スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【山形県鶴岡】産直こまぎで伝統食品探し

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

 酒田寒鱈まつりのバスツアーも酒田を後にして最終目的地である鶴岡の産直・温泉施設、庄内おばこの里こまぎに到着しました。滞在時間は30分しかありません。お土産を買う最後のチャンスなので、皆さん、先を争って店内に突入していきます。私はここで重要なミッションを遂行しなければなりません。それは庄内ご出身の庄内人さんから情報を頂いた、一霞の赤かぶ漬けと庄内の伝統食品えごねりを購入することです。

 

 


 

 

 

 

 

 鶴岡の郊外に昨年オープンした産直・温泉施設、庄内おばこの里こまぎさんに到着しました。
komagi1.jpg komagi1-1.jpg
 ここにも海鮮市場があるようです。時間があれば温泉にでも浸かりたいところですが、バスツアーの悲しさです。おばこって、秋田にいるものかと思っていましたが、庄内にもいるんですね。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 この奥に食事処と温泉施設があるようです。残念ながら時間がありません。
komagi2.jpg 
 食事処では地元の食材を使ったJA女性部手作りの田舎料理バイキングが1000円で楽しめるらしいんです。これも、またの機会のお楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

 JA鶴岡さんが入っているだけに野菜類の品揃えは目を見張ります。夏だったらもっと凄いのでしょうね。
komagi3.jpg komagi3-1.jpg
 お土産にラフランスをゲット。5個でたったの280円でした。でも、ラフランスの美味しい時期は11月頃のはず。低温保存でもしておくのでしょうか。帰ってから食べてみたところ、まだ、シャキッとしていました。

 

 

 

 

 

 

 酒田港が近いためか鮮魚も充実しています。
komagi5.jpg 
 でも、由良産という札が目立ちました。庄内では由良の魚がブランドなのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 由良産のウマズラやクロソイ、珍しいところではノロゲンゲがありました。
komagi6.jpg komagi7.jpg
 ノロゲンゲは能登半島方面で美味しさが認められ、下の下の魚から幻魚までに出世した魚です。寒天質の身が鍋や汁物にするとトロリと美味しいのです。



 

 

 

 

 

 

 

 @@しながら、商品を捜索して、まずは一霞の赤かぶ漬けをゲット!
komagi9.jpg 
 一霞は温海温泉の山間部にある地区で、ここでは古くから焼き畑農法による赤かぶ栽培が続けられてきました。夏に山の斜面の下草を刈り、それがすっかり乾燥する8月下旬に火を放ちます。火が消えたら直ちに種を播き、あとは自然の成り行きに任せます。焼き畑により病原体が死滅し、草の灰がリンやカリを補給してくれますので、無農薬・無肥料で栽培が可能なのです。現在では他の産地でも生産されていますが、元祖の赤かぶ漬けはやっぱり違うそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、鮮魚販売コーナーでやっとえごねり(えご)を発見しました。
komagi8.jpg 
 どのような形状で売られているものかもわからなかったので、発見までにはかなり時間を要しました。これの前を2回も通り過ぎてしまいました。えごねりとは、天草のような赤い海藻(エゴノリ)から作られる心太(ところてん)や福岡のおきゅうとのような食べ物です。ところてんよりは海藻の味わいや食感が残っており、庄内の方々にとってはソールフードとなっているそうです。

 

 

 

 

   庄内の伝統食品2品を入手するというミッションはなんとか達成することができました。これらは、帰ってからじっくり味わって、克明にご報告する予定です。乞うご期待。こまぎさんは昨年、オープンしたばかりの新しい施設です。バスが到着するとスタッフの方が出迎えに来てくれ、出発時は見送ってくれました。もてなしの心で接する努力は立派です。

 ただ、産直コーナーはJA鶴岡や鮮魚店、酒類販売店がそれぞれの区画で商品を並べていますが、会計が別々なので色々買い物カゴに入れ込むと後が大変です。従って、それぞれのエリアで精算しながら買い進む必要がありますが、時間のないツアー客にとっては若干不便に感じます。統合会計方式にしていただけると安心して買い物ができると思います。

 

 

 

 

  庄内おばこの里こまぎ

 

  • 所在地:山形県鶴岡市日枝字小真木原88-1
  • 電話:  0235-35-0234  
  • 営業時間: 9:00~18:00(ランチバイキング平日11:00~14:30、
    土・日・祝11:00~14:30 /16:30~18:30)
  • 定休日:無休 
  • 駐車場:あり(大型可)


 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/01/29(木) 20:22:19

狙いの土産品をゲットできてヨカッタですね!
駆け足ツアーだったのがちょいと残念。
ココは温泉や食事処もあって、いろいろ楽しそうですし
里帰りの際にでもゆっくり探検してみたいです。

赤かぶ、竹炭入りなんてあるんですねえ~!(@_@)
私はいつも生産組合で作っているものを買っているので
味がどう違うのか興味津々。

「由良産」については、ブランドという意識はありませんでした。
こまぎに一番近い港がおそらく由良港なので
地元産ということでアピールしているのではないでしょうか・・?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/01/29(木) 20:44:56

  庄内人さん 今晩は。

 お陰様で、庄内の伝統食品をゲットすることが
出来ました。時間があれば、じっくり見てみたい
施設ですが、ほとんど駆け足でした。


 赤かぶ漬けの竹炭の効果は不明ですが、
一霞は間違いないようなのでホッとしました。


 この施設の経営者は鶴岡の不動産会社で
由良で有名な温泉ホテルを経営していますので、
もしかしたら由良贔屓はそのためかも知れませんね。

 庄内シリーズ、まだまだ続きますよ。^^

 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/727-d20a5413
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。