スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【大崎市鳴子】滝乃湯とゑがほ食堂の山菜・きのこそば

カテゴリー: 外食:蕎麦

 今日、鳴子温泉に行って来ました。朝、車が雪で真っ白だったので、行くのを躊躇ったのですが、こういう日は日帰り温泉も空いているだろうと出発しましたが・・・・

 

 

 

 

 

 

 天気は申し分ないのですが、さすがに鳴子に近づくと一面の銀世界。
egao1.jpg egao2.jpg
 実は吉岡から岩出山にかけては道路もツルツルでみなさんスピードダウンして走っていましたので、いつもより30分以上かかっての鳴子入りでした。

 


 

 

 

 

 鳴子の温泉街ではこんなのや、こんなのも見かけました。^^
egao3.jpg egao4.jpg
 雪に埋まった車です。一晩でこんなに降ったのでしょうか。つららも強風のため斜めに発達しています。

 

 

 

 

 

 

 目的の共同浴場、滝乃湯には駐車場がありません。一番近い駐車場が裏山の温泉神社の駐車場です。
egao6.jpg egao5.jpg
 温泉神社も日陰なので、今まで降った雪がそのままリザーブされているような感じ。温泉神社は鳴子ホテルの直前を右折したところにあります。

 


 

 

 

 

 

 滝乃湯へ行くためにはここを降りなくてはなりません。
egao7.jpg 
 人の踏み跡はありますが、それでも所々で膝まで雪に埋もれます。

 


 

 

 

 

 予感通り、細君は大転倒しました。egao8.jpg 
 実は、下の温泉街の真ん中にも無料の駐車場があります。でも、こちらの方が圧倒的に近いので選んだのですが、、、、大失敗でした。

 


 
 

 

 

 

 

 下半身が真っ白になってやっと辿り着きました共同浴場滝乃湯です。入り口右手に券売機があります。入湯料はなんとたったの150円ですよ。
egao9.jpg 
 最近は共同浴場といってもきれいですよね。屋根からもうもうと湯気が立ち上り、冷えた体が一刻も早くお湯を求めています。番台のおばちゃんに裏の神社の駐車場から来たと告げると、ウソでしょ~!!って顔をされてしまいました。^^

 


 

 

 

 

 湯気で霞んでいますが、滝乃湯の湯船です。大きな木製の樋からお湯が注がれています。そうです。嬉しい源泉掛け流しです。
egao10.jpg 
 お湯の質は酸性含硫黄-ナトリウム・アルミニウム・カルシウム・鉄-硫酸塩泉・・・何だかよくわかりません。少しゆで卵のような硫化水素臭はあるのですが、軽めです。金属類の影響でしょうか、お湯の色が少し青みがかった乳白色です。格子の奥にも浴槽(打たせ湯)があり、そちらは温めですが、手前は冷えた体で入るのはつらいくらい熱かったです。

 

 

 

 

 

 

 さて、温泉から上がって、少し涼んだら、、、というより、速攻で冷えてしまいますが、お腹が空きますね。
egao11.jpg 
 滝乃湯から鳴子温泉駅の方へ下がって、メインストリートを川渡方向に進んだところに面白い食堂があります。

 

 


 

 

 

 

 知る人ぞ知るゑがほ食堂さんです。店名にもこだわりを感じるでしょ。
egao12.jpg 
 一見、温泉街のなんでも食堂なんですが、遠くから人を惹きつける魅力があるのです。

 

 

 

 

 

 

 使われる山菜きのこは地元の天然物です。
egao13.jpg egao14.jpg
 山菜やきのこのそばやうどんがカツ丼より高いのですよ(クリックで拡大)。そんじょそこらの山菜そばやきのこそばではないなと期待が膨らみます。

 

 

 

 

 

 

 店内はちょっと詰め込みすぎた民芸調。
egao15.jpg 
 店内は予想より広かったです。女性だけでやっているみたいです。

 


 

 

 

 

 献立はこんなにこなせるのだろうかと心配になるくらい盛りだくさんです。
egao16.jpg 
 
 裏側にもこれまたたくさんな酒肴が並んでいましたので、夜は温泉旅館のお客さんもやって来るのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは山菜そば840円です。山菜だけではありません。ナメコ鶏肉も乗っていました。
egao17.jpg 
 山菜はワラビ、ゼンマイ、青ミズに根曲がり竹とたっぷり。いくら食べても山菜が減らない感じでした。

 

 

 

 

 

 

 こちらはきのこそば840円。山菜そばと一見似ていますが、なめこの他に栗茸、ぶなかのか、むきたけ等がたっぷりです。
egao18.jpg 
 
 きのこ好きに堪えられないそばです。こちらにも鶏肉が入っていました。

 


 

 

 

 

 つるんとしたきのこの喉越しが堪りません。
egao18-1.jpg 
 もちろんこの時期ですから、塩蔵か水煮でしょうけど、本当に美味しいですよ。地物を貯蔵したものは輸入物とは違います。

 

 

 

 

 

 

 そばももちろん生麺を使っています。
egao19.jpg 
 田舎そばの細打ちのようです。少し柔らかめですが、普通に美味しいそばでした。

 

 

 

 

 

 

 レジの近く思わずそそられるおにぎりが。ゆきむすびという品種です。
egao20.jpg egao21.jpg
 とりあえず梅を一つ頂きました。

 

 

 

 

 

 

 なんと艶やかなご飯なんでしょう。まだ、ほんのり温かったです。
 egao23.jpg
 ひとめぼれよりモチモチした感じです。このゆきむすびは、東北181号という品種名でしたが、一昨年に愛称が決まりました。うるち米ともち米の中間のような食感と冷めても美味しいのが特徴です。

 

 

 

 

 

 

 も一つ、これも頂きました。温泉卵です。
egao24.jpg 
 完璧な出来具合です。黄身がねっとり固まって、白身がトロリとした状態にするには65~68℃の湯に約30分浸けておかなければなりません。一定の出来にするのは、結構、熟練が必要です。

 

 


 

 

  雪中行軍の日帰り温泉でしたが、美味しいそばも食べることが出来て結果オーライでした。鳴子にお寄りの節は是非、ゑがほ食堂さんに寄ってみて下さい。には冷たい山菜茸そば、にはきのこのおこわも良さそうです。昼過ぎには道路の雪も溶け始め、温泉街を歩くのも少しは楽になりました。実は、この後にももう一つ温泉に浸かってきましたので、次の記事でご報告いたしますね。

 

 

 

 

 滝乃湯

 

  • 所在地  :宮城県大崎市鳴子温泉湯元
  • 電話        :0229-83-3441(鳴子観光・旅館案内センター)
  • 営業時間 :7:30-22:00 
  • 定休日    :無休 
  • 入湯料:150円 
  • 駐車場    :なし(温泉神社or温泉街駐車場利用)
  • 設 備:洗い場2ヶ所、シャンプー・セッケン・ドライヤーなし、トイレあり

 


 

 

 ゑがほ食堂

 

  • 所在地  :宮城県大崎市鳴子温泉湯元2-4
  • 電話        : 0229-83-3074
  • 営業時間 : 8:30~20:00
  • 定休日    :第2木曜日
  • 駐車場    :なし(温泉街無料駐車場利用)

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

Shima

URL | [ 編集 ] 2009/01/18(日) 19:35:05

鳴子温泉は宮城で一番好きな温泉街でよく行ってます。硫黄泉が
好きなもので・・・。滝乃湯は一回しか行ったことありませんが、
えらい熱っつい記憶しかありません(笑)。
雪が気になりますが、「ゑがほ食堂」今度行かねば!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/18(日) 19:53:35

  Shimaさん お晩です。

 滝乃湯の手前はちょっと熱すぎですね。43℃以上
あるんじゃないでしょうか。長湯したら頭の血管切れそうです。^^

 ゑがほ食堂さんのなめこラーメンというのも気になります。
普通ならラーメンになめこが乗っただけでしょうが、あそこの店は
なめこ+αがあるので楽しみです。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/715-dde7819c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。