スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【利府町】りふレ横丁ひこばえのなかおち丼

カテゴリー: 外食:丼・オーバーライス

hiokbae1.jpg
  昨年(2008年)の12月、利府駅のすぐ横に屋台村ができました。りふレ横丁という飲食店が並んだ小さな横丁です。面白そうなので2月に行ってきました(その時の記事)が、昼食時に開いているお店が2軒しかなく、しかも屋台もまだ全部埋まっていませんでした。3月中旬には全部が埋まり本格稼働するとのことだったので、久々に様子を見てきました。

 

 

 

 
 

 

 

 今年の冬とは違って、活気が出てきたりふレ横丁。新たに中国家庭料理海鮮料理のお店が加わったそうです。
hikobae2.jpg hiokbae3.jpg
 平日の昼時なのですが、やはり、人通りが少ないのが気になります。東北本線の支線である利府線のターミナルという立地が不利なのでしょうか。利府町内にお住まいの仙台勤めの方々が仕事帰りに、ちょっと一杯という感じで立ち寄ってくれると嬉しいですね。それとも、宮スタでイベントがある日には賑わうのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 遅れてオープンしたした二つのお店のどちらに入るか迷ったのですが、なかおち丼600円の文字に引っぱられました。ひこばえさんという海鮮料理のお店です。
hiokbae5.jpg hiokbae4.jpg
 ひこばえの意味ですが、切り株から生えてくる芽のことですね。森は海の恋人でお馴染みの牡蠣の森を慕う会が植林している室根町矢越山の一角もひこばえの森と命名されていましたね。関係ないと思いますが・・・。

 

 

 

 


 

 

 ひこばえさんでは海の幸だけではなく、ご主人自らがとってきた山菜なども食べさせてくれます。
hiokbae6-1.jpg
 お値打ちのベガルタ(晩酌)セット1600円には3品も付きます。飲みにも来たいのですが、電車となるとそれなりの心構えが必要ですね。宮スタで何かイベントがある時に電車で行って、帰りに飲んでみましょうか。

 

 

 

 

 


 

 

 ご主人の佐藤鉄次郎さんと意気投合してしまい、食べ物談義のみならず、開店に至る経緯まで伺ってしまいました。
hiokbae7-1.jpg
 佐藤さんは本吉町のご出身で、実家は漁業を営んでいるそうです。ご自身も若い頃は漁を手伝っていたそうです。その後、勤め人となりましたが、趣味の料理はますます高じるばかり。定年退職を機に、このりふレ横丁で腕を振るってみることにしたそうです。魚の知識は漁家育ちなので筋金入り、山菜やキノコにも相当造詣が深く、マニアックなものも食べられそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 さて、お目当てのなかおち丼600円です。副菜や味噌汁にフルーツまでついてこのお値段です。頑張っていますよね。
hiokbae8.jpg
 マグロの中落ちは塩釜仲卸市場のお店と契約して安定的に供給してもらっているとのこと。

 

 

 

 


 

 

 

 この美味しそうななかおち。ご飯にたっぷり乗っています。
hiokbae9.jpg
 仕入れた中落ちもそのまま使うのではなく、ご主人がカシラ(頭の身)などをブレンドしているそうです。山葵醤油をかけながら掻き込むのが美味しいんですよね。

 

 

 


 

 

 

 香の物に浅漬けと味噌汁にデザートです。
hiokbae10.jpg hiokbae11.jpg hiokbae12.jpg
 デザートには最近流行のニュージーランド産ゴールデンキウイでした。

 

 

 

 

 

 


 これは、話が盛り上がったのでサービスで付けて頂いた小鉢です。
hiokbae13.jpg
 
ベビーホタテのマリネですね。和食だけではなく、こういうのもこなすのですね。

 

 

 

 

 

 


 まだ、オープンから1年を経過していないりふレ横丁、今後の繁盛が期待されるところですが、この利府駅の性格や立地の面から平日の昼時に人通りが少ないのは仕方がないかもしれません。駐車場は駅前くらいしかありませんが、利府街道に近いので車で移動する営業マンにももっと利用してもらいたいものです。利府の新名所としてオープンした割には宣伝が少ないように思えます。今回、伺った魚料理のひこばえさんの他にも、ラーメン、中国家庭料理、コナモン(たこ焼きやお好み焼き)、焼き鳥やホルモン焼き、おでんやうどん等が食べられるお店があり、ランチ夜の部も美味しさ満載です。是非、一度食べに来て、この新横丁で存分に楽しんでみて下さい。

 

 

 

 

 

海鮮料理ひこばえ


  • 所在地  :宮城郡利府町中央1-5-2 りふレ横丁
  • 電話        :090-2989-0822
  • 営業時間 :11:30~22:30(ランチタイムは14:00まで)
  • 定休日    :水曜日
  • 駐車場    :駅前もしくは周辺の空き地 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ベガサポ

URL | [ 編集 ] 2009/06/11(木) 15:41:51

此処の焼き鳥やさんで「ベガ勝ち試合」の時は偶に仲間と一杯遣るんですけど帰りの電車時間気に為り何時もソワソワなんですよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 07:09:44

 ベガサポ先輩 おはようございます。

 お、こちらの横丁をご存じでしたか。
皆さんにもベガ戦の折りは是非電車で
来て頂いて、勝っても負けても帰りは
この横丁で祝勝会と反省会をやって
頂きたいと思います。

 この企画がぽしゃったら空洞化する
駅前や地域の活性化対策にマイナスですね。
私も今度は電車で行ってみます。


風写

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 08:57:56

サエモンさん
おはようございます

もうすぐユアスタの芝改修が終了なんです。
観戦する人も取材中継する人もずいぶん楽になります。
でも利府の皆さんには残念。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/12(金) 19:41:24

  風写さん おばんです。

 明日運転があるので、寄り道しないで帰ってきました。^^
あ、そうなんだ。そうすると、宮スタの稼働率は半減するのですか。
それは痛いですね。

 利府のしらかし台や菅谷の住宅地は駅から歩いて帰れる
距離になく、駅前で軽く一杯やって帰る人は少ないのかも
知れません。

 何か良い方法はないでしょうかねぇ。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/839-c4335915
安い、うまい 利府駅前に活気屋台村「りふレ横丁」(河北新報)
■河北新報 東北のニュース/「安い、うまい」利府駅前に活気屋台村「りふレ横丁」 「仕事帰りにちょっと寄り道」。宮城県利府町のJR東北線利府駅前に昨年12月オープンした屋台村「りふレ横丁」がにぎわっている。  この「りふレ横丁」に塩竈を売りにしたお店があるそ
2009/06/25(木) 19:00:06 | 塩竈で暮らす。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。