スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

キュウリの漬け物2品

カテゴリー: 料理:野菜・果物

kyuri09.jpg
 我が家の菜園でもキュウリの収穫が順調に続いております。今年は5株しか植えていませんが、毎朝、食べ頃サイズが4~5本は取ることができます。大体、一家族であれば、これくらいが手頃で、これ以上取れても持て余してしまいます。キュウリはどのように食べても美味しいものですが、古典的な漬け物も作って毎日飽きないようにせっせと食べています。

 

 


 

 

 

 

 キュウリは家庭でも栽培しやすい野菜です。日当たりや風通しが悪いと うどんこ病で葉が白くなることもありましたが、もう、四半世紀作り続けています。^^
kyuri09-0.jpg kyuri09-1.jpg
 朝、採れ立てのキュウリを畑でかじるのも家庭菜園の喜びです。完全な無農薬ですので、安心してポリポリできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初は日本の生んだ伝統的な漬け物、糠(ぬか)漬けです。
kyuri09-2.jpg kyuri09-3.jpg
 昨年末、伝統的な味を家庭でも継承しようと思い立ち、ぬか床を作りました(関連記事)。冬の間は熟成も進んで良い具合で経過していたのですが、暖かくなり始めた頃から、手入れを怠ると表面にカビが生えるようになり、とうとう、異臭を発するようになりましたので廃棄しました。
 

 このぬか床は最近作り直したもので、現在は冷蔵庫の野菜室で管理しています。昔から、ぬか床を長年管理している家は整理整頓ができて家の中もきれいと言われますが、その点からすると、我が家にはぬか漬けは向かないのかも知れません。^^

 

 


 

 

 

 

 

 

 こちらは、まとめて作って冷凍しておいた三五八床です。作り方はこちらをご覧下さい。
kyuri09-4.jpg kyuri09-5.jpg
 三五八漬けはみちのくを代表する漬け物の一種で、塩・麹・蒸米の構成比率が3:5:8であることからそう呼ばれています。端的に言いますと、塩を加えた甘酒で漬け込むものです。麹の香りと甘味が加わった漬け物は奥深い味わいがありますよ。ジップロックのバッグに小分けして使っています。

 


 

 

 

 

 

 

 

 半日ほど漬け込んだキュウリのぬか漬けです。走りの茗荷も添えました。
kyuri09-6.jpg
 私たちの子供の頃は、どこの家庭でもぬか漬けを漬けていたもので、台所が臭くて子供には不快でした。でも、毎日のように食べさせられていると、知らずとこれがないと淋しく思うようになってしまうのです。キャベツやニンジンのぬか漬けも美味しいのですが、キュウリはやはりトップクラスですね。浅漬けとは異なり乳酸発酵の味の深みも加わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらは三五八漬けです。漬け床に刻んで入れていた唐辛子もアクセントに利用します。
kyuri09-7.jpg
 ぬか漬けは違って、甘味が口に広がりますが、すっきりした甘味です。それに麹の味わいも付加されてぬか漬けより香り、味とも勝っているように思えます。

 

 

 


 

 

 

 

 ぬか漬け三五八漬け、、どちらが美味しいかは好みですが、キュウリを様々な味で一夏楽しむには漬け物もバリーションがなくてはなりません。どちらも日本の伝統料理、残していきたい財産なのですが、なかなか現代の家庭で漬け床を管理するのは容易なことではありません。ですから、こうやってたまに料理として楽しむのはどうでしょう。両者とも市販の床の素もありますので、入門に利用してみるのもよいと思います。は全国にありますが、三五八床が見つからない時はこちらをご参考にして下さい。

 

  その他のお薦めキュウリ料理4品こちらです。

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ぱんだ(親)

URL | [ 編集 ] 2009/07/09(木) 06:20:55

サエモン師匠おはようございます♪
我が家のキュウリ、まだ処分に困るほどは採れていないんですが、なにしろ成長が早い野菜ですんで、コンスタントに食べていかないとヘチマになっちゃいますからね、勉強になりました。
我が家の場合、サエモン師匠の漬物の話を嫁さんにすると、「なるほどねぇ、アナタやってみたら」と来ますんで、決算期の今は話すのに躊躇しますが、言ってみます(笑)
いつか、爆発的に採れそうなミニトマトの効率的な食べ方も教えてください^_^;

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/07/09(木) 22:17:57

  ぱんだ(親)さん おばんです。

 このような漬け物だけでなく、キュウリは
様々な食べ方が出来るのが嬉しいですね。
以前にも4品ほど紹介していますので、ご参考に。
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/blog-entry-119.html

 ミニトマトは絶品のつまみになるのですが、我が家で
収穫に入ったら、ご紹介いたしますね。

abukamo

URL | [ 編集 ] 2009/07/10(金) 14:14:36

大変遅くなりましたが、こちらからもリンク張らせていただきました。_o_

まぁなんと立派なキュウリ! 自家栽培良いですね。
味が濃くて、売ってるものとは一味違うことでしょう。
うちはマンションなので、野菜作るとうどんこ病がすごいです。
今年はとうとう茄子もトマトもやりませんでした。
オリーブだけがなぜか豊作で、たくさん実をつけています。

ぬか漬け、とくにキュウリが大好きです。毎年春~夏頃に作って
毎日キュウリを漬けます。茗荷もおいしいですね!
でも、晩秋頃にはぬか床の味の調整がうまくいかなくなり、結局
毎年作り直し、というのを続けています。
ぬか床が長年管理できない人の典型です。^^;;
今年は塩麹で塩分補給しているので、ぬか床は作っていません。
しかし、あの酸味とコクも捨てがたいんですよね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/07/10(金) 22:25:15

abukamoさん こんばんは。

 リンクありがとうございます。なにか強要したようで
恐縮です。

 朝採りキュウリの味は最高ですよ。休日には味噌を
持って畑に立ちます。^^ オリーブ栽培されたのですね。
塩漬け加工の記事も拝見させて頂きました。

 実はオリーブ、大好きなんです。仕事の関係でラテン系
の諸国に何度か行ってますが、お茶替わりにワインとオリーブ
でした。すっかり、これが体にあって、今でも時折、オリーブの
缶詰を買ってます。

 糠漬けも維持が大変ですが、美味しいですよね。何年も
良好なコンディションを保つのは至難の業ですが、気の向いた時に
市販の糠漬けの素で、色々試してみるのもよいことだと思います。
それもなくなれば、日本の家庭から完全に糠漬けが消えてしまい
ますからね。それをきっかけに糠漬けの魅力にはまってくれれば
その家庭は幸せですよ。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/852-65b1c68b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。