スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

バリバリ青葉通店で仙台牛(大町@仙台)

カテゴリー: 外食:焼肉・ホルモン

 bari1.jpg
今、青葉通地下鉄東西線西公園駅の上にいます。と言っても、あと6年後のことですね。^^ 青葉通はその名の通り、欅(ケヤキ)の美しい並木道です。今は2月ですので、裸ですが、毎年、桜が咲く頃には萌葱色に芽吹き始めます。

 


 

 

 

 

 

 地下鉄東西線の建設に当たり、44本のケヤキが伐採もしくは移植されます。既に一番町駅予定地周辺は伐採、移植がほとんど完了したようです。
bari0.jpg 
 移植されるケヤキは17本で、移植先は西公園や東北大青葉山新キャンパスなどです。残念ながら27本のケヤキは伐採されますが、地下鉄工事終了後に若木を植える予定となっています。何と言っても仙台のシンボルですからね。

 

 

 

 

 

 

 

 さて、先日(2月7日)、食肉と健康を考えるシンポジウムに出席して、牛肉や仙台牛について勉強してきました。でも、考えてみると仙台牛って食べた記憶がありませでした。そこで、仙台牛の食べられるバリバリ青葉通店さんに直行です。
bari3.jpg 
  エントランス左脇のショーケースには仙台牛の木札が掲げてありました。間違いなく、仙台牛を食べさせてくれるお店ですね。

 

 

 

 

 

 

 店内は綺麗ですし、接客も丁寧です。窓辺の笹がこの季節でも緑で爽やかですね。
bari4.jpg 
 
細長い店内ですが、テーブル席は全部50席あるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ランチメニュー(左)に目を通しますと、どこにも仙台牛と書いていない。げ、ランチタイムには、仙台牛はないのかも。
bari5.jpg bari6.jpg
   と思って、店員さんに伺いますと、ランチメニュー以外のメニュー(右)も持ってきて下さいました。本当はランチタイムはランチを食べてもらいたいのでしょうね。でも、仙台牛の味を舌に叩き込むのが、今回のミッションですのでご容赦です。 


 


 

 


 

 

 ところで、仙台牛とはどんな牛なんでしょうか。定義を調べてみますと、品種としては黒毛和牛で、仙台牛生産肥育体系に基づいて、個体にあった適正な管理が行われ、宮城県内で肥育された牛であり、日本食肉格付協会枝肉取引規格A-5及びB-5である牛肉のこととされています。

 

 ここで言う取引規格とは肉の品質を定める標準的な決まりで、A~Cの歩留等級と霜降り度や肉色で5~1に評価される肉質等級の組み合わせによって格付けされます。つまり、A-5が最高級になります。仙台牛及び仙台黒毛和牛の位置を表に示しました。

sendaigyu-kikaku.jpg 

 このように、仙台牛肉質等級5を満たす場合(歩留まり等級Cは除外)のみ呼称が許される高級牛肉です。このようなハイクラスの銘柄牛は仙台牛の他に深谷牛と信州牛しかありません。あの天下に名高い松阪牛すら肉質等級の基準が外されています。

 

 


 

 

 

 

 本日は仙台牛のロースにライスを付けて頂きます。
bari8.jpg 
 ロースは8切れで1080円、、、貧乏人には勇気の要るお値段です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 それにしても、見事なサシの入り具合。さすが肉質等級5だけのことはあります。
bari9.jpg 
 醤油ベースのタレが既に掛かっていますが、漬け込んだわけではありません。半分を塩胡椒だけで食べてみたかったです。

 

 


 

 

 

 

 

 

 さっと、両面を色が変わり程度に焼いていきます。
bari10.jpg bari11.jpg
 焼き過ぎは禁物なので、2枚ずつ丁寧に焼いていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにぃ~!何なのこの美味さ。牛肉臭さも穏やかで、口の中でとろけます。舌が驚いている様子。
bari14.jpg 
 何より脂が甘いし、肉から旨味がじゅわっと出てきます。そう頻繁には食べられませんが、たまに本物を味わうのは舌の訓練のためにも必要ですね。

 


 

 

 

 

 

 

 セットメニューではないのに、スープと食後のコーヒーを付けて下さいました。
bari15.jpg bari16.jpg
 しばし無言で味の余韻を楽しんでいます。

 

 

 

 

 バリバリさんは一番町にもお店があります。名前の感じから、大衆焼肉店と思っておりましたが、最高級の仙台牛を売りにしているだけに、サービスの行き届いた綺麗なレストランでした。ですから、ランチメニュー仙台牛ではないようですが、きっと、良心的なのでしょう。今度はランチを食べに出向いてみます。

 

 

 

 

 

バリバリ青葉通店

 

  • 所在地  :仙台市青葉区大町2-2-2 メゾン青葉1F
  • 電話        :022-262-1940
  • 営業時間 :月~土 11:30~14:30/17:00~22:00 
           日・祝 12:00~14:30/17:00~21:30
  • 定休日    :年末年始
  • 駐車場    :なし
     

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2009/02/12(木) 07:17:26

おはようございます
大学生のとき、溜池でアルバイトをしていて、時々、今は亡きホテルニュージャパンで徹夜作業をすることがありました。
そのときかな、一度赤坂のバリバリで焼肉を鱈腹食わせてもらったことがあります。
当時聞いた話では、いわゆる無煙ロースター、煙が表に出てこない方式は赤坂バリバリが初めてだったとか。
そのバリバリとこのバリバリが同じチェーンかどうかは判りませんけど。

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2009/02/12(木) 12:20:45

なるほど、仙台牛と仙台黒毛和牛にはこんなちがいがあるんですね!勉強になりました。買う時に国産牛と和牛は気をつけないといけないとは思っているんですが、いつもどっちがどっちだか忘れてしまうんですよねー。仙台牛もよく見てから買うことにします。

unico

URL | [ 編集 ] 2009/02/12(木) 20:00:04

はじめまして。
咲耶姫うどんを調べていてこちらを見つけました。
仙台の知りたいところを探せるブログを発見してしまったようです。
丁寧な情報がとても参考になります。
これからも伺います。更新を楽しみにしています。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/02/12(木) 22:25:40

みなさま、一括レスですがご勘弁。  m(..)m



 >風写さん

 さぁ、どうなんでしょう?? 赤坂バリバリとの関係は
分かりませんが、バリバリという店名を使うのは偶然とは
思えないような・・・。

 無煙ロースターは、焼き肉のスタイルを変えましたね。
スーツでも気兼ねなしに飲みに行けます。でもね、私は
戦闘服?で煙モクモクの伝統的焼き肉屋さんで飲んだ
くれるのも好きだなぁ・・・。^^



 >ぺこりんさん

 お久しぶりです。あ、あ、仙台牛は超高級品質ですから
仙台黒毛和牛でもかなりのものですので、ご安心下さい。
少なくとも松阪牛は肉質等級を外しており、「この肉は、
松阪牛のA-3ですよ。」といった売り方をしています。

 たまたま、脂乗りや色が不本意でも味がよければ、
いいじゃないですか。私は松坂牛の基準を導入した方が
庶民の支持を得られるような気がします。



 >unicoさん

 ようこそ、いらっしゃました。
美味しい食材に恵まれた宮城に住んで、その良さを
発信したくてやってます。お役に立てれば、これ以上の
喜びはありません。

 今後ともコメント、ご質問、遠慮なさらずバンバンお願い
します。出来る限りの対応をさせていただきます。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/743-e03e54ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。