スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ベーグルを焼いてランチにしました

カテゴリー: 料理:穀・粉類

begle1.jpg
 この頃、週末になると風が強く、家に閉じこもり気味。温泉は昨日行ってしまったし、今日はこもって何かを作りましょう。そういえば年末に頂いたハムやらチーズスプレッドがまだ冷蔵庫に眠っています。パンでも焼いてランチにこれらを片付けることにしました。

 

 

 

 

 

 

 今日は久々にベーグルを焼いてみましょう。ベーグルは一度生地を茹でてから焼き上げる個性的なパンです。
begle2.jpg begle3.jpgbegle4.jpg begle5.jpg
 いつものようにドライイーストを予備発酵させてから、強力粉に混ぜ合わせます(参考記事)。今日は全粒粉を20%混合しています。生地は一次発酵させた後、棒状に延ばし、リングにします。少し、休ませてから熱湯で両面をボイルして、オーブンで焼き上げました。ベーグルはもっちりとした食感が持ち味です。棒状にする時にねじりを加えるとさらにもっちり感が増します。

 

 

 

 

 ベーグルは横に切れ目を入れて、好きな物をサンドして食べるのが一般的です。
begle9.jpg
 今日はロースハムとスライスチーズ、畑のカキチシャ(サンチュ)をはさみ、粒マスタードで引き締めています。バンズのようにして食べるのに、なぜリング状なんでしょうか。これは作ってみるとわかります。パン全体を独特の食感にするためには中心部にも茹でる際、熱が同じように伝わらなくてはならないからですね。

 

 

 

 

 

 さて、お楽しみはこれ。蔵王酪農センターさんのクリーミースプレッドです。
begle6.jpg 
 ブルーベリーは以前にも頂いたことがありますが、バニラは今回が初めてです。チーズにバニラ、、、どうなるんだろう。

 

 

 

 

 

  

 まずは、ブルーベリー。こちらは非常にソフトでパンに塗りやすく、ブルーベリーのヨーグルトが硬くなった感じ。
begle7.jpg 
 いつもの味にホッとします。ベーグルとの相性も悪くありません。

 

 


 

 

 

 意外な美味しさはバニラです。こちらはクリームチーズのようにやや硬いのですが、上品な甘さとほんのりバニラの香りがベストマッチしています。
begle8.jpg 
 バニラビーンズの粒々も見えます。ベーグルの硬さにも負けない力強いスプレッドで、これは良い物を頂きました。

 

 

 

 

 

 蔵王酪農センタークリーミースプレッドはフルーツ等の美味しさを加えた塗るタイプのチーズです。バニラ、ブルーベリーの他にストロベリー、オレンジ、ラフランス、マロン、オニオン&パプリカ、ガーリック、さくらんぼがあります。遠刈田にあります蔵王酪農センターさんのチーズキャビンへ参りますと、全種類が試食できますよ(関連記事)。残念ながら、昨年の4月に値上がり(150g525円→546円)してしまいました。原料価格や物流費・包装資材費の上昇が理由とのことですが、原料の主要な部分である牛乳は自前ですよね。そうか、餌料のほとんどを海外に依存しているんでしょうね。

 

 輸送費や石油関連資材費はこのまま燃油の安値が続けば、元に戻ると思われますが、その時はその分は値段を下げてほしいですね。これは他の値上げした食品業界にも言えますが。地元のよい食品はなるべく地元でも買い支えていきたいですが、価格も適正であることが前提になります。蔵王酪農センターさんのチーズスプレッドのご購入はこちらでどうぞ。

 

 



 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/710-23547402
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。