スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

いちくらのかつ鍋定食(上杉@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 愛宕上杉通に以前より気になる和食のお店がありました。昼時に車で通りすぎるたび、駐車場があったら入ったのになぁと思っていました。噂では和牛のもつ鍋が美味いとか、栗駒山のイワナをいつも活かしてあるとか、とても個性的な魅力があります。今日はこちらに仕事できているので、いつか飲みに来るためにランチで下見をしておきましょう。


 

 


 

 

  愛宕上杉通の上杉山通小学校のそばにあります和食のいちくらさんです。
itikura1.jpg 
 48号線の延長である石巻(利府)街道の交差点の南です。

 

 

 

 

 

 


 日本料理屋さんのような雰囲気ながら、大きなもつ鍋の看板が目立ちます。
itikura2.jpg 
 店内は想定外に広かったです。昼時なので近くのサラリーマンでほぼ席が埋まっていますが、入って左の座敷は30人は座れるくらい広々しています。カウンターも10人くらい座れそうですが、満席でした。遅く入ると一人の場合は座敷で相席になりますね。

 


 

 

 

 

 

 ランチタイムのメニューですが、日替わり定食(本日のおたのしみランチ)とかつなべ定食が先頭に来ます。
itikura4.jpg 
 国産牛もつラーメン650円も人気のようで、半数の方が食べていましたね。これにはライスがデフォで付くようです。この日のおたのしみランチは麻婆豆腐だったので、さっと交わし、もつラーメンには後ろ髪を引かれながら、650円のかつなべを試してみることにします。

 

 

 

 

 

 

 

 かつなべ定食650円です。焙烙にはカツと葱が乗せられ、コンロの固形燃料は既に点火されています。
itikura5.jpg 
 副菜も充実しており、ボリュームも文句なし。お得な650円です。ただ、ほとんど作り置きができる材料だと思いますが出てくるまでにかなり時間がかかります。もつラーメンがよく出るので、その合間にしか準備できないのでしょう。
 

 

 

 

 

 

 

 

 まだ、かつには卵がかかっておらず、添えてある生卵を自分で溶いて、回しかけます。
itikura6.jpg 
 早めに卵をかけておかないと半熟になるまでも少々時間がかかります。溶き卵をかけたらすぐに蓋をしましょう。その方が早く半熟になります。

 


 

 

 

 

 

 この間に副菜類でご飯を少し食べておきます。
itikura7.jpg 
 煮物にサラダと漬け物、中華風な若布スープも付きます。待ちきれず、焦ってご飯を消費しすぎてしまわないように配分をよく考えておきましょう。

 

 

 

 

 

 

 しばし待って、様子を見るとちょうど良い具合の半熟になってます。
itikura8.jpg 
 焙烙が熱くなっており、滑って傾きやすいので注意しましょう。熱々のかつ皿は冬のご馳走ですね。

 

 


 

 

 

 

 思っていたより大衆的でありながら、しかも手を抜いた様子もなく、夜の部にも期待が出来そうです。噂どおり、店内には大きな水槽に尺イワナが何十尾と泳いでおりましたよ。栗駒イワナと言うことですので、復興のためにも消費拡大に協力したいですね。

 

 

 

 


 いちくら

 

 

  • 所在地  :仙台市青葉区上杉1-11-18
  • 電話        :022-225-7088 
  • 営業時間 : 11:30~14:00/17:00~22:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :なし

 

 

 


 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/01/10(土) 17:44:22

玉子のとじ具合が絶妙ですね・・(よだれもん)
昔カツ丼や親子丼を食べ続けて探した事がありました
このタイミングを大事にしてくれるお店をね
言えばやってくれるお店はありますが…
なかなか良いお店にめぐりあえていないです。
うるさいお客ですみません (笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/10(土) 19:34:56

 びーえむあいさん おばんです。

 この店、サラリーマンになかなかの人気です。
ほとんど常連さんのようで、初めての私はまるで異邦人。^^
今回のカツ皿は適当に頃合いをみて、蓋を開けましたが。
時折、掻き混ぜた方がよりふんわりしますよ。

 半熟具合の絶品な親子丼に出会うと幸せになりますね。
でも、卵が美味しくないといけませんね。以前、食べた玉ひで
の親子丼はカルチャーショックでしばらく言葉が出ず。
世の中には凄いもんがあるものです。
http://www.tamahide.co.jp/menu_photo/oya-ganso.html

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/01/11(日) 10:22:53

玉ひでが出て来たらかなうものはないっすねー
赤坂には対抗してか?日本一の親子丼というのをまじめにだしていたいたお店がありました
そこまではいかないまでも…
蕎麦さんに期待ですかねー

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/12(月) 11:05:37

  びーえむあいさん

 日本一って今は使っても良いのですかね?
景品表示法に抵触するように思えます。
公取委あたりから指導されるまでは宣伝効果大だし、
捕まっても宣伝効果大ですね。^^
はやしさんの度胸は大したものですが、みんなが
やったら今度は世界一でしょうか。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/01/13(火) 10:50:49

卵といえば、先日すごい卵に出会いました。生卵を避けてきた私でも、卵かけごはんに思わずがっついてしまった^^; 手間ひまかけて飼料を自家配合し、ヒナから大切に育てた平飼いの卵で、甘みがあって美味しかった。大量生産とは違って値段は高いけれど、作り手の話を聞けば聞くほど「これで採算がとれているの?」とこっちが心配になるほど。そう考えると1パック100円で買える卵って、一体何なんでしょうね…?怖い怖い。まさに「日本の食は安すぎる」だ!!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/13(火) 22:02:59

  庄内人さん お晩です。

 きっと、江戸時代の庭先に放し飼いにされていた、いわゆる
庭鶏の卵は美味しかったんでしょうね。ミミズや昆虫も食べていたでしょうし。
穀物は不十分で、脂肪は少なかったでしょうが、きっと清々しい味だったと
思われます。庭が広ければ、ニワトリも育ててみたいのですが、野良猫や
放し飼いの家猫も多く、壮絶な戦いが予想されます。^^

 当たり前に作った当たり前の食べ物を少しでも多くしていきたいものですね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/708-7ad9e064
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。