スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

水谷の天ぷら定食(国分町@仙台)

カテゴリー: 外食:その他

 このところ、寒さのきつい日が続いておりましたが、週末からは少しずつ穏やかになる予報ですね。昨日(1/15)は日中でも1℃位で強い風も吹いておりましたが、美味しい昼食を求めて巷を歩き回ってきました。定禅寺通の東京エレクトロンホール宮城 (宮城県民会館)のそばで天ぷら屋さんを発見しました。本格的な天ぷら専門店のようなのですが、ランチをお手頃価格で提供してくれてます。

 

 

 

 

 東京エレクトロンホール宮城近くの第3菊水ビル3階にあります天ぷら専門店水谷さんです。
mizutani1.jpg 
 ランチにはお手頃の天丼や定食が頂けます。


 


 

 

 

 ご夫婦でやっているこぢんまりとしたお店で、テーブルが2卓、カウンター10席です。厨房内の水槽にはたくさんの生きた車海老がおりました。
mizutani3.jpg 
 カウンターの中では話し好きのご主人が忙しそうに天ぷらを揚げております。ご主人のネタ・油自慢が次々と飛び出しますが、嫌味はないし角もないのでこれもお店の構成要素として、楽しく聞きましょう。そんな親方ですが、奥さんをママと呼んでいるのが家庭的で微笑ましかったですね。ちがうかな^^

 

 

 

 


 

 

 天丼にするかと迷ったのですが、美味しい天ぷら屋さんと評判なので、天ぷら定食980円を所望しました。
mizutani2.jpg 
 夜はコースで6200円からとなります。なんでも仙台で初めて天茶漬けを出したお店だそうですよ。

 

 

 

 

 

 

  熱々の天ぷらに漬け物と赤だしの味噌汁が付きます。
mizutani4.jpg 
 天つゆも毎朝、本鰹でダシをとっているので自慢の一つです。夜のコースですと、このお店の特徴である4種類の塩(普通の塩、山椒入り、梅入り、カレー粉入り)で頂くのがお薦めだそうですが、ご飯の時はやはり天つゆですよね。

 

 


 

 

 

 車海老2本、キス、イカ、蓮根、玉葱、獅子唐、本しめじの7種類も使われています。
mizutani5.jpg 
 
 衣はふんわりとした感じで余計な花が咲いていません。とにかく油が軽い、最後まで口もべたつかず、飽きること知らない天ぷらです。ネタも冷凍物は使わないとのことでキスもふんわり、エビも甘かったです。


 

 

 

 

 

 

 バリバリの赤だしの味噌汁には天ぷら専門店のこだわりであるシジミがたくさん。
mizutani6.jpg 
 苦味の効いた赤だしもたまには良いものですね。

 

 

 

 

 

 

 油の質は親方の自慢だけにもたれることがありません。これなら、のコースでも安心して頂けそうです。コースの最後にはこれまた自慢の天茶漬けミニ天丼で〆となります。親方の自慢話は人によって受け止め方が異なるでしょうね。こだわりの天ぷらは洗練された逸品ですので、自慢したくなるのも当然と受け止めるゆとりを用意して行きましょう。^^

 

 

 

 

 


 天ぷら 水谷  http://www.nisseimiyagi.co.jp/mizutani/


  • 所在地  :仙台市青葉区国分町3-3-3 第3菊水ビル3F
  • 電話        :022-261-1698 
  • 営業時間 :11:00~13:00/17:00~21:00 
  • 定休日    :日曜・祝日
  • 駐車場    : なし
     

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/01/16(金) 11:24:15

ううう、読んでたらモーレツに天ぷらが食べたくなりましたよぉ…^^; 
水谷は名店らしいし、いつか行きたいと思っていました。
ランチならお手頃に楽しめそうですね。うん、絶対行こうっと!
新年会で呑みすぎの肝臓に赤だしのしじみも優しそうです。

しじみといえば赤だしが定番ですが、青森の十三湖では
「絶対に白みそで」と教えられました。
泥臭さの少ない十三湖のしじみに赤みその風味は強すぎるようで
地元では塩と白みそを半々で使うんです。
だから「しじみの味噌汁」とは呼ばない。「しじみ汁」なんですって。

となると、宮城県の北上川産は赤だし?白みそ?
どっちが合うのかなあ。。。
(天ぷらの話題から逸れてゴメンナサイ)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/16(金) 21:30:29

  美味しかったですよ。衣がふんわり、でもサクッとしているのです。
イガイガ、カリカリの衣、いわゆる花揚げとは全く違い、専門店でよく
見られる棒揚げですね。素材を活かす天ぷら衣というのはあのような
衣なんでしょう。


 私はシジミだけではなく、カキでもアサリでも二枚貝類の汁は潮で
純粋に貝の味を楽しむのが好きです。もちろん、クラムチャウダーや
アサリの味噌汁も好きですが、貝以外の味が前面に出てしまいます。
その時の気分でいろいろ使い分けていますけどね。^^

 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/714-2de90992
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。