スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

白石温麺を冷やして頂きます

カテゴリー: 料理:麺類

umen1.1.jpg 以前、白石温麺(うーめん)をご紹介しましたが、まだ、寒い季節だったので温かい汁麺を作りました。最近は晴れると夏を思わせる日差しの日もあり、よく冷やした温麺が最高に美味しく感じます。


 冷やした温麺、、、文字だけ見ていると違和感がありますね。 温麺は宮城県白石市の特産で素麺の一種ですが、粉を練る工程で油を使わず、10cm程度に短く切りそろえて束ねてあるのが特徴です。一束がちょうど100gで一人前です。茹でた温麺は冷水でよく洗い、水気を切ります。
 

 

 今日のお昼は天ぷらざる温麺です。
hiyaumen1.jpg

 つけたれは、鰹節と昆布でとった出汁とかえしで作った麺つゆ(右)と胡麻だれ(左)の2種類を用意しました。
hiyaumen3.jpg
  麺つゆはそば用より甘みを抑え、味も薄めにします。温麺は短いので汁がよく着きますので。胡麻だれは煎った白胡麻を擂り鉢でよく擂り、上記の麺つゆで伸ばした物です。

 

  天ぷらは水菜と人参のかき揚げ、舞茸・蓮根の精進揚げ、後ろの添えてあるのは阿部善のきんぴら揚げ(薩摩揚げ)です。
hiyaumen4.jpg
 実は、天ぷらは昨夜の余り物で、きんぴら揚げと一緒にオーブンで温めました。でも休日のブランチには十分すぎる馳走です。

 

 

 美味しい麺つゆさえ作ってあれば、10分で食べられるざる温麺は、さっぱりしていてこれからの暑い日に最適ですよ。

 

 

  ← 頑張ってます。こちらもよろしくお願いします。

 


 ▼ お買い求めは、こちらの検索ボックスに「白石温麺」を入力して下さい。
   様々な温麺が販売されてます。

 

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/84-2b1c1b4d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。