スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【岩手県盛岡市】小吃店の本場盛岡じゃじゃ麺

カテゴリー: 外食:うどん

 morijaja1.jpg
 盛岡駅で途中下車して、本場のじゃじゃ麺を頂いてきました。食べ終わった後の  鶏蛋湯 (ちーたんたん)もしっかり楽しんで乗り換えの待ち時間を有効に使い果たしました。

 


 


 

 

 出張の途中、盛岡駅でトランジットのための時間調整です。
morijaja2.jpg 
 かなり早いのですが、この後、昼食が食べられるか定かではないので、食べちゃいましょうってことで途中下車です。でも、この時間に空いている食堂はあるのか不安です。

 

 

 

 

 盛岡の駅ビルはフェザンといいまして、お土産物探しや食事も出来ますよ。
morijaja3.jpg 
 フェザン南館の地下にありますめんこい横丁には、盛岡三大麺類の蕎麦、冷麺、じゃじゃ麺の専門店があります。

 

 

 

 

 本日はじゃじゃ麺の専門店小吃店(しょうすうてん)さんで早めのお昼です。
morijaja0.jpg 
 朝の9時から開店していますので、移動の途中の朝食替わりにも使えそうです。盛岡のじゃじゃ麺と言えば白龍があまりにも有名ですが、こちらのお店も最近人気が出てきているようです。

 

 


 

 

 献立表には三回は喰えと書いてあります。要するに一回では好きになれない食べ物ということでしょうか。卓上には基本調味料のじゃじゃ味噌ニンニクと最後のお楽しみ 鶏蛋湯 用の卵が用意されています。
morijaja5.jpg morijaja6.jpg
 
言われてみれば、初めて食べた時の印象ははっきり言って、何これ~ でしたね。^^ 何これ~といえば、初めて食べた時の伊勢うどんもかなり何これ~でした。でも、どちらも三回以上食べましてその美味しさを理解できたものと思っております。

 

 

 

 

 

 生麺を茹でているのでしょうか、結構待たされました。これはじゃじゃ麺の中で570円です。
morijaja7.jpg 
 うどんはやや平たいのですが、きしめんほどではありません。うどんの上にはキュウリと長葱の細々、脇にはおろし生姜と紅生姜と周辺機器はごくノーマルです。ただ、味噌が少ないように感じますが、味が濃いのでしょうか。

 


 

 

 

 定法に従って、まずは混ぜ混ぜしていきます。
morijaja8.jpg 
 この段階ではまだ、ラー油や酢は加えません。初めての店ではデフォを把握してから徐々にモディファイしていきます。これから仕事なので残念ながらニンニクは使えません。味噌の量はジャストでしたけど、足りない時は卓上の味噌を足して下さい。うどんが茹でたてで美味しかったです。待った甲斐がありました。

 

 

 

 

 

 さて、食後の楽しみはお決まりの 鶏蛋湯 。空になったお皿に卓上の卵を割って入れ、溶く溶きほぐします。それをお店の方に渡すとかき卵スープになって帰ってきます。 鶏蛋湯 はプラス80円です。
morijaja9.jpg 
                       morijaja10.jpg 
                                             morijaja11.jpg 

 味が薄い時は目の前のじゃじゃ味噌を加えて適当に調味します。トロリとしたかき玉スープが食事の最後をリッチに締めくくってくれます。このように卵が花開いたようにするのは結構難しいんですよ。お店の方から幾つかのコツを教わりました。それは、ある程度の高さ(25~30cm)から熱湯を回しながら注ぎ入れることで、これにより、卵が熱湯で上下に細かく撹拌されながら固まっていくため、ふんわりしたかき玉となるそうです。固まる前に箸で掻き混ぜては濁った卵汁になってしまいます。

 

 


 

 

 時間も早かったせいか、女性の方が一人でやり繰りしていました。うどんの茹で時間が多少長いので、お昼時になって混雑してくると大変そうです。余計なことかも知れませんが、じゃじゃ麺以外にも汁麺や丼物もあるみたいなので心配になってきます。ともあれ、駅ビルの中で盛岡名物の本格的なじゃじゃ麺が食べられるのは旅人にとっては有り難いことですね。小吃店の本店は4号線のバイパスと閉伊街道の交差点(茶畑交差点)の近くにあり、車でもない限りちょと簡単には行けませんので。

 

  

 

 


盛岡じゃじゃめん 小吃店 フェザン店


  • 所在地  :岩手県盛岡市盛岡駅前通1-44 フェザン南館B1F めんこい横丁
  • 電話        :019-652-5738  
  • 営業時間 :9:00~22:00 
  • 定休日    :不定休(フェザン閉店日) 
  • 駐車場    :フェザン立体駐車場 530台収容  20分毎100円
          フェザンで買い上げ合計額2,000円以上で2時間無料

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2008/09/08(月) 10:05:00

出張とか言ってオフ会の下見ですか?ご苦労様です!(笑)
盛岡にはじゃじゃめんのお店って何軒ぐらいあるんでしょうね…
私も白龍ともう一軒?でいただいたことがありましたがいつも不思議な一品だなーと思って店を出てきてました
なるほど3回食べなきゃだめなんですなー
でも冷麺の誘惑に負けて最近食べてません!!

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2008/09/08(月) 12:00:31

盛岡在住のちょろりです。

実は私も白龍で1度だけ食べて、虜にならなかった素人です^^;
あと2回食べなきゃダメなんですね。

じゃじゃ麺に憑りつかれた人は、来盛の度に食べるらしいです。
盛岡人はにんにくをタップリ入れてランチでも食べる人がいますが、周囲の人は「ウッ」となります。

盛岡弁の1つに「じゃ、じゃ、じゃ」というのががあります。これは驚いたときなどに使う感嘆詞で、「じゃじゃじゃ、たまげだ~」(いや~、びっくりした)、などと使われます。
にんにくてんこ盛りのじゃじゃ麺を食べた人が近くに寄ってきたとき、「じゃじゃじゃ、くせじゃ~」(いや~臭いなぁ)、と言ったのがじゃじゃ麺の名前の由来です。

・・・嘘です。北京の伝統料理「炸醤麺」(ジャージャン麺)がルーツらしいです^^;

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/09/08(月) 22:05:08

  >びーえむあいさん こんばんは。

 下見するくらいゆとりはありませ~ん。
今回も駆け足で分単位の移動です。
はっきり申しまして、初めてじゃじゃ麺を食べた時は
もう二度と食べることはないと思いました。

 その後、仙台の東一センター街で食べて、ちょっと
いいかも、今回の小吃店さんで完全に好きなりました。
やはり生麺を茹でている処は美味しいです。

 でも、冷麺は文句無しですね。^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/09/08(月) 22:06:32

  >ちょろりさん

 いろいろオフ会のプランニングありがとうございます。

もしかしたら、ジャージャン麺を地元でよく使う「じゃじゃ」に置き換えた
のかも知れませんね。
 
 この小吃店さんのじゃじゃ麺は味噌の香りも生きていて
力強さもありながら、麺のうまさに惹かれました。

 じゃじゃ麺の汁麺もあるらしく、次回の課題です。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/582-89ca6077
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。