スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

秋の味覚栗ご飯 

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 先週末に大郷町の支倉常長のお墓を参拝し、道の駅おおさとでモロヘイヤつけ麺を食べてきました。その際、農産物直販所で色々仕入れてきましたので、今晩はこれらを使って秋の味覚を楽しみます。

 

 

 

 

 

 

    大郷町の道の駅おおさとです。愛称は大郷ふるさとプラザで、物産館だけでなく、ちょっとした公園もあります。
morohe6.jpg morohe7.jpg
 
東北自動車道の大和インターと松島の中間に位置します。

 


 

 

 

 

 

    最近、道の駅には付き物となりました農産物直販所で、色々物色しました。
kurigohan08-1.jpg kurigohan08-2.jpg
 
果物や野菜が安いの何の。我が家で作っていない物を買い漁ります。

 


 

 

 

 こんなのも売ってました。むかご(一袋200円)です。
kurigohan08-3.jpg 
 これが売れるんだ。家にはまだ1000円分くらい実ってますよ。^^

 


 

 

 

 

 さて、今晩はこの米茄子を使って料理します。
kurigohan08-4.jpg kurigohan08-5.jpg
 
やはり、栗と言えば栗ご飯でしょうね。米茄子は田楽にしてみたいと思います。

 


 

 

 

 

 は根性で鬼殻と渋皮を丁寧に剥いていきます。剥き終わったら、乾し椎茸のダシに醤油と酒を少々入れてご飯と炊き合わせます。
kurigohan08-6.jpg kurigohan08-7.jpg
 
この手間が美味しさを引き出すんですね。剥き栗や冷凍品では駄目なんです。醤油は香り付け程度とし、味は塩で決めます。


 

 

 

    さて、米茄子は輪切りにして、下面に十字に隠し包丁を入れて熱の通りを助けます。そして、多めの油で揚げるように半ば火を通したら、引き上げます。次に田楽味噌を塗って、オーブンで焦げ目が付くくらい焼きます。
kurigohan08-8.jpg kurigohan08-9.jpg kurigohan08-10.jpg
 
田楽味噌は胡麻を擂り、味噌と味醂を加えて加熱しながら練り上げ、冷めてから卵黄を混ぜてあります。

 

 

 

 

 

 

 今日の夕ご飯は栗ご飯米茄子の田楽をメインに、サンマが安かったので刺身と塩焼きです。
kurigohan08-11.jpg 
 香の物として青トマトの味噌漬けを添えました。青トマトの味噌漬けは以前、作り方を紹介しておりますので、こちらをご参照下さい。

 


 

 

 

 栗ご飯は子供の頃、母親が秋の遠足の弁当に良く作ってくれました。冷めても美味しいので有り難いです。
kurigohan08-12.jpg 
 ホッコリ甘い栗がご飯の塩味と実によくマッチしています。今でも栗ご飯は年に一度の楽しみです。

 

 

 

 

 

 米茄子の田楽もとろけるようによく出来ました。ちょっと焼きすぎですが・・・。^^
kurigohan08-13.jpg 
 秋茄子の美味しさは筆舌に尽くしがたい物があります。この料理はスプーンの方が食べやすいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

  サンマも安くなり過ぎです。脇役のはずだったんですが、2品も作ってしまいました。
kurigohan08-14.jpg kurigohan08-15.jpg
 
なんと今日は1尾たったの65円です。これでは、サンマ漁業も経営が危ぶまれます。消費者としても不安を感じます。スーパーの生き残り戦略で価格が決まっているように思えますが、スーパーはこの国の産業の維持をまじめに考えているのでしょうか。

 

  

 

 になるとやはり、栗ご飯を食べないと落ち着きませんよね。を迎えるための儀式みたいなものです。そう思うとこれを食べたから今年の冬も乗り切るぞという覚悟というか、観念が出来たように感じます。でも、これだけでは足りませんので、までにもう少し色々食べておきましょう。^^

 

 


 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2008/10/07(火) 05:24:26

日本の正しい食卓はいぶし銀の光を放ちますね~。
うっとりするくらい美味そうです。

先日栗を大量ゲットしたので栗ご飯のほかに焼き栗にしていただきました。
焼き栗ってなぜか赤ワインにとても合うんですよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/10/07(火) 06:16:13

  ちょろりさん おはようございます。

 年に一度の栗ご飯は子供の頃からご馳走でした。
うちでは乾し椎茸の旨味だけを補います。栗の仄かな
甘味がご飯とよく合いますね。

 フランスでは焼き栗がこの季節の名物です。栗が好きな
フランス人がワインを改良してきたのですから合うのでしょうか。
でも、ワインの消費量だったらイタリアの方が多いんだけど、
イタリアには栗ってあったかなあ・・・??

 で調べたら、やはりあるんですね。イタリアには柿もあるんですけど、
これには合わないでしょうね。^^

 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/619-581c13c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。