スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

涼味一番 冷やしワンタン

カテゴリー: 料理:麺類

 hiyasiwantan8.jpg


 暑かった一日、外から帰って一風呂浴びて、ビールを煽る時に最適な逸品があります。それは冷やしワンタンです。ひんやりとした舌触りに加え、つるんとした喉越しが火照った体を癒してくれます。それでいて、単なる涼味だけではなく、辛味酸味の効いた肉の満足感も楽しめる夏ならではの料理です。

 

 

 

 

 作り方は基本的に普通のワンタンと同じです。ワンタンの皮を買い求め、豚挽肉をワンタン30個当たり200gほど用意します。その他には長葱、生姜と好みの生野菜が主な材料で、今回は水菜を使いました。
hiyasiwantan1.jpg 
 味付けは餡の挽肉におろし生姜、刻み葱、塩胡椒。たれ用に醤油、味醂、レモン酢、豆板醤、ラー油、粉山椒です。


 

 


 

 

 まず、挽肉に刻み葱とおろし生姜、塩胡椒を加えてよく練ります。それをワンタンの皮の枚数分に見当を付けながら包んでいきます。
hiyasiwantan2.jpg hiyasiwantan4.jpg
 通常のワンタン麺のワンタンはほんの少々の餡を皮で二つ折りにするように包みますが、餡を皮に親指の頭くらい乗せて、周囲から合わせるように十字に閉じます。コロンとした感じの花のように包み上げます。

 


 

 

 茹でる前にタレを作っておきましょう。
hiyasiwantan3.jpg 
 
 醤油と味醂とレモン酢をベースに豆板醤、ラー油、粉山椒で辛味と香りを加えます。辛味を抑えたい時は豆板醤を減らし、ラー油を胡麻油に替えて下さい。味醂を加えるのは尖った酸味と辛味を丸めるためです。
 

 

 

 

 

 

 沸騰したたっぷりのお湯で、ゆったり茹で上げます。浮き上がってきましたら、氷水にとります。
hiyasiwantan6.jpg hiyasiwantan7.jpg
 量をこなす場合は、茹で上がったワンタンをザルに上げて冷水に浸け、粗熱を取ってから氷水で冷やして下さい。十分に冷えましたら、ザルにとってよく水を切って下さい。

 

 

 

 


 

 皿に水菜を敷き、ワンタンを盛り付け、天に白髪葱と彩りに糸唐辛子を乗せました。
hiyasiwantan9.jpg hiyasiwantan10.jpg
 野菜も一緒に食べたいので、タレはかけてしまいましょう。

 

 

 

 

 

 もちろん、小皿でつけだれ式で頂いてもよろしいでしょう。hiyasiwantan11.jpg 
 さっぱりとポン酢で食べてもよいかも知れませんね。

 

 
 

 盛夏の料理は実際の冷たさも然る事ながら、見た目の涼しさも重要ですね。食欲のない時も涼しげに感じる料理には箸が向くものです。さらに夏バテ防止には肉と共に野菜もバランスよく摂ることが大切です。この料理は辛ささえ加減すれば子供も喜んでくれるので、猛暑が続くこの時期の栄養補給には好都合です。なお、生のエビの身を荒く叩いて餡に加えると、赤く透けて見えて彩りも華やかになります。さらに、クワイの替わりにタケノコやレンコンの細々も混ぜ込むと歯触りにも変化が出て食べるのが楽しくなりますよ。

 

 

 


 

← ランキングに登録中です。左をクリックすると順位が見られます。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/08/10(日) 18:44:58

確かに暑い日が続くとあまり肉類は食べなくなるけれど、こりゃぐっどですね~。すでに食べたいモード全開!!レモンの酸味にも惹かれます。うちは黒酢が大好きで、餃子みたいに黒酢風味のタレで食べてみたいなあ。さっそく明日にも作ろうっと。
そうそう、食欲が落ちても(滅多に落ちないけど)食べたい肉類といえば、私は焼き鳥!ビールとじゅわじわアツアツの焼き鳥、あぁ・・食べたいっっ。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/08/10(日) 21:37:36

  庄内人さん お晩です。

 なるほど、黒酢は絶対合いますよ。基本的には中華ですから、ベストマッチでしょう。
麺料理ですので、作ってからの寿命が短いのが難点ですね。伸びないうちに食べて
しまわないと可哀想なので、チビチビ飲みながら突くのには向きません。

 焼き鳥、、、いいよねぇ、出来ればカウンターで煙に巻かれながら、焼き立てを
ハフハフ言いながら、ビールで流す。確かに、これ最高ですね~。お薦めのお店ありますか?


庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/08/11(月) 20:49:02

「作ってからの寿命」・・すごいナイスな言葉。そう、そうなんですよね!だから作り手はタイミングを見計らって、焼きたて茹でたて作りたてのベストの状態で食卓に出そうと気づかうのに、うちの誰かさんは常にマイペースで食べるのだ。くそぅ・・(怒)

焼き鳥、いつものご近所情報で恐縮ですが、農学部敷地の南西角にある「かどや」がオススメです。すっぴんTシャツで行ける雰囲気だし、安いし、BGMは常に昭和歌謡(笑)。和みます。

焼鳥屋なのに刺身もおいしい。地酒のラインナップもまずまずです。
最近、偶然にも親方が私と町出身(しかも家同士がめちゃ近い)ということが判明し、親しみ倍増中。
機会があったらぜひ!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/08/11(月) 22:08:41

  庄内人さん ありがとうございます。

 焼き鳥というと、なべさか、博、あかしろ屋、くろ田など国分町方面に
足が向いていましたが、こちらにも良いお店があったんですね。
機会を作って伺ってみたいと思います。


 料理を作った人の苦労は食べ手に全て伝わらないのは世の常。度肝を
抜くくらい美味しければ、少しは心が動くくらいと悟る必要がありますね。
我が家でも茹でたてパスタをジャストタイミングで食卓に出しても、やれお茶が
ないとかモタモタ席に着いてもらえない時は、いい加減にせい!という感じですよ。^^














管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/556-b943c51c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。