スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【気仙沼市】やまひろの掘り出し物で海鮮丼

カテゴリー: 料理:買い魚

 気仙沼方面にやって来ると帰りに必ず立ち寄る鮮魚店があります。気仙沼で鮮魚というと普通、魚市場周辺の大規模観光物産販売所に行く方が多いでしょうが、私は町外れの国道沿いにあるやまひろさんがお気に入りです。それは、いつも何か掘り出し物があるからです。

 

 

 

 国道45号線、気仙沼市最知にあります生鮮館やまひろさんです。
yamahiro1.jpg 
 地元の方も利用している鮮魚・水産加工品専門店です。駐車場も広く、朝も早くからやっています。以前は加工屋さんだったそうですが、平成3年に生鮮館として鮮魚販売を始めたそうです。

 

 

 


 こちらは冷凍品コーナーですが、気仙沼名物のメカジキがありますね。
yamahiro2.jpg 
 メカジキのカマやハモニカ(背鰭の付け根)の煮付けが、もう堪らなく美味いですね。でも、今日のお目当てはこれではありません。

 

 


 


 こちらはお刺身コーナー、仙台より2、3割は安いですね。
yamahiro3.jpgyamahiro4.jpg

 魚市場が近いので刺身の種類も豊富です。マグロも数種類ありますし、マンボウや活ツブもありました。

 

 

 

 

 この店の魅力は、お買い得品コーナー。いつも何か掘り出し物を発見します。今日は狙い通り刺身の端切れの詰め合わせ1パック380円を入手できました。
yamahiro5.jpg 

 これは人気が高く、普通、夕方までにはなくなるのですが、今日はラッキーでした。形は不揃いですが、なんと言ってもこの値段で各種の刺身が味わえます。レジの脇にある氷をたっぷり頂いて、2時間かけて帰ります。

 

 

 

 

 さっそく帰ってから、内容を点検しますと、カツオ、マグロ、メカジキ、アジ、サーモンの5種類が入っていました。茹でタコも美味しそうなので買ってしまいましたが、これもたったの200円でした。
yamahiro6.jpgyamahiro7.jpg

 赤身はパックにぎっしり詰められていたので、血が回って多少色が悪くなっていますが、鮮度的には何ら問題ありません。

 

 

 


 今日は刺身の端切れを使って海鮮丼山かけを作りました。ご飯は、もちろん寿司飯です。
yamahiro8.jpg 
 たった380円の刺身端切れと茹でタコで3人前の夕食が作れてしまうのですから堪りません。

 

 

 


 

 端切れを適当に切り分けながら形を整えます。さらに出た本当の端切れはネギと叩いて利用します。
yamahiro9.jpg 
 こちら側には、右からサーモン、カツオ、タコと中心にカツオのネギトロ風を乗せました。
  
 


 

 


 反対側はメカジキ、アジ、マグロを乗せています。
yamahiro10.jpg 
 これくらいの海鮮丼を外で食べたら、一体いくらするだろう。

 

 

 


 こちらは端切れカツオの山かけです。
yamahiro11.jpg 
 
比較的大ぶりのコロンとしたところを集めておいて、煮きり酒と醤油で漬けにしてから擂った山芋をかけ回します。

 

 

 

 


 380円の刺身の端切れと200円の茹でタコで、豪華海鮮丼山かけが三人前も作れました。実はもう1品作れたのです。それは明日の朝に食べる予定ですので、お楽しみに。通常、刺身を作る過程でどうしても形の悪い端切れは出てしまうものです。これを他の魚屋さんはどう利用しているのでしょう。たまに、煮付けやそぼろにして売っているところも見かけますが、量が揃わない種類もあるはずです。まさか捨てているわけじゃないでしょうね。国際的に奪い合いが始まっている水産物です。やまひろさんを見習って、鮮度の良いうちに庶民に提供してもらいたいものです。もし、掘り出し物が売り切れでも、こちらは刺身が食べたくて買いに行っているので、何かは買って帰りますよ。^^
  
 

 


 
生鮮館やまひろ http://www.yamahiro037.jp/
 

  • 所在地  :宮城県気仙沼市最知川原70-1 
  • 電話        : 0226-27-4513(代表)
  • 営業時間 :8:30~19:00(冬期間短縮)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :あり

 

 

 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 07:29:41

おはようございます
相変わらず、お見事

ドイツにいたとき、一番庶民的な日本料理店に入り浸っていて、何度か賄い飯にありついた(閉店後に押しかけて)ことがありますが、そこは鮨も出していて、切れ端は賄い用でしたね。

ところで、ちらしと、海鮮丼、明確な違いは有るのでしょうか。
前にも聞いたかもしれません、この話題。
私は海鮮丼は普通のご飯かなと思っていたのですが、そうでもない見たいな。
お鮨屋さんだと、ちらしかも。

教えて、サエモンさん

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 09:53:03

風写さん おはようございます。

今日は暑くなりそうですね。風も弱くて既に室内でも29℃になってます。

 さて、暑さでぼけた頭で愚考しますに、海鮮丼の海鮮って中国から来た
言葉ですよね。海鮮料理すなわちシーフード料理のこととして入ってきた
ように記憶しています。これがまた良い響きで、海の新鮮な幸を連想させ
ます。

 最初に海鮮丼を売り出したのは、居酒屋のランチサービスだったのでは
ないでしょうか。この海鮮丼は海鮮のイメージから刺身が多く乗ったもので、
余った刺身の処分の意味もあったのでしょう。これがさっぱり食べたい中年
サラリーマンに馬鹿受けし、あっという間に全国制覇、一般の食堂でも
提供するようになったものと思います。刺身を安く気軽に食べられる画期的
なランチですし。

 ただ、それ以前に海鮮丼と似たものは既に寿司屋さんにあり、それはご
指摘のようにちらし寿司です。ただ、ちらしには家庭で作られる刺身抜きの
ちらしもあるので、寿司屋さんによってはあえて、生ちらしと言っていたところ
もありました。でも、丼ではなく丸いお重でしたけど。私の子供の頃には、
東京でちらしというと、この刺身並べ盛り型のちらしでしたが、関西の寿司
屋さんではバラ寿司のようなちらしを出すところもありました。(東京でもあっ
たのかも・・・)

 しかしながら、海鮮丼の知名度が絶頂を極めると、寿司屋さんでもこの
言葉を使い始め、海鮮ちらし、さらには海鮮丼そのものを品書きに仲間入
りさせるお店も出始めます。もちろんご飯は寿司飯です。寿司屋で普通の
白飯を出したら怒りますよね。^^

 たぶんですよ。居酒屋系海鮮丼は刺身丼であって丼の一ジャンル、当
然、普通ご飯が主流で、寿司屋系生ちらし起源の海鮮丼では寿司飯と
いうことになります。居酒屋のランチタイムでは安く、早く提供するため、寿司
飯を作っている経費と時間が邪魔ですね。でも、炊きたての熱々ご飯に
刺身が乗っているといういうのは、私はあまり好きではありません。海鮮の
意味をなしておらず、なま暖かい刺身にするくらいなら別皿でよこしてもらい
たいものです。(気の利いたお店ではご飯の温度を下げてあります。)

 従って、後発ですが、寿司屋系海鮮丼の方が正統であると思うのです。
寿司飯と刺身は最高のコンビですから。ただ、ウニや生シラスを乗せた丼は
同じ海の幸でも酢飯より白飯で山葵醤油をぶっかけて食べる方が美味
しいですよね。そうか、こっちはぶっかけ飯か・・・

今、気が付きました。

風写

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 10:18:43

熱いですね
来週弟家族が来るのですが、甥っ子がテニスで勝負したいというので、今サイクリングがてら川内のコートを予約してきました。
家はエアコンかけてます。

海鮮ちらしの解説ありがとうございます。

ぶっかけで思い出しました。
ちらしや海鮮丼を食べるときに、山葵醤油をぶっ掛けるのって、マナー違反でしょうか?
それとも、どこでもありですか?
上品な鮨屋は駄目だけど、居酒屋昼飯だとOK? 

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 11:26:20

 風写さん 暑いすね。

 クーラーのない我が家は温室のようになってきました。正確に
申しますと壊れてから直さないで数年経過しました。でも平気、
東京はこんなもんじゃない。南米は命の危険を感じます。

 私は寿司屋では、刺身に醤油を付けて山葵を乗せて
寿司飯に戻し、一緒に掻き込みます。寿司飯が醤油に浸るのが
いやなので。
 一方、居酒屋の海鮮丼は醤油に山葵を溶いて、上から食べる分づつ
かけながら頂きます。山葵を醤油に溶くのは山葵からすれば不本意
でしょうが、醤油から見れば山葵醤油であり、芥子醤油や酢醤油など
と同様、バリエの一つです。

 でも、ルールは特にないのでしょう。上品な寿司屋では周りの客に
不快感を与えなければ、なんでもよいと思いますが、作る側からすれば
上記のような食べ方が嬉しいのかと・・・



 さて、暑さにピッタリなセビッチェでお昼して、シエスタでもするべ。

壽丸

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 12:53:19

お久しぶりです。
シエスタからお目覚めですか?

海鮮丼、CPいいですねぇ~
さすが気仙沼ですね。
最近、忙しさで海に出られず、よって生ものとも縁遠い日々です。
(昨日長州でマグロと蒸しホヤは食べましたが(笑)

不景気のこの折、こうした安くて美味しい記事を見ると嬉しくなりますね。

今日はいい天気ですね~
梅干の土用干しがやっとできました。
今は、先日嫁ぎそびれた大量の冷凍サバをさばいて干物に加工中です(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/08/03(日) 20:54:18

壽丸さん こちらこそ、ご無沙汰しております。

 今年は釣りにもほとんど行けず、月一以下となってます。
たまの週末も家庭のためにほとんど消費され、釣り仲間の皆さまとも、
交わすネタもない状況です。それにしても、食べ物ネタは尽きることが
ないですね。なにせ、一日三度は食べておりますので。^^

 本当に食料の値上げ、燃油の高騰で庶民の生活は日に日に
追いつめられています。贅沢を戒めるより、無駄をなくした生産・
流通体制を見直したいですね。コンビニや回転寿司、はたまた、
ホテルのパーティーで捨てられる食品はどんだけあるのでしょう。

 それを使い回しにすると叩かれる昨今、腐る前に消費者に妥当な
価格で供給するべきだと思うのですが、通常品の売れ行きを懸念してか、
なかなか、やってくれないのですよね。

---------------------------

 サバ、いっぱい釣れてよかったですね~。今年は昨年、一昨年と
異なり、盛夏以前の黒潮系水の仙台湾への接岸が今一のようで
青物の送り込みも安定していないみたいですね。

今年も早く、仙台湾産の釣りさばで作った〆さばを食べたいですよ~。


 なんと偶然ですが、山形のだしは数日後に掲載予定でしたぁ。^^














管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/547-71468a15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。