スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

今年は庭のカキが豊作です

カテゴリー: 料理:野菜・果物

 今年もカキの収穫シーズンを迎えました。毎年11月上旬の週末にはこの収穫作業に追われます。ご存じの方も多いと思われますが、東北地方では日照時間の関係で甘柿が栽培できません。そこで、我が家では渋抜きすると俄然美味くなる平核無し(ひらたねなし)という品種を植えました。



 桃栗三年八年といいますように、は収穫まで時間を要するので、新築と同時に苗を定植しました。10年を経過した頃より、毎年食べきれないくらいの実をつけるようになっています。今年は特に良くて、ざっと見ても200個以上は実っているものと思われます。収穫後は干し柿作りとアルコールを使った渋抜き作業が待っています。


 

 


 

 

 

 豊作となりました庭のです。収穫のタイミングを逃すと熟しすぎて、柔らかくなり鳥に突かれます。
cachi1.jpg cachi2.jpg
 熟した柿を舐めてみたのですが、やはり渋いのです。鳥は平気なんだろうか。

 

 


 

 

 

 

 

 剪定鋏で枝ごと切って、軸がT字型になるように整えます。
cachi3.jpg 
 これは干し柿にする時にヒモが止まるようにするためです。

 

 

 

 

 

 

 

 干し柿を作るためには皮を丁寧に剥いていかねばなりません。
cachi7.jpg 
 これが結構、根性が要ります。まず、軸の周囲の皮をを包丁のアゴで回すように剥き取り、その後、リンゴのように剥いていきます。丸森地方の専業者は回転式の電動ピーラーを使っているようですが、さすがに買うほどではありませんね。

 

 

 

 

 

 

 剥き終わった柿はヒモで繋いで干し上げます。正月には食べ頃になるでしょう。
cachi8.jpg 
 昨年は、乾燥中の干し柿が鳥に食べられれるというアクシデントがありました。里山や畑に食べ物が少なかったのでしょうか。

 


 

 

 

 

 

 一方、こちらは渋抜きのためのアルコール浸しです。
cachi4.jpg cachi5.jpg cachi6.jpg
 いつもは35度の焼酎を使いますが、今年はウイスキーでやってみます。ヘタの部分をウイスキーに浸し、丈夫なビニール袋に詰めて2~3日で食べられるようになります。

 

 


 

 

 

 

 ウイスキーで渋を抜いた柿は美味しいかったです。
cachi9.jpg 
 ほんのりとウイスキーの香りが残って、今までの焼酎渋抜きより高級感がありますよ。これは、ブランデーでも良いかも知れません。

 

 

 

 


 

 今年は干し柿渋抜き柿をいつもより多めに作りましたが、とても食べきれる数ではありません。ご近所に渋抜き柿をせっせと配っています。木にも相当の数の取り残しがありますが、今年はたちに分けてあげましょう。柿は意外にもビタミンCが豊富でこの時期に食べておくと風邪の予防になるかもしれません。 そういえば、イタリアのご家庭にもが植えてありまして、イタリア語では何と言うのかと尋ねますと、なんと「カキ」ですって。日本通のイタリア人なので冗談かと思ったら、本当にCachiと書いて、カキと発音するそうです。たぶん、日本から伝わったんでしょうね。

 


 

 

 

 

 ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2008/11/08(土) 11:05:58

こんにちは
ドイツでもKAKIという名前で売られていたのを見たことがあります
それはイスラエル産のものでした

サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/11/08(土) 13:39:35

  風写さん こんにちは。

 やはり、ヨーロッパの柿は日本が送り込んだものみたいですね。
北米にはありそうですが、見かけたことがありませんでした。たぶん
日本の食材専門店に行けばあったのでしょう。

 欧米人は日本人の3倍くらいフルーツが好きなような気がします。
世界の各国からも早くから輸入してきたのでしょう。南方に植民地を
持っていた国も多く、美味しいフルーツの知識も豊富だったはずです。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/11/09(日) 18:10:23

渋抜きが2~3日で済むとは驚きですね。ブランデーの度数が関係するのでしょうか?それとも醸造酒と蒸留酒の違い? 

実家の柿、今年は豊作すぎてかなり小ぶりだったため、渋が抜けた頃には実が柔らかくなりすぎたんです。ブランデーで試したいけれど今年はもう仕込み終了~。来年のお楽しみにします。

そういえば庄内には「でんくろ」という柿があって、それはお湯で渋抜きするんですよ。どういう理屈で甘くなるのか、未だにわかりません。サエモンさんならご存知でしょうか??




サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/11/09(日) 19:57:20

  庄内人さん お晩です。

 柿の渋抜きですが、様々あるようですね。我が家ではもっぱら、
アルコール(35℃以上)で、ゆっくり2~3日かけて抜いています。
もちろん、庄内のような湯ざわし法でやれば1日で抜けるのですが、
食べる方が追いつかない。10個程度を3日間隔で抜いて消費します。

 もちろん、ご近所に配る分はスピード仕上げで、アルコール+湯ざわし
で、翌日にはお届けしてます。内緒ですが、湯ざわしはお風呂です。
ちゃんと密閉はしていますが。


 さて、なぜ渋が抜けるかですが、聞きかじりによると、渋は水溶性の
タンニンによるもので、これを柿の実の呼吸を阻害して不溶性にすれば、
人間には渋く感じなくなるそうです。

 その方法は、アルコール、二酸化炭素、温度の三法があるそうです。
要するにこれらを使って、柿の実をじわじわといじめてやれれば渋が感
じられない形になるということらしいです。

 そういえば、我が家でも栽培している柿の品種、平核無しはなんと
庄内で改良されたものらしいですね。なにかこれも因縁めいてます。


庄内人

URL | [ 編集 ] 2008/11/10(月) 12:01:30

早速の回答ありがとうございました。
なるほど、水溶性のタンニンですか・・。だから、水分が抜けた干し柿が甘くなるんですね。3つの渋抜き法のうち二酸化炭素は全く知りませんでした。

うちではゆうに1週間はかけて渋抜きしています。へたしたら10日もかかります。渋が頑固なのか、やり方が悪いのか。研究せねば。

お風呂で湯ざわしは当たり前ですよ、もちろん密閉してですが(^^)。知らなかった妹婿は昔、「風呂から出たら柿をお願いね」と頼まれ、バスタブに柿をプカプカ浮かべて家族全員に大爆笑されました・・。

なお、前述したでんくろ、正しくは「伝九郎柿」だそうです。



サエモン

URL | [ 編集 ] 2008/11/10(月) 20:25:38

  庄内人さん おばんです。

 たぶん、水溶性でなくなると人間の舌の味蕾では感じられなくなるのでしょう。
アルコールの渋抜きに1週間から10日はかかりすぎのような気がしますが、熟し方が
足りない場合はそうなるのでしょうか。

 でんくろ柿はあのカボチャのようにすこし凸凹したやつですよね。渋を抜くと黒砂糖の
ように甘いとか聞いています。一度味わってみたいですね。甘いものは基本的に苦手
なのですが、梨や柿、麹で作った砂糖抜きの甘酒の甘味は守備範囲になりつつあります。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/646-bfc90bdb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。