スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【福島市土湯温泉町】浄土平のケレーパン

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 原油の高騰が多くの産業に甚大な影響を与えており、ヨーロッパの漁業者が大規模なデモを張りました。我が国でも今月、漁業者全国一斉休漁に踏み切っております。この石油製品価格の高騰は、世界的な投機によるもので、グローバルな連携よる対応でしか解決のしようがありません。ただ、中には価格は需要と供給のバランスで決まるので、消費者が消費を押さえれば、自ずと価格も下がるのではないかという楽観論もあるようです。


 

 とは申しましても、値上がりの現実は私たち消費者の生活にも大きな負担となっており、灯油が1缶2000円を超えてしまう今年の冬は如何にしてを取ろうか今から憂鬱になってしまいます。当然ながら、の使用も極力抑え、一人で気ままなドライブはもちろんのこと、夫婦での小旅行も電車にするかとまじめに考えておりました。


 

 そんな折、購読している新聞社のバス企画ツアーが目に止まりました。今回の企画はバスで磐梯吾妻、猪苗代、裏磐梯を巡り、山形県高畠町に抜けて、おとぎ街道から白石経由で帰ってくるものです。昼食にホテルのバイキングやらワイナリーでの試飲やらも付いて、一人4000円でお釣りが来るのですから、魅力的です。それに運転をしなくても良いのですから、お酒も飲めるし、眠くなったら居眠りもできるのです。何で今まで利用しなかったんでしょう。子供達も親とのツアーより友達同士で行くことが多くなり、昨今は夫婦二人で出かける回数も多くなっていたのに・・・。地球環境家計のためにも今後はこのようなツアーに積極的に参加してみたいと思います。

 

 

 

 さてさて、それでは磐梯・置賜方面バイキングツアーの出発です。最寄り集合場所からバスに乗車、一路、東北自動車道を南下して、インターから磐梯吾妻スカイラインへと進みます。単身、夫婦、数人のグループと様々な方々と小旅行を共にします。みなさま、初めてお会いするのですが、全体的には自分たちと同じ中高年世代ですね。出発前の期待感で胸高まるのですが、如何せん仙台は霧雨が肌を濡らす天気なので行き先に一抹の不安を感じます。

 

 

 

 


 磐梯吾妻スカイラインをうねりながら大型バスが登って行きます。やはり最悪な天気となり、辺り一面乳白色。
kerry1.jpg kerry2.jpg
 これでは目指している浄土平でも雄大な景色が臨めないであろうと車内ではみな沈痛な面持ちとなっております。

 

 

 

 

 ところがどうでしょう。頂上に近づくとバスは雲の上に出てしまい、眼下に雲海を見下ろすようになりました。なんと頂上の吾妻小富士もスッキリと見えてきたではありませんか。神は我々を見捨てなかった。^^
kerry3.jpg kerry4.jpg
 車内は光が差したように明るくなりました。この頃には、何かみんなに連帯感のようなものが芽生え始めておりました。

 

 

 

 

 浄土平の駐車場にバスを止めて、吾妻小富士の登山道をみんなで登り始めます。
kerry5.jpg kerry6.jpg
 頂上はすぐそこに見えているのですが、中高年主体のこの団体は休み休みの登山です。日頃の山歩きでこれくらいは、屁でもないのですが、ここは、アワペースで行きましょう。

 

 

 

 

 

 吾妻小富士の噴火口(1707m)とそこから見下ろす浄土平レストハウス周辺の眺望です。
kerry7.jpg kerry8.jpg
 噴火口は蟻地獄のようで吸い込まれそうです。このカルデラを麓の福島市の方から眺めると富士山のように見えることから吾妻小富士とか。それにしてもついてます。雲がもう少し高かったら、この辺りも真っ白な世界だったのでしょう。浄土平は日本一星に近い天文台があることで有名で星空の観察スポットとして人気があります(左写真クリックで左端に見えます)。

 
 


 

 

 

 さて、小登山からレストハウスに戻り、物産品や展示パネルを眺めていると面白いもの発見。天鏡閣の薬膳五穀ケレーパンですって・・・
kerry9.jpg kerry10.jpg
 しかし、天鏡閣ってなに? ケレーってなんですか? 説明書きに目を通しますと、明治41年、有栖川宮威仁親王殿下が猪苗代湖畔の風光をお気に召し、御別邸を建設され、それに天鏡閣と命名されたそうです。その当時、カレーのことをケレーと呼んでいたことから、明治のノスタルジックを往時のレシピで復刻したのが天鏡閣ケレーとのこと。その頃、ケレーは様々なスパイスを使うので、漢方の薬膳料理のような存在だったそうです。

 

 

 

 

 

 一見すると全粒粉パンのような外観ですが、生地には福島産玄米と小麦を使っており、もちもちタイプのパンとなってます。
kerry11.jpg kerry12.jpg
 薬膳の精神を受け継いでか、生地にもこだわりを見せています。薬膳五穀ケレーパンは1個200円。姉妹品に中国古代米の餅が入った薬膳赤餅ケレーパン(300円)と薬膳赤餅あんパン(230円)がありました。

 


 

 

 

 中のケレーはさすがに素晴らしい。クミンの香りもガッチリ効いたスパイシーなカレーです。
kerry13.jpg 
 パンがもちもちなので切るとどうしても潰れてしまいます。このもっちりパンとスパーシーカレーがうまい具合に組み合わさって、スナックというより、立派なご馳走となっています。

 


 

 

 浄土平レストハウスの2階はレストランになっており、郷土料理も味わえますよ。ケレーパンの他にもカレー味のコロッケ、コロッケレー(180円)もあり、食事まではという方にも手軽に楽しめる軽食も揃っています。ケレーパンはレンジで温めてもらえますので、寒い季節にも熱々が頂けます。吾妻小富士に登った後は是非ここでリフレッシュしてみて下さい。


 この後、バスは南に下り、猪苗代湖の方へ移動して参ります。(続く)

 

 


 

 浄土平レストハウス http://www.tif.ne.jp/soumu/zyodo.htm

 

  • 所在地  :福島県福島市土湯温泉町字鷲倉山地内
  • 電話         :024-543-0980
  • 営業時間 :9:00~16:30  
  • 定休日    :11月16日~翌年4月7日
  • 駐車場    : 有料  バス38台(1630円)、乗用車270台(410円)

 


 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2008/07/26(土) 06:52:10

おはようございます

バスツアー。安くて良いですね
一時期ちょっと事故が多かったように思いますが、どうなんでしょう最近の運転手さんは、しっかり休んでいると良いのですが。

安さの秘密はたぶん立ち寄り場所からのキックバックでしょうね。
とすると、バスが立ち寄る場所へ、一般の車で行く人は、高い買い物をしていることに?

ケレーは大笑いしました。
新宿にもカリーライスがありました。英語読みからすると、カリーになるのは判るのですが、ケレーって、福島訛りじゃないですか?
福島の人、ごめんなさい。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/26(土) 07:30:05

  風写さん おはようございます。

 確かに、一時期ドライバーさんの過酷な労働環境が問題となりましたね。
少しは改善されていると良いのですが。立ち寄り先で平均すると1時間ずつは
休憩できる時間があるので、遠慮せずに仮眠でもとってくれると良いのですが。

 キックバックは当然でしょう。短時間に大量に商品が捌けるのですから店に
とっては団体様々です。各立ち寄り先で色々な物がサービスで付きましたよ。^^

ケレーが福島訛りかと言う点について調べてみましたが、
引っ掛かって来るのは大部分がこの福島の天鏡閣系カレーなんですが、
もう一つ、函館金森赤レンガ倉庫「まるごと男爵ケレー」というのも
ありました。さらに明治時代の四国の新聞広告欄には、歯磨き粉の
「自由散」、鶏肉ケレー「自由ソップ」、日本酒「自由誉」などの記載があった
ことから、全国的な分布があったようです。残りの大多数はミスタイプですね。^^

 ただ、かなり局所的なことから、二通りの音で入ってきて、海軍が広めた
カレーが短時間に全国制覇したのかもしれません。なお、カレーの語源を
オランダ語のgelei(ケレー)とする説もあるそうです。

 

なお

URL | [ 編集 ] 2008/07/27(日) 08:29:16

サエモンさんがバスツアー利用とは驚きでした^0^私も旅行全般大好きでよく日帰りツアーも利用してます。
大昔のお仕事がコチラの業界のお仕事でしたから尚の事大好きなのかもしれませんが^^;
むか~し昔バブル時期ごろ、団体様々がもたらす報酬?はバス会社だけでなく運転士&バスガイドにもかなりありまして、県外からのお客様がお見えになると松島まで行く途中には必ず塩釜の蒲鉾屋さんに立ち寄り..........帰りにまで別な蒲鉾屋さんに立ち寄り.........
チリ紙に包まれた諭吉様を1人1人お預かり=頂いたものです。今考えるとバブル時期の蒲鉾屋さんもスゴッかった............たぶん今はよくて野口様3人位じゃないのかなぁ........あぁ戻りたいすべてあの頃へ。。

ホントなんなんだろコノ物価.............海外へ脱出したくてお年頃の息子に「外人の女性と結婚しなさい!」と薦めたら「食べ物不味いからイヤだ!」とアッサリお断りされました(泣)
一番安く家族全員で移住できる手段だったのに,,,,,,,,,子は思う様には育ってくれません ^^;
やはり美味しいモノの日本でガンバルしかないのかなぁ~

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/27(日) 10:39:03

 なおさん おはようございます。

 バブルの頃はお金に困ることがなくて、それはそれは幸せでした。
でも、いまの時代だからこそ見えてくる大切な物がありますね。
大量消費型社会から自然調和、持続的利用型社会への移行の
チャンスです。


 ところで、私はとんでもない勘違いをしておりました。なおさんは若いので
勝手に独身だと思いこんでおりました。年頃のご子息もおられたのですね。
いままでのやりとりでも食い違いがあったことと思いますが、お許し下さい。

なお

URL | [ 編集 ] 2008/07/27(日) 13:15:40

(笑)E~んですょ~独身で^0^
気分は20代の独身なんですから(笑)現実は毎日家族のご飯造つくりに追われる毎日......だからこそサエモンさんの料理レシピには日々感動させらておりますものぉ^^
だから前にサエモンさんを奥さんに欲しいと言ったんですもの(笑)
料理のできる男性はとてもステキだと思います。。
「そんな旦那さまが欲しい」なんて言うと隣にいる旦那様に逆のコト言われるからな~ ^^;
まぁとにかくブログを書いてるみなさまの美味しい飲食店を日々参考にしております→ん?料理レシピの方?真似してつくれるものじゃないので拝見するだけです(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/07/28(月) 21:54:06

  なおさん こんばんは。

 私も日頃はサラリーマン、ただ趣味が料理なだけなんです。
これが日常のノルマだったら、嫌になってしまうこともあるんでしょうね。
その点、家事をやられている奥様方には頭が下がる次第です。

 >サエモンさんを奥さんに欲しい・・・

 それは「ますらお派出婦」って言うんですよ。^^  古杉

 

なお

URL | [ 編集 ] 2008/07/28(月) 23:33:26

ますらお派出婦」?なんですか~?まったく聞いたことないです(笑)
どんな意味があるんだかお酒飲みながらでもじっくり教えてもらいたいなぁ~^0^~サエモンさん早く元気になってくださいね    











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/537-1b9981e6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。