スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

釣りシロメバルで清蒸魚

カテゴリー: 料理:釣り魚

 毎年、6月になりますと仙台湾メバルも水深10mくらいの浅場にもやってきます。食欲も旺盛で群れに当たれば、好釣に恵まれます。しかも、も乗って、食べても美味しく、良いこと尽くめ。考えているうちに、メバルが食べたくて居ても立ってもいられなくなり、週末を待って仙台湾に飛び出しました。^^

 

 

 

 

 

 メバル釣りは魚探で群れを探すことから始まります。
musimebaru2.jpg musimebaru1.jpg
 大きな群れはまだ来ていないようですが、海底から1mくらいの所にポツポツと反応が現れます。それを目掛けて、はやる心を抑えながら仕掛けを投入です。

 

 

 


 

 

 

 

 

 苦戦しつつも何とかおかずになるくらいは釣れました。メバルの名は目張るから来ているとのことです。
musimebaru3.jpg
 大きな目と丸い体形が可愛いメバルです。メバル釣りに関しては、七ヶ浜のセブン師匠にずいぶん教えを乞いました。ですから、私は口が裂けても他の釣り仲間のようにずずぃとは呼ばないのです。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 メバルに関して最近ちょっと気になることがあります。それは、昨年(2008年8月)、今まで1種類だったメバルアカメバルクロメバルシロメバルの3種類に分けられたことです(詳しくはこちら)。
musimebaru4.jpg
 この日、釣ってきた仙台湾のメバルは一体3種類のうちのどれなんでしょう。胸鰭の条数が異なるようなので料理する前に切り取って紙に貼り付けておきます。胸鰭鰭条数はアカメバル が15本クロメバルが16本シロメバル が17本とのことです。

 

 

 

 

 

 慎重に鰭条数を数えましたところ、どれも17本でした。ということはシロメバルということになりますが、実際の体色を見ると、シロメバルというネーミングには違和感がありますね。musimebaru4-1.jpg
 仙台湾にも赤っぽいのから黒いメバルまで様々いますが、沖で釣れるのはシロメバルだったんですね。茶褐色のメバルはよく海岸近くの藻場で釣れますが、あれがアカメバルなのでしょうか。今度、手に入ったら調べてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 メバルの正体がわかったところで、料理を続けます。今日はシロメバル清蒸魚を作ります。
musimebaru5.jpg
 清蒸魚とは、中国は上海風の酒蒸しで蒸し上がった魚に熱した香味油をジャーッとかける例のあれです。醤油や砂糖を使った濃い味の料理に対して塩味の蒸し物なので清蒸と呼びます。鱗と内臓を取ったメバルには食べやすいように身に切れ目を入れています。胸鰭がないのは件の通りです。^^

 

 

 


 

 

 

 

 

 メバルには塩を振って下味を付け、酒を振り掛けてから、長葱(葉の部分)と生姜を散らして蒸し上げます。
musimebaru6.jpg
 蒸し時間はお湯さえ沸騰していれば、10分くらいでしょうか。切れ目も入っていますので比較的早く火が通ります。
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蒸し上がったメバルです。このままでも美味しそうですが、ここからが中国料理の凄いところ。
musimebaru17.jpg
 香り付けの長葱と生姜は取り出しておきます。メバルの下にはスープが溜まっていますが、これは、他の器に取り出しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 蒸し上がったメバルの上に長葱の細切りと香菜替わりの芹を散らします。葱は白髪だと、後でぺなぺなになってしまいます。
musimebaru8.jpg
 ちょうど香菜が端境期で枯れてしまったので、庭の池に生えている芹を使いました。三つ葉でもよいかも知れません。

 

 

 


 

 

 

 

 

 落花生油を沸かして葱と生姜と大葉の香りを移します。
musimebaru9.jpg
 落花生油がなければサラダ油でも仕方がないのですが、一度、落花生油を使いますと、その軽さと香りの虜になりますよ。^^ 近所で見当たらない時はこちらをご参考に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最後の演出です。メバルに醤油を少々振りかけ、沸騰した香味油をジャジャーッとかけていきます。
musimebaru10.jpg
 炸裂音と舞い上がる水蒸気が凄いのですが、写真ではあまり迫力がありませんね。よく食卓でやっている映像を見ることがありますが、油が飛び散って飛んでもないことにます。キッチンでも回りに新聞紙を貼り巡らして完全武装で仕上げます。^^

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 食卓に運んで頂きましょう。皿も油で滑りますのでご注意下さい。
musimebaru11.jpg
 熱々のメバルから香ばしい香りが立ち上っています。食欲中枢のボルテージが一気に上昇しますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 旬のメバル清蒸魚、美味くないはずがありません。香ばしさも加わった酒蒸しメバルは思わず笑みがこぼれる美味しさです。ホックホクの白身も春先と違ってグッと味が濃くなってます。
musimebaru12.jpg
 酒蒸しした魚に熱した油をかけるという発想は日本料理では出てこないでしょうね。中国料理の歴史の重みを感じます。

 

 

 

 

 

 

 旬のメバルを食べたくて、釣りに行ってきましたが、狙い通りに釣れて高い満足感が得られました。さらに、そのメバルで作った清蒸魚も家族に大好評でさらに大満足。早朝から夜まで動き尽くめですが、充実した週末を過ごした週明けは気分よく仕事が出来るものです。釣りは本当に楽しいですよ。一石三鳥くらいの薬効があります。^^  海から学ぶ物も多いですしね。

 

 

 

 


 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

壽丸

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 07:33:31

メバル、「ずずぃ」からは不調と聞いていましたがバッチリでしたね。
いいなぁ。今年、僕、まだ2回しか出てませんよ。こんなの初めて。
今週末はサバを探しに行く予定ですが・・・

蒸し物もいいですねぇ。仙台湾のメバルが白とは驚きでした。

abukamo

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 11:16:28

さっそく遊びに来ました。^^
すごいブログですね~。まさに美味究真。カラスミにすっかりやられました。
サンマの胡麻漬け丼のところを見ただけで、サエモンさんの料理の知識
の広さ、深さが九州人の私にはよくわかります。
ほんとにお詳しいですね~。
サンマのラビオリやらパン粉焼きなどは他の魚でも代用できそうですね。
近いうちに真似させていただきます。^^

ピーナツオイルで清蒸魚はうちでもよくやりますが、生姜やネギで
香味油にするとは。こんなこと考えたこともありませんでした。
これ、ほかの料理にも使えそうですね。
そして、このメバルの身のおいしそうなこと!
やわらかくてジューシーでほろっとしてるのが画像見てわかります。
魚好きにはたまりません。
また遊びに来ます。今後ともよろしくお願いします。^^

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 11:23:27

すごく美味しそうですねえ!ミョーに白身魚が食べたくなりました^^

魚ではないけど、ウチではたまにサッと茹でた野菜に
油をジャーッと回しかけて食べますよ。
油の中に細かく刻んだ生姜・ニンニク・ネギを入れて、
ちょこっと醤油もいれちゃうんです。

いままでで一番おいしかったのは、青梗菜。
やっぱり中国の野菜が合うのかな。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 21:02:31

  壽丸さん こんばんは。

 なんか、色々巡って、また再開てな感じですね。^^
セブン師匠の不調は箱単位のレベルでしょうから、私の
釣果など小指の先にもならないでしょう。

 サバ、、、食べたいですよね。でも、数年前に発生した
卓越年級群も大体峠を過ぎましたから、しばらく、状況は
悪い見込みです。あとは、海況次第で残りの群れが仙台湾
に入ることを祈るばかりです。

 釣れたら教えてね。。。ジグを磨いて待ってます。^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 21:04:52

abukamoさん ようこそ、いっらっしゃいました。

 いやいや、お恥ずかしい限りです。下手の横好きで
ここまで来てしまいました。^^ お金をかけずに身の
回りの美味しいものを再発見しようと努力しています。

 あぶってかものような、ローカル珍味も大好きです。
これが真空パックになって、全国で買えるようになったら
お終いです。美味しいものはその土地の空気とともに食う
のが大切だと思っています。

 油には脂溶性の香りは素直に入ってくれますので、
使い道が広いですよ。葱油などは麺類に最適です。
ただ、油は加熱するたびに酸化しますので、高温での
繰り返し加熱は禁物ですね。

 お互い釣り好き、魚好き、料理好きですので、今後とも
情報交換よろしくお願い致しますね。  m(..)m

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/24(水) 21:08:34

  おお、庄内人さんもかけ油やってましたか!!

 料理の仕上げに、熱した油の力を借りると仕上がりが
非日常的になりますよね。そうか、温野菜に気合いを
入れるのにも、熱々香味油が使えるんだ。今度、やって
みますね。

 たぶん、カキにも合うと睨んでおり、今年の初牡蠣で
やってみたいと目論んでおりますよ。^^

 松島湾でハゼが釣れ始めました。庄内人さんも
釣り立てハゼの天ぷらを洋上で食べてみませんか?

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/06/25(木) 08:17:07

ハゼ釣りって、一度もやったことがないんですケド
私にも釣れるかなあ。。
教えていただけるなら是非、連れてってくださ~い!!!
実は釣りより、洋上天ぷらに惹かれてたりして・・(^m^)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/06/25(木) 21:07:38

 >庄内人さん

 なぁ~に、餌付けて放り込んでおけば釣れますよ。
壽丸さんの豪艇なら、ご主人、親族一同が乗れるでしょう。
 
 ・・・なんて勝手にね。^^

 今週末から釣り場調査しておきますね。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/844-2cc11439
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。