スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

梅次郎の会席料理(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 国分町の広瀬通にあるホテルリッチフィールドの地下にちょっとした飲食街があります。その一角に我々庶民にとっては、ちょっとグレードの高い居酒屋さんがあります。そのお店は旬の味覚の会席料理が看板の十四代梅次郎さんです。

 

 

 

 エントランスからしてなにかアンティーク。独特の雰囲気を醸し出しています。
umejiro1.jpg umejiro2.jpg
     そうそう、廊下には灯籠お地蔵様までありましたよ。京都の裏小路をイメージして造られたそうです。

 

 

 

 

 本日は7000円の飲み放題コースでお願いしました。まずは、お通し五点盛りです。
umejiro3.jpg 
 左から茄子のしぎ焼き風?、サンマの佃煮、青菜の浸し、だし巻き、里芋と小人参煮物・・・・だったと記憶しています。先付けやお通しはその店の顔と言われますが、実に細やかな仕事がしてあります。

 

 

 

 

 

 ビールはアサヒドライですが、デスティネーションキャンペーンのラベルでした。さらに驚いたのは壷に入った冷酒がどんと出されたことです。
umejiro4.jpg umejiro5.jpg
 柄杓ですくって枡酒を楽しみましたが、何という地酒か聞き忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

 続いて、ナメコとカニの霙和えにイクラと軸三つ葉。ここで意外にもカボチャの冷製スープです。
umejiro6.jpg umejiro7.jpg
 本当に目で楽しませる演出です。カボチャのスープにトースト添えと来るとワインがあってもいいんじゃないか~い。

 

 


 


 

 そしてこれ、お造り三点盛りもどんと中鉢で出されます。
umejiro8.jpg 
 意表を突かれる器の選択ですね。マグロ、アオリイカ、カンパチが上品に盛り込まれています。

 

 

 

 

 

 さらに料理は続きます。焼き物は米茄子の田楽。煮物は銀鱈のカマの旨煮でした。
umejiro9.jpg 
umejiro10.jpg 
 茄子の田楽もカラフルに彩られています。煮物も天に白髪ネギと糸唐辛子で飾り付けられています。ここらで、少し油物とこってりした味わいが欲しかったところにタイミングよく供されます。味の構成もよく計算されています。

 

 


 
 

 

 もずくの酢の物とぶっかけ蕎麦です。料理は急に締めの方向に向かっているようです。
umejiro11.jpg umejiro12.jpg
 最後に口がさっぱりと浄化されていきます。

 

 

 

 

 

 本当に締めのデザート盛り合わせです。
umejiro13.jpg 
 アイスクリームの周りにはメロン、パイナップル、スイカが一口サイズにカットされて並びます。


 

 

 非常に上品な会席料理の数々。食欲旺盛な若手スタッフにはちょっとも物足りなかったようでしたが、女性には好評でした。よく外国人をこのような席に招待すると、いつになったらメインディッシュが出てくるの?と聞かれることがあります。彼らからすれば、このような会席料理や懐石料理はオードブルの連続にしか見えないのでしょう。

 かく言う自分も、日頃は山賊の酒盛りしかしていないので、たまにはこのような目でも舌でも楽しめる会席料理で品よくお酒を楽しむ訓練もしておかないといけませんね。^^

 

 

 


 京庵 十四代 梅治郎

 

 

  • 所在地  :仙台市青葉区国分町2-2-2 ホテルリッチフィールドB1
  • 電話        :022-722-2274   
  • 営業時間 :11:30~14:00  17:00~23:00(※日・祝~22:00)
  • 定休日    :無休 
  • 駐車場    : なし(周辺に有料Pあり)   

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/601-2abf62cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。