スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【松島町】地酒小路むとう屋酒店

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

mutou1.jpg 
 県外からのお越しになるお客様のほとんどの方が松島見物を所望なされます。私も幾つかのご案内コースを持っていますが、車の場合は、まず、松島パノラマラインからの眺望で松島を堪能していただくことにしています。この道路は以前、有料だったのですが、現在は町道として無料です。広い駐車場の奥に入った西行戻りの松はいにしえの時代より最高のビューポイントです。

 

 この後、瑞巌寺五大堂はやはり外せませんね。続いて、腹拵えですが、牡蛎のシーズンであれば、かきの里さんで焼きがきを楽しんで頂くか、松島さかな市場さんでかきバーガーや海鮮丼に舌鼓を打って頂くことにしております。その他の変化球としてこのようなオプションは如何でしょうか。

 


 

 

 

 

 

 五大堂のすぐそばのお土産物屋さんの2階にレトロな博物館があります。
 
mutou2.jpg mutou3.jpg
 大正昭和の玉手箱と謳っています。なんで松島には、置いておいて箸休めの感覚で入ってみるのがよいでしょう。

 

 

 

 


 

 

 

 大正・昭和時代の生活、芸能、遊びに関するグッズがほとんど隙間がないくらい埋められています。
mutou4.jpg mutou5.jpg
 大人350円ですが、昔のパチンコを始め、様々な玩具にも触ることができます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 続いて、レトロな博物館脇の有料駐車場を挟んだ並びには地酒のむとう屋さんがあります。
mutou6.jpg mutou7.jpg
 この蔵造りの店構えをご覧になった方も多いと思います。全部で16ヶ所の蔵元さんとも直接取引しているそうですよ。

 

 

 


 

 


 

 

 お店の脇には、これまた坪庭やお地蔵様も見られる細道、地酒小路が続いています。
mutou8.jpg mutou9.jpg
 この小路は伊達政宗資料館や松島さかな市場への近道ともなっています。

 


 

 


 

 


 

 

 店内には県内の地酒がズラリと並びます。日本酒好きには垂涎の光景でしょうね。
mutou10.jpg mutou11.jpg
 観光バスのお客さんも結構訪ねてきて、一升瓶を抱えて帰られる光景も目にします。

 

 


 

 

 


 

 こちらのお店を訪ねて来られる方は大体ターゲットを決めておられるようですが、お目当てが特にない場合はこれらが参考になります。
mutou14.jpg mutou13.jpg
 店主が自ら書いている酒かわら版一生万福と壁に掲載されている月ごとの売れ筋ランキングです。日本酒にあまり詳しくない私はランキング第2位の松島の吟風(かぜ)を是非飲んでみたくなりました。うちの田圃の米で作った酒と書いてあります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 ところが、あまりの人気で製造が追い付かず、次の入荷は来月とのこと。それで、同じ蔵元の別のお酒を勧めてくれました。
mutou15.jpg mutou16.jpg
 四季の松島大吟醸です。どこかで聞いたことがあるなと思ったら、塩竈の阿部勘酒造さんのお酒でした。松島の吟風は阿部勘さんに造ってもらっているのです。300mlの飲みきりサイズですが、バスのお客さんが車中で楽しむためによく売れるそうです。

 

 


 

 

 


 

 

 さっそく帰って、少し早めの晩酌開始です。
mutou17.jpg 
 こってり甘辛の落ち鮎の昆布巻きとさっぱりした白菜の浅漬け柚子風味をあてにして相性を試します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんとこのお酒、大吟醸なのですが、吟醸香がほどよく、ふわっとした優しい口当たりです。
mutou18.jpg 
 甘味や苦味も適度で、どのような料理にも合いそうです。癒し系でそのままでも楽しめますが、食中酒としても優れていると思います。芭蕉の句に御命講や油のような酒五升というのがありますが、昔から美味しい酒はこのようにふわっと、とろりとしたのかも知れません。昔は油も玉締めの本物でしたから、油自体が美味しかったでしょうし。

 

 

 

 

 

 

 

 宮城に住んでいますと松島はいつでも見られるという感覚から、休日に見物に出かけることもあまりありません。水族館も子供が小さいうちに2~3回というところでしょう。ですが、県外や海外からのお客様にとっては、日本三景松島です。私たちが広島に行った時に安芸の宮島は見て帰りたいというのと同じです。それであれば、松島で少しでも心が動く所に案内してあげるのが地元の人間としての使命ですよね。それに、宮城は酒どころでもあります。むとう屋さんで人気の地酒を薦めてあげるのもお酒が好きな方へのおもてなしですね。

 

 

 

 

 

 レトロな博物館 http://ww35.tiki.ne.jp/%7Eakinomiya-m/

 

  • 所在地  :宮城県宮城郡松島町松島字町内112
  • 電話        :022-355-0280
  • 営業時間 :9:00-17:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :周辺に有料あり

 

 

 

 

 むとう屋 http://www.mutouya.jp/top.html

 

  • 所在地  :宮城県宮城郡松島町松島字普賢堂23 
  • 電話        :022-354-3155
  • 営業時間 :8:30~17:00
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :周辺に有料あり

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2009/02/24(火) 18:05:35

サエモンさん、こんばんは。

昨年の松島観光ではお世話になりました。
松島はその美しい景色だけでも訪れる価値がありますが、
シーズンであれば、カキ食べまくりのオプションを付けられて最高ですね。
目の前の海の中ですくすく育っているカキを想像しながら食べられる。
まさに現地ならでは醍醐味です。

むとう屋さんは地酒はもちろん、少し変ったお酒なども置いてあり興味深い酒屋さんでした。
自分用の土産に買った「むとう屋生詰めワイン」(店主に勧められた^^)は、さわやかな甘味と少し酸味もあり、デザートワインにぴったりでした。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/02/24(火) 21:16:55

やあやあ、これは、ちょりさん お久しぶりでした。

  松島って、けっこう楽しめるんですよ。子供は子供なりに
遊べる所もありますし、酒肴を求めての散策も出来ます。
 むとう屋さんは観光地の酒屋さんながら、お酒に対する
思い入れは、もの凄い物を感じます。いつか、お話を
聞いてみたいなとも思っています。

  牡蠣が終わると、シャコやホッキやウニやサバが
美味しくなります。四季折々の海の幸に恵まれて幸せだと
思うのですが、長く住んでいますと感じなくなるみたいですね。
やはり、色々な意味で旅は必要です。

 今度は暖かい季節にもお出で下さい。また、違った宮城を
お見せします。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/754-63e340a1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。