スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

新じゃがの炒め煮牡蠣油風味

カテゴリー: 料理:野菜・果物

jaga1.jpg
  かなり遅くなりましたが、菜園の片隅で新じゃがを掘り揚げました。自分でジャガイモを栽培する喜びは、ピンポン球くらいの小芋が沢山取れることです。これを炒め煮にしたのがとても美味しいのです。取れ立ての新じゃがは、皮のまま調理できますよ。

 


 

 

 

 

 

 

 実は今年はジャガイモを植え付ける予定はありませんでした。4月に入ってから、野菜カゴのジャガイモを出して萎びていたので、2個を半分に切って計4株分を菜園の隅に植えておきました。
jaga2.jpg
 通常、宮城県ですと3月中には植え付けて、7月上旬には収穫するのですが、植え付けが遅れたのとちょうどよいタイミングで晴れの日が続かなかったため遅くなりました。土が乾いていない時にジャガイモを収穫すると乾きが悪く、腐らせてしまうことがあるからです。

 

 

 

 

 

 

  たった、2個の萎びたジャガイモがこれくらいになるのですから、笑いが止まりません。
 jaga3.jpg
 やっぱ、食糧不足になったら芋だなぁ。^^ 植え付けた親芋以上の大きさの芋は各株から3個ぐらいしか取れませんが、ピンポン球くらいの小芋は結構ありますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 小芋を集めて、よく洗います。まだ、皮が柔らかいので手荒に扱うとすぐに剥けてしまいます。
jaga4.jpg
 
均一に熱が通るように大きめ芋には包丁で切れ目を入れておきます。これを丼に入れてラップをかけ、レンジで少し硬めに加熱しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

  中華鍋に油を敷き、ニンニクの細々を炒めて香りを出します。続いて、チンした小芋を炒めています。
jaga5.jpg
 味付けは醤油、オイスターソース、好みで味醂少々。仕上げにラー油を少し垂らします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 小芋をよく炒めたら、醤油とオイスターソースを加えて、さらに炒り付けるように炒めていきます。
jaga6.jpg
 水気がなくなり、照りが出てきたら、出来上がりです。中まで味が染み込みませんので、濃いめの味を絡めておきます。

 

 

 

 

 

 

 

  新じゃが炒め煮牡蠣油風味の完成です。ピッカピカの艶が美味しそうです。
jaga7.jpg
 ラー油も最後に垂らしていますので、ピリッとした刺激もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 皮はパリッとしていますが、中は瑞々しい新じゃがです。
jaga8.jpg
 冷めても美味しいし、酒のつまみにもなりますよ。

 

 


 


 

 

  駄目元で植え付けた2個の発芽したジャガイモから一箱分のジャガイモが帰ってきました。市販の植え付け用の親芋でなくても十分収穫できることがわかりました。毎年、春先には食べるのが遅くなったジャガイモ吹いてしまい、たまに捨てることもありましたが、実に勿体ないことをしていたものです。が出る前に食べるのが基本ですが、今度からはが出て萎びてしまったは取っておいて、ある程度まとまったら植え付けることにしましょう。

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/861-e521de5b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。