スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【岩手県室根】千葉本店の白あんぱん

カテゴリー: 紹介:パン・菓子

 岩手県南部の千厩町から国道284号を気仙沼市方向に走りますと、やがて左手に室根山が見えてきます。その麓の小さな街折壁に気になる看板があります。高々と白あんぱんとだけ書いてあります。店構えも時代を感じさせて魅力的なのですが、駐車場がないのでいつも通り過ぎていました。

 

 

 

 

 

 

 本日は意を決して、路駐でそのお店を伺います。白あんぱんのお店、千葉本店さんです。
siroan2.jpg siroan1.jpg
 何でも白あんぱんだけで明治4年から創業してきたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 明治の建物そのままではなく、改装はしてあるようです。入り口脇のつくばいが高級感を出しています。
siroan4.jpg siroan3.jpg
 ただ、どう見てもパン屋さんの風情は感じられませんね。まるで和菓子の老舗のようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 中に入ってさらにビックリ。どこにもパンがありません。
siroan5.jpg siroan6.jpg
 なにか小さな最中のような包みが詰まった箱が陳列してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 なんと、この平べったいのが白あんぱんなんだそうです。1個63円でバラ売りもしてくれます。
siroan7.jpg 
 初めてなので、3個ほどにしようかと思ったのですが、滅多に来られないので、10個入り630円を購入しました。

 

 

 


 

 

 

 

 これが明治から続く、白あんぱんです。ん~饅頭にしか見えない・・・。
siroan8.jpg 
 どう見ても和菓子ですね。小さなあんパンを押しつけながら焼いたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 かなりしっかりした硬さがあります。表面に焼き色がなく外観は確かに白い
siroan9.jpg 
 それにしても、表面に塗されたグラニュー糖は今時珍しいですね。ちょっと、背筋が寒くなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 中は想定通り白餡でした。生地はかすかにパンのような食感がありますが、厚みがなく、しっとり感もありません。
siroan10.jpg 
 想定通り、怒濤のような甘さが口の中に広がります。現代においても曲げることなく伝統の味を貫いているのでしょう。

 

 

 


 

 

 

 

 今回は完全な甘党の方だけにお薦めできる逸品でした。私は思い出しただけで眉間が痛くなってきます。^^ かつて、砂糖が貴重で甘さへの憧れが強かった時代には、このようなお菓子が好まれたのでしょう。それを頑なに守っているのは、地元の方々のニーズがまだあるからでしょう。でもなぜ、饅頭がぱんなのか?もしかすると生地にイーストを使っているからかも知れません。饅頭の皮のように重曹や自然薯で膨らんだ感じではなく、多少、繊維状に裂ける感じがありますので、パン生地を薄くのばして白餡を包み、型で成形してから焼いたのかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 元祖白あんぱん 千葉本店 

 

  • 所在地  :岩手県一関市室根町折壁町1-15 
  • 電話        :0191-64-2220
  • 営業時間 :未確認 
  • 定休日    :不定休 
  • 駐車場    :なし

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/748-56646bce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。