来れば上記のようにフラッシュスイッチ付きで氷も粉砕できるがものが便利ですけど。各社の製品比較はこちらをご覧下さい。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

orizururan

URL | [ 編集 ] 2008/07/15(火) 08:16:32

おはようございます。

びわ・・・小さいとき食べた気がしますが…ちょっと記憶がありません。
どんな味だったのかしら・・・?
つるん♪として追いしそうですね。中でもババロア☆
美味しそうです♪
季節に季節のものを いただく☆って、季節関係なく何でも揃う今となっては本当に 贅沢かもしれませんね~。
 しかも 自宅のお庭で・・・♪

先日 料理屋をおーぷんなさったら?ってコメントがありましたが 賛成です♪(儲け=妥協、と おっしゃっておいででしたが…) 
それか お料理教室の先生などは???
いいかも知れません♪

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/15(火) 22:30:30

>orizururanさん

 ビワって、何だか高級な果物になってしまいましたね。
私にとっては通学途中で、道路にはみ出しているのを食べるのが
当たり前でしたよ。^^

 虫もつかず病気に強く、宮城でもよく育つので便利な果樹ですよ。
できれば、適当に摘果(間引き)して大粒に育てれば、もっと美味しい
のでしょうね。

 実はお料理教室をボランティアでやっていた時期もありましたが、
レシピ作りと食材の調達が結構大変で本業との両立が困難となり
休止状態となってます。退職したら、趣味の居酒屋と遊び心のお料理
教室をやってみっかな。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/07/16(水) 18:17:05

ビワをこんなに贅沢に使える(食べられる)なんて羨ましいです。特に獲れたてをカプッ…だなんて、たまら~ん!!! ホント、春夏秋冬サエモンさん家は美味しいものだらけで、サエモンさん家のコになりたいくらい。ま、それはムリなので、居酒屋オープンに期待してます。マジです。

orizururan

URL | [ 編集 ] 2008/07/16(水) 18:53:23

ああっ☆
お料理の先生なさっていたんですか~☆
失礼致しました~  m(_ _:)m

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/16(水) 20:36:33

  >庄内人さん

  ビワは簡単に育てられます。仙台の街中に近い古い住宅地にも
よくなってますが、収穫して食べているように思えません。観賞用なんで
しょうか。勿体ないなぁと思いながら、通り過ぎています。

 このシーズン家に来られた方々にも、食べさせるのですが、ビワを食べた
ことがないという子供がかなり多いことに驚いています。買うと高いし、人の
庭から飛び出しているのを食べるほど植えていないからでしょうか。

 四季折々の食材を育てたり、採ったりして食べるのが、子供の頃からの
夢でした。そんな旬の美味しさを多くの方々に馳走したいなとは思うので
すが、今は難しいですね。将来の夢ということでご容赦下さい。^^ 

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/16(水) 20:44:25

   >orizururanさん

 いえいえ、そんな大層なものではなく、海外で覚えてきた家庭料理を
奥様方にご紹介しておりました。大変だったけど、楽しかったです。

 これなら、第二の人生でも出来るかも知れません。レシピだけは
500程ありますので、今から、カラーの画像入りでリメイクしておこうかな。
このブログにもだいぶ紹介してしまいましたけど。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/529-bff6c0ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。