スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

居酒屋寿寿でサラリ飲み訓練(一番町@仙台)

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

 juju1.jpg
    最近、体のためにも財布のためにも、サラリと飲んでさっと帰る訓練をしなければとしみじみ思い始めております。どっしり腰を落ち着けて、とことん楽しむのもよいものですが、になったりになるまで飲むと、その翌日、翌々日の代償が年々大きくなっています。痛飲を控えなければならないお年頃になっているのに、毎度、飲むほどに若返ってしまいます。^^

 


  サラリ飲みの訓練にはカウンターでの独り飲みから始めるのが良さそうです。立ち飲みも根っ子が生えにくく効果がありそうですが、仙台にはスペインのバルのように料理が美味しくて気軽に楽しめる処がほとんどありません。やはり、宮城は酒処ですから、腰を据えてしっかり飲まないと酒に対して失礼という感覚があるのかも知れません。
 

 

 そんな立ち飲み風カウンター(椅子あり)がありながら、バルと日本の居酒屋の雰囲気を上手い具合に融合させているのが居酒屋寿寿さんです。さくら野裏の細い路地にあるバルオッジ・ドマーニさんの姉妹店ですね。すなわち、アントレッフェンさんやビスク・オレンジさんをはじめ、種々の飲食店を経営する株式会社コンセプションさんのグループで、一番新しいお店です。(2007年1月オープン)

 

 

 

 


 

 

 

 

  タワービルと東一番丁の間にある居酒屋寿寿さんです。冬は温室のようにビニールのカーテンで締め切っていますが、暖かい季節は開放的に道路際まで簡易テーブルが並べられ、ガード下の焼鳥屋さんのような光景が見られます。
juju2.jpg juju3.jpg
 ビールケースの即席テーブルエリアの奥にはバル風カウンター席があります。そして、さらにその奥には30人が収容できるオープンキッチンのテーブル席が隠し部屋のようにあります。つまり、場末の飲み屋からレストラン風パブまで揃った楽しいお店なんです。暖かい季節のオープンなお店の時は通りに面したテーブル席にはサラリーマンが多いのですが、メッシュの入ったビニールカーテンに覆われると俄然、女性客が増えるような気がします。

 

 


 


 


 

 

 本日はサラリ飲みの訓練なので、もちろんカウンター席にサラリと腰掛けます。
juju4.jpg
 カウンターの中は洋酒も並びバル的気配も感じられますが、カウンターの上に下げられた商札には本日の刺身、お浸し、豆腐なんかもあり、まさに居酒屋さんですね。

 

 

 

 


 

 

 

 このお店の顔となっているのが、この緑色のタイル張りの大釜です。カウンターの角にどんと鎮座しています。
juju5.jpg juju6.jpg
 周りにはコップのロウソクが火を点し、まるで大釜様を祀っているようでもあり、神秘的な空気が漂います。この大釜様にかけられている大鍋にはこの店の名物であるもつ煮込みがぐつぐつと煮えています。

 

 

 

 

 


 

 

 

 カウンターの上にはタパス(小皿)が積んであってバル風ですが、割り箸が思いっきりド和風を主張しています。まずは、ハートランド樽生500円で喉を潤します。そうそう、カウンターはキャッシュオン制となっています。
juju7.jpg juju8.jpg
 アメリカのパブやバーに見られるキャッシュ・オン・デリバリー方式ですね。注文ごとに精算するシステムです。いちいち財布から出すのは面倒なので通常はカウンターにお金を置いておくグラスや皿があることが多いですね。本日、使う分を最初に出しておき、そこから支払ってお釣りもそこへというのが合理的で、飲み過ぎの心配もなく、サラリ飲みには最適です。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 やはり、こちらの名物大釜様で煮込まれた辛口もつ煮込み400円は外せませんね。半熟卵100円を乗せてもらって、味の変化も楽しみます。
juju9.jpg 
 大釜様の横で厳かに頂きます。どうだ、旨かろうと語りかけてきそうです。^^ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 さすがに人気のもつ煮込みです。輪切りの鷹の爪がちらほら入っているのでピリピリと刺激的で、濃厚な味には西洋料理の技も感じます。
juju10.jpg 
 ボリュームもあって、これで400円は良心的です。そういえば、仙台のニューウェーブ系居酒屋さんはどこも煮込みが美味しいですね。仙台の居酒屋さんでは美味しい煮込みが繁盛するための必須アイテムなんでしょうか。

 

 


  

 

 

 

 

 

 数あるもつ煮込みの中でも、寿寿さんの煮込みはちょっと違う。もつ山の中からトリッパ(はちのす)を発見しましたよ。
juju11.jpg 
 
 イタリアやフランスではよく煮込み料理で使われる牛の第二胃ですね。 表面の網目構造が特徴的です。日本の居酒屋さんではあまりお目にかかれない食材ですが、レストラングループならではの欧風もつ煮込みです。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 続いて、流行の角のハイボール500円に切り替え、串物を焼いてもらいます。豚トロ串250円と比内地鶏の白レバー串300円です。
juju12.jpg 
 豚トロは塩で焼いてあり、添えてあるマスタードで食べると想定外の美味しさ。タレで焼いた比内地鶏の白レバーは思ったよりもぱさついた感じでした。串焼きはラムや猪、イベリコ豚に比内地鶏など種々ありますが、物が良いので野菜串以外は一串200円~500円します。それに比べるともつ煮込みの400円はお値打ちですね。

 

 

 

 

 


 

 

 だんだん良い気分になってきましたが、飲み続けたい欲望をぐっと抑えて切り上げます。西洋料理の基礎ができた料理人の作る居酒屋料理はどれも美味しくて洒落ています。刺身や自家製卵豆腐なんかも食べてみたかったのですが、後ろ髪を引かれる思いで寿寿さんを後にしました。精算が済んでいるので、「はい、ごちそうさま。」と帰りざまはスマートですね。店員さんが通りまで見送りに出て、キャンデーを渡してくれました。呑兵衛にキャンデーは似合いませんが、このようなちょっとした心遣いは嬉しくなります。

 

 


 これからやって来る本格的な雇用危機と経済不況、リーダーを失ったこの国では何が起きるかわかりません。少ない支出でたっぷり楽しむサラリ飲みは、この局面を迎える呑兵衛の対処法として習得しておいた方が良さそうです。結果として、体と財布の健康は守られることにもなりますので。ただ、呑兵衛がことごとく家で飲むようになると雇用情勢はますます悪化するでしょうね。そうです。呑兵衛雇用対策にも貢献しているのです。^^

 

 


 

寿寿さんはクーポン持参で様々なサービスがあります。

 

 

 

 

 


 居酒屋 寿寿 http://www.conception-gp.com/joujou/index.html 

 

 

  • 所在地:仙台市青葉区一番町4-5-2 第2むさしビル 1F  
  • 電 話 :022-721-9202 
  • 営業時間:17:00~翌2:00 
  • 定休日 :無休(年末年始のみ休み) 
  • 駐車場 : なし 

 

 

 

 

 


 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/03/12(木) 13:09:29

師匠の取り組み大賛成…
なぜなら健康診断の結果が昨日きまして
r-GTPが判定2という結果でした
BMI は正常値でしたけどね(笑)

サラリと飲んでさっと帰る訓練 私もみぎーならえ!

風写

URL | [ 編集 ] 2009/03/12(木) 22:03:05

おばんです
サラリ呑みですかぁ
大人です。

私は一人で呑みに行くことがまず無いので、なかなか真似が出来ませんが、近所の魚屋さんやスーパーで地場経済には貢献しているつもりです、はい。

煮込み、美味しそうですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/03/13(金) 06:49:32

  >びーえむあいさん

 r-GTP、、、行ってしまいましたか。
でも、酒を抑えれば、すぐ回復しますよ。

 私なんか、毎回、3種目1次予選通過です。^^
どれも境界値ですが、ぼちぼち何かが出てくるでしょう。

 今年から少し、健康も考えたブログにしようかとも。。。。



  >風写さん

 独り飲みは、つまらないですね。
だから、長居をしない。そう考えるしかないですね。

 もちろん、仲間との結束固めの飲み会を拒否するわけ
ではありません。

 ここの煮込み、gooでした。きっと気にいると思いますよ。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/03/13(金) 15:28:25

独り飲み、私は割と好きですよ。
カウンターで親方(マスター?)とお話したり、
知らない同士で仲良くなったり。
結果、ぜんぜんサラリ飲みにならなかったりして。^^;

立ち飲みは駅前のオッジドマーニしか経験がないので
いつかコチラにもカウンター攻撃したいです。
トリッパの煮込みも食べてみたいし。ムズムズ。

あっそうだ、ついに「置賜屋」行ってきましたよ。
ハッキリいって、好みでした!!! なんか嬉しい。

unico

URL | [ 編集 ] 2009/03/13(金) 18:29:41

立ち飲み、ちょっと飲み推奨派です。バルで気軽に飲める雰囲気が良いですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/03/14(土) 07:48:33

庄内人さん おはようございます。

 サラリ飲みもあまりサラリだと、家に着くまで
すっかり覚めて、また飲みたくなるので危険です。^^

 日本人は基本的に立ち飲みが苦手な人種かも知れません。
立ち食い蕎麦くらいの所要時間が精一杯で、だんだん
座りたくなってくるんですね。

 他のメニューは高めですが、煮込みはお薦めです。
ピリピリ辛くて酒が進みます。これも困った。

 置賜屋さんは米沢らーめんということですが、米沢で
らーめん店巡りをしたことがないので、米沢らーめんの
スタンダードがよく分かりません。暖かくなったら、七ヶ宿の
蕎麦と組み合わせて行ってみたいです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/03/14(土) 07:58:11

unicoさん おはようございます。

 バスの雰囲気は大好きなんですが、日本では
立ち飲みスペースが控えめですね。立ち飲みスペース
だけの店は駅の構内などでしか流行らないのでしょうか。

 それと、日本人の大部分は酔って気持ちよくなるために
酒を飲みますので、立ち飲み≒サラリ飲みが得意ではない
のでしょう。親友のイタリア人が「日本人は勤勉だから
仕事でストレスを溜めやすい、だから、酔っ払っても仕方ない。」
と大目に見てくれます。仕事を適当にやれば、サラリ飲みも
簡単に出来るのかも。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/771-3089c6db
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。