スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【秋田県横手市】ふるさと村で秋田土産

カテゴリー: 紹介:加工食品・調味料

akitamiyage1
   前記事に続きまして、秋田県横手市にある秋田ふるさと村で美味しいものを探索しています。もう、お腹はいっぱいなので、お土産の探索です。こちらには秋田の物産販売店が多数入っていますので、ゆっくり見て歩くのが楽しみなんです。ふるさと村は入場無料ですが、特設展示や併設のスペーシアやワンダーキャッスルは入場料が必要です(詳しくはこちらで)。
 

 

 


 

 

 

 

 広い物産販売コーナーで人の海を泳いでいますと、秋田市の名物菓子である金萬を見つけました。
akitamiyage2 akitamiyage3
 小さな今川焼のような形の饅頭で、白あんがぎっしり詰まっています。これはご近所へのお土産にしようと思います。

 

 

 


 

 

 

 

 こんな素敵な工芸品を見つけました。
akitamiyage4
 姫神工芸さんの竹細工です。チョコエッグの生き物フィギュアを思い出しますね。^^

 

 

 


 

 

 

 

 

 横手市の地酒の販促が行われていました。大納川で有名な備前酒造本店さんです。
akitamiyage5 akitamiyage6

 試飲を進めてくれるのですが、このあと運転がありますので泣く泣く諦めます。細君も運転出来るのですが、混んでる自動車道の経験がないもので・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 ちなみに秋田県南部の地酒はこのようなラインナップになるそうです。
akitamiyage6-1
 正直、ほとんどわかりません。日本酒通の風写さんやなおさんなら知っているお酒もあるのでしょうが・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 お薦めの初しぼり、非加熱の生酒とのこと、味見は出来ませんでしたが、美味しそうなので1本購入しました。
akitamiyage7 akitamiyage8
 それと、アルコール度数18~19度というもの気に入りました。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 さて、酒はよし、次は肴です。目を@@にして歩きまわり、ご機嫌な逸品を発見。男鹿の名物はたはたのいずしです。
akitamiyage9
 これは美味しそうです。いずしは昨冬にずいぶん作りました(作り方はこちら)が、はたはたのは初めてなので嬉しいなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 何といってもはたはたは魚のですからね。^^
akitamiyage10 akitamiyage11
 300g1050円はちょとよいお値段ですが、秋田ならではの味です。秋田の酒でじっくり味わいましょう。この他にビン詰めのホタルイカや白魚の塩辛に気が引かれたのですが、製造場所が岩手県だったので、遠慮しました。これらは、今度岩手で買うことにします。ただ、岩手でホタルイカが獲れたかな?

 

 


 

 

 


 

 

 

 さっそく、家に着いて、一風呂浴びてから、秋田の珍味で秋田の地酒を楽しみます。はたはたいずしは見るからに美味しそうですね。
akitamiyage12
 いずしは取扱いがまずいとよく食中毒が起きますので、お店では保冷剤を付けて包装してくれました。家に着いても解けてなかったので安心しました。これからのシーズンはアイスボックス持参で出かけないといけませんね。

 

 


 

 

 

 

 

 秋田の酒に秋田の肴が合わないはずがありません。
akitamiyage13
 ほどよい運転疲れと酔いが回って、2合ほどで眠気が襲ってきました。 生酒は少し甘めでしたが、ふんわりしていながら、すこしとろみを感じるようでいずしには良くあってくれました。考えてみると、米の発酵食品同士なので当然どんぴしゃりですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 秋田県でも宮城に近い横手市へのショートツアーでしたが、充実した内容となりました。横手焼きそばに始まり、十文字ラーメン、それに念願のババヘラ・アイスにも遭遇できて、地酒はたはたのいずしで酔いながらの旅の回顧・・・今晩はよく眠れそうです。^^ みちのくの食を扱うと公言していながら、なかなか秋田県や青森県に足を運ぶことができませんでした。少しずつ北東北にも美味しさ求めて歩き回りたいと思います。

 

 

 

 

秋田ふるさと村  http://www.akitafurusatomura.co.jp/


  • 所在地  :秋田県横手市赤坂字富ケ沢62-46   
  • 電話        :0182-33-8800 
  • 営業時間 :9:30~17:00 
  • 定休日    :本年度は1月12日~21日
  • 駐車場    :あり

 


 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

風写

URL | [ 編集 ] 2009/05/18(月) 08:48:44

日本酒通ではありませんが、日本酒好きなので、コメントします。

高清水と両関は言わずと知れた全国区ですね。
八重寿と言うのは、たぶん安かったからでしょう、大昔、父@東京の愛飲酒でした。

刈穂と、まんさくの花は仙台でも良く見かけますね。
福小町は近所の酒屋さんにいつも置いてあって、美味しいです。

先日の秋田ツアーで初めて飲んだのが、天の戸。
帰りに買ってきたけどまだ呑んでいないのが、秀よし。
http://pub.ne.jp/windpower/?entry_id=2134349
庄内人さんが美味しかったと言っているのが、館の井。

新鮮できちんと保存してあるお酒を買うのがいいと思います。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/05/18(月) 21:14:06

  風写さん 流石ですね~。^^

 よく知っていらっしゃる。日本酒は日本人の命である
米から作られる日本独自の酒であり、もっと、勉強しなければ
いけないと思うのですが、焼酎もワインも美味しくて。。。^^

 でも、国内を旅する時には、行った先々の地酒を飲むように
しています。特にみちのくや越後は本醸造以上の生産割合が高く、
美味しいお酒が多いのが魅力ですね。恩恵に被るように致しましょう。



庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/05/18(月) 22:12:16

美味しかったと言った本人から補足。
館の井の中でも特に「たてのい」は、良い酒です!
そして更に声を大にして言いたいのは、
そんな良い酒を醸造していた蔵が
昨年、廃業せざるを得なかったこと・・・。

みなさん、良い酒を無くさないよう応援しましょう!!!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/05/19(火) 04:50:59

 庄内人さん 情報提供ありがとうございます。

 美味しいお酒を造っていた蔵元が廃業とはショックです。
何故だろうと東京辺りでの評判を調べてみると、確かに
良いんです。詳しい方々がみなベタ褒めです。特にひらがなの
「たてのい」は。では何故と、さらに突っ込むと、このような推測を
されている方を発見しました。

 こちらには「たてのい」のラベルもアップしてあります。

http://blogs.yahoo.co.jp/qoopontan2/15126079.html
*************************
 沼館酒造さんは生き残りには首都圏で特定名称酒を売る
しかない、と戦略を転換した際、周囲の人に 「銘柄名が
『館の井』では読めない人もいる。『やかたのい』と読まれて
は知名度アップにも支障がある」 と言われて、ラベルの銘柄
をひらがなの「たてのい」に変えたんですよ。
 ところが、見てくださいこのラベル。 達筆すぎて「の」が読
めないんですよ、多くの人が。 このため、「たて思い」と読む
人が続出した、という笑うに笑えない話もあるんです。
 そんなことも影響したんですね、きっと。
*************************

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/05/19(火) 12:12:55

むむむ…なるほど。確かに、銘柄名のインパクトや読みやすさも
大事な要素といえそうですね。
でも、日本酒って、読み方が難しい銘柄の方が多い位でしょ。
(お相撲さんの「四股名」みたいなもの?)
そういう世界が個人的にはキライじゃないです。
むしろ、ネーミングと味わいの関係を自分なりにアレコレ考えたりするのも
オサケを楽しむ要素の一つかなと思っています。

余談ですが・・ここで、読み間違いシリーズ!!
私の妹の代表作 「イヌイシンイチ」 → 乾坤一
女友達メグの代表作 「さけのみかっぱ」 → 酒呑童子

かくいう私も、長いこと間違っていたものが2つ。
日高見の「ひたかみ」、浦霞の「うらかすみ」、
若い頃はどちらも濁って(ひだかみ、うらがすみ)と読んでました。。。

風写

URL | [ 編集 ] 2009/05/19(火) 19:47:13

庄内人さん
これって私用に用意しておいたボケですね

さすが濁り酒が好きな庄内人さん
昔は酒は濁っていてはいけなかったのです

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/05/19(火) 21:43:15

  庄内人さん おばんです。

 有名になる前の駆け出しの頃によほどインパクトが
ない物は、お酒だろうが食材だろうが、名前が覚えにくい
ことは、かなり不利だと思いますよ。

 要するに第三者に正確に伝えることができないので、
口コミ効果が効かなくなります。

 「こないだ飲んだよ、たて思いっつぅ酒が、うめぇのなんのって。」
 「ほだかぁ、なば、おらも飲んでみるべ。」
       ・
       ・
 「もうし、たて思いっつぅ酒あるべか?」
 「なにす?しゃねぇな、そないな酒。」

 てな事態もあったかも。しかも筆談も通じない状況でしょうし。
もの凄く実力ある人間が、アピール下手で冷や飯食っている
こともよくありますね。






 子供の頃、月極駐車場は街中にいくつもあるので、月極(げっきょく)さん
という京都の金持ちが経営しているものと信じていました。いやホンマ

 あと、、、、うさぎ美味し、彼の山~。。。

 











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/824-61c8a0cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。