スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

今年も果実酒を仕込みました

カテゴリー: 料理:野菜・果物

   この時期、里山を歩きますと、色々ながなってます。紅葉前の彩りもなかなか多彩です。これはクサギという低木の実です。
kusagi1.jpg
 
真っ青な実に紫色の花弁のような美しい萼が目を引きます。ところが、この木には独特の臭いがあるので、臭木と言われるそうです。葉っぱを揉んで、しみじみ嗅いでみたのですが、そんなに嫌な臭いではありません。少しゴマの香りもするのですが、ゴムタイヤのようなギンとした臭いも感じます。でも屁糞葛(ヘクソカズラ)に比べれば、楽勝です。^^

 

 

  

 

 

 さて、こちらは私が勝手に里山の貴婦人と絶賛しているガマズミです。これの果実酒と言ったら、もう、高原を吹き渡るそよ風のように爽やかです。
kajitushu08-1.jpg kajitushu08-2.jpg
 
今年はガマズミの実りに適した気候だったようで、どの木もたわわに実を付けています。果肉は青リンゴのような酸味があって、山で口にすると喉の渇きを癒してくれます。

 

 

 

 

 

 

 実を房ごと摘み取って、一粒ずつ小枝から外していくのですが、結構、根気の要る仕事です。
kajitushu08-3.jpg 
 
きれいに洗ってから、異物を取り除きます。よく見るとリンゴのようですね。実の中には比較的大きな種が入っています。

 

  

 

 

 

 

 

 今年はがまずみをVODKAで漬けてみます。ボドカではありません、ウォッカです。ALC40%でいつもより強烈な果実酒になりそうです。^^
vodka.jpg
 毎度のことながら、私の果実酒には特定のもの以外、糖分は入れません。味の調整に必要な場合は飲む時点で加えます。浸透圧による抽出効果は多少遅くなるでしょうけど、時間をかければよいだけです。

 


 

 

  

 

 

 漬け込んで1日目の状態です。
kajitushu08-4.jpg 
 これがやがて、深紅のお酒へと変身するのです。

 

 

 

   

 

 

 

 

 

 

 こちらは、半月ほど前の写真ですが、晩生種ラビットアイ系のブルーベリーです。今でも、毎日食べています。
kajitushu08-5.jpg kajitushu08-6.jpg
 
こちらも美味しい果実酒が出来るんです。

 

 

 

 

  

 初夏のノーザンハイブッシュ系と違って、粉を吹いたような外観が特徴です。
kajitushu08-7.jpg 
 
味わいもノーザン系よりやや軽く、酸味も甘味も薄く感じますが、果実酒にはあまり差がありません。

 

 

 

 

 

 漬け込んで1日(右)もするとアルコールにアントシアニン系の色素が抽出され始めます。
kajitushu08-8.jpg kajitushu08-9.jpg
 
この色素が目によいとのことですが、果実酒が出来るのは数ヶ月も先です。

 

 

  

 

 

 

 果実酒もコレクション的に漬け始めると、気付いた時には酒瓶に囲まれた生活となり、返って体には良くありません。一通り試してみて、自分に合っているなと思う数種類を毎年楽しみにしながら漬け込み、食前酒や冬のナイトキャップで楽しむのが良いのでしょう。自分には出来ませんでしたが・・・。^^

 

 

   昨年も浸けてます。     ガマズミ    ブルーベリー

                   

                   仕上がりはこんな感じ です。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

大名マーク

URL | [ 編集 ] 2008/10/04(土) 07:20:39

おはようございます
子供の頃ガマズミをソゾミと呼んで
口のまわりを赤くしながら
たくさん食べていました
これをウオッカに漬けるのもいいですね
正式名称がガマズミというのは
ずっと後にしりました

盛岡のオフ会
よろしくお願いします

ちょろりさんご夫妻
お世話になります

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/10/04(土) 07:53:34

 大名マークさん おはようございます。

 ソゾミご存じでしたか。甘味はほとんど感じないのですが、
爽やかな酸味と香りが果実酒にピッタリです。果実酒、本草酒、薬酒
の類を数十種類作ってきて、いまでも、毎年必ず作っている唯一の
抽出酒です。

 盛岡オフ、ちょろりさんご夫妻が色々厳選してくれたようです。地ビール、
地酒が相当楽しめそうですが、体が着いていけるか不安です。
うこんの力を借りないと駄目かも知れません。^^

 ともあれ、よろしくお願いします。集合がよ市になりますが、ご連絡の
お店を事前調べておいて頂ければ、幸いです。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/613-a6b9cc85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。