スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

大町へそのをで宴会です(大町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

heso0-1.jpg heso0.jpg
 仙台の御城下でも伊達政宗公が真っ先に区割りした大町は米沢以来の譜代の商人や上方の豪商が店を構えた由緒ある商人町です。この大町にもビルが建ち並び、すっかり都会化してしまいましたが、一軒家の居酒屋さんが頑張ってますよ。

 

 

 

 

 そのお店は昼間見るとこんな感じです
heso1_20090214210450.jpg
 シックな黒造りの外観で何のお店か分かりませんね。

 

 

 

 

 

 

 杉玉がお酒との関連性を主張しています。貼り紙にあるように、こちらは言わずと知れた大町へそのをさんです。
heso20.jpg heso2_20090214210501.jpg
 売り言葉にもあるように、古きよき日本の居酒屋が古きよき街「大町」に。そのとおりですね。でも、うまい酒とうまい肴しかご用意できませんが、、、って、言うよねぇ~。 ^^

 

 

 

 

 

 

 はい、こちらが夜のへそのをさんです。
heso3_20090214210510.jpg
 ダイナミックな暖簾とライトアップされた正面。よく計算された現代の居酒屋の店構えです。

 

 

 

 

 

 

 お店に入ると奥には整然とした和の空間が広がります。
heso4_20090214210521.jpg heso5_20090214210530.jpg
 窓辺からは小さいながら日本庭園が目に入ってきます。いわゆる下町の居酒屋さんではありません。まるで老舗の料理屋さんのようです。

 

 


 

 

 

 

 本日は飲み放題付きの弁財天コースで宴会の運びとなりました。4500円のコースですが、日本酒も3種類からチョイスできます。
heso6_20090214210542.jpg
 最初に出されたサラダはシーザースサラダ風の味付けでした。クリスピーな粉砕ラスクも良いアクセントになってます。

 

 

 

 

 

 

 続いてはコースの大手門、お造り盛り合わせです。
heso7_20090214210553.jpg
 飲み放題コースにしては頑張ってます。高杯のもうかのほし(ネズミザメの心臓)を皮切りに右上から時計回りでブリ、タイ、カツオ、サヨリが盛り込まれています。

 

 

 

 

 

 

 冬のコースの華は鍋ですね。牡蠣たっぷりの寄せ鍋です。
heso8_20090214210605.jpg heso9.jpg
 
この時期の牡蠣はよく肥えて、美味しさ満載です。きっと、BMI25以上はあるでしょうね。^^ 

 

 

 

 

 

 

 

 ここでへそのをさん名物煮込みの登場です。これには赤ワインが合うんですよ。
heso11_20090214210629.jpg heso.jpg
 だけど、この煮込み、うんと小さな鉢にちょこっとなんです。まるで味見程度。これの3倍は食べたかったです。それくらい美味しい煮込みです。ワインもそれなりの物を用意してくれています。

 

 

 

 


 

 

 続きまして、油物はのどくろの唐揚げです。骨までパリンパリンで美味しいですね。
heso12.jpg
 宮城の場合、のどぐろといえば、ユメカサゴですが、他県ではアカムツのことを言います。どちらも喉が黒いのでそう呼んでいます。

 

 

 

 

 

 

 最後の酒肴は鶏のネギ塩炙りです。
heso13.jpg
 
さっぱりとした塩味のねぎまの味わいです。ステーキの鉄皿で供されますが、これは最近流行の焼き鳥のスタイル。女性にも食べやすくとの配慮と豪華さを出す演出、それに保温の意味もあるのでしょうね。串を使わずカゴで炙ったのではないでしょうか。

 

 


 

 

 

 

 さて、〆のお蕎麦です。これで大体3人前だったと思います。
heso14.jpg
 蕎麦好きには足りませんが、もういい加減決まってしまった輩もいますので、うまい具合に足りてます。^^ そばは生を茹でているようですが、普通の美味しさですね。

 

 

 


 

 

 

 

 このへそのをさん、雰囲気や献立からすると壽哲廸さんやさんと同列店と思ってしまいますが、異なるようです。このへそのをさんの姉妹店は一番町にあるらくださんだけだそうです。ビルに入っている全国チェーンの居酒屋さんとは違って、地元に根ざした一軒家の居酒屋さんは魅力的です。しかも、どの店もスタッフが若く、接客がキビキビしているのが特徴です。これは偶然なのか、お互い意識しているのか今後の研究課題となりそうです。^^

 

 

 

 

 

 


 一軒家居酒屋 大町へそのを

 

 

  • 所在地  :仙台市青葉区大町2-6-4
  • 電話        :022-224-1456  
  •  営業時間 :18:00~24:00
  • 定休日    :日曜
  • 駐車場    :なし

 

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

居酒屋店長

URL | [ 編集 ] 2009/05/25(月) 01:29:12

ご来店ありがとうございます。「おやじ」「せがれ」のオーナーとは幼なじみの親戚なんです。お互いに刺激をしあい切磋琢磨しながらやってます。
こんごともよろしくおねがいします。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/05/25(月) 06:10:27

  これはこれは、へそのをさんの店長さん。
こちらこそ、お越し下さいましてありがとうございます。
壽哲廸さん、伜さんのオーナーさんとは親戚関係だった
のですね。これで、今までの謎が解けましたよ。^^
店名の由来もなるほどと言うところです。


 それぞれ、よいお店です。仙台に新しい居酒屋の
スタイルを定着させたパイオニアですね。それも、庶民が
手の届く範囲で達成されており、居酒屋のエスプリは
忘れていません。

 今後も仙台にへそのを、壽哲廸、伜ありと言われるように
是非、頑張って下さいね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/746-9d6fdc9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。