スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【気仙沼市】ハーモニカの煮付け??

カテゴリー: 料理:買い魚

meka1.jpg
  気仙沼名物ハーモニカをご存知でしょうか。もちろん楽器のハーモニカではありません。この写真のような物体です。これはメカジキの背鰭の付け根の骨と筋肉でヒラメやカレイでいえば縁側に相当するものです。鰭を動かす細長い3種類の筋肉がズラッと並んでおり、この細長い形状をハーモニカに見立てたのか、それとも、漁師さんがこれを両手で持って食らいつく様子がハーモニカ演奏のようだったのか命名の謂われは残念ながらわかりません。

 

 ともあれ、このメカジキハーモニカ。鰭をいつも動かしている筋肉だけに締まっているのですが、脂も多く、また、コラーゲンのプルンとした触感も加わって、得も言われぬ美味さなのです。これを知らない人は、人生損しているなぁと思ってしまうほどです。^^

 

 専ら、煮付けか焼き物で食べますが、漁船の賄い風に保存性の良い玉葱と煮付けたハーモニカは絶品です。気仙沼市内の居酒屋さんでも食べられますが、今回はこのハーモニカをいつも置いている生鮮館やまひろさんで仕入れてきましたので、さっそく玉葱と煮付けてみます。

 

 


 

 

 

 

 

 やまひろさんは気仙沼市街地より国道45号線を5Kmほど南下した最知駅の近くにあります。気仙沼バイパスとの分岐点の500m南、45号線の海側です。
meka2.jpg
 マグロ類はもとより沿岸の小魚も豊富に取りそろえているところが魅力です。鮮魚以外にも冷凍品や調味加工品も多く、気仙沼名物のハーモニカもいつでも買えます。

 

 


 

 

 

 買い求めたハーモニカは40cmほどあります。骨の間に筋肉がきれいに配列されています。
meka4.jpg meka5.jpgmeka3.jpg
   
一方の端っこは、鰭の付け根でカシラ(頭)の身も付いています。ここもまた美味しい部分です。重さは560gですが、たったの492円。通販や他県では700~800円はするのではないでしょうか。

 


 

 

 

 

 

 

 ハーモニカは大きめに切ってむしゃぶりつくのが正統派でしょうが、今日は家族4人が揃っていますので奪い合いにならないように慎重に切り分けます。^^
meka6.jpg
 
 カシラの部分とハーモニカの部分で肉質が異なりますので、ここは仲良くシェアして食べるしかありません。

 


 
  

 

 

 

 日本酒、醤油を水で割った調味液で煮ていきます。甘味は玉葱から出ますので入れません。
meka7.jpg
 玉葱と煮るのが、漁船風ですね。魚の煮物を玉葱の甘さで炊きますと自然な甘さが魚の旨味を邪魔しません。玉葱は半分くらいの大きめに切ります。

 

 

 

 


 

 

 

 炊き上がったハーモニカの煮付け。半日くらい置いて味が染みた方が美味しいですね。
meka8.jpg
 玉葱にもメカジキの旨味が染み込んで、こちらも好い惣菜になります。

 

 


 

 

 

 

 

 これがハーモニカと言われるメカジキの縁側。
meka9.jpg
 気仙沼の味が家庭で食べられるのですから有り難いですね。家族にも以前に作ったことがありますので、待ち構えているはずです。^^

 

 

 

 

 

 

 

 ハーモニカは骨と骨の間の筋肉をほじりながら食べるのが醍醐味です。
meka10.jpg
 鰭をいつも動かしている筋肉ですから、繊維がしっかりしていて、コラーゲンのプリプリ感も味わえます。

 

 

 

 

 

 

 

 一方、こちらは、背鰭の前方、つまり、カシラと言われる後頭部ですが、ここの肉もハーモニカと優劣付けがたく美味しいのです。
meka11.jpg
 マグロもカシラの部分は珍重されますよね。ここの筋肉は他の部分とは違った食感が楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 メカジキカシラは短い筋繊維がぎゅっと押し込められた感じ。
meka12.jpg
 
噛みしめると旨味と脂が滲み出てきます。ハーモニカの細長い筋肉も美味しいけど、このカシラの身も捨てがたいですねぇ。


 

 

 

 

 

 かつてはハーモニカというと、気仙沼でしか食べることが出来なかったのですが、やまひろさんのお陰でこの美味しさを持ち帰ることが出来るようになりました。家庭でも簡単に煮付けることが出来ますので、夏休みに三陸方面にお出かけの折りは是非やまひろさんに立ち寄ってみて下さい。それと夏のドライブはクーラーボックスが必需品ですよ。^^
 
 

 

 


 

 

 生鮮館やまひろ http://www.yamahiro037.jp/index.html

 

 

  • 所在地  :宮城県気仙沼市最知川原70-1
  • 電話        : 0226-27-4513
  • 営業時間 :8:30~19:00(冬期間短縮)
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    :あり

 

 

 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2009/07/26(日) 07:45:30

サエモンさん、おはようございます。

ハーモニカは知りませんでしたが、これは旨そうです。
朝からヤバい記事を読んでしましました。
日本酒が飲みたいです。^^;

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/07/26(日) 20:59:46

 ちょろりさん おばんです。

 メカジキが常に水揚げされるのは宮城でも気仙沼くらい
ですが、売り物になる肉は都会へ行き、ハーモニカなどの
いわゆるアラは地元のご馳走です。

 気仙沼のソールフードとも言えるハーモニカはあざらや
こわだの肝和えより、万人向きと言えましょう。さきほど、
やまひろさんのHPを確認したら、通販は休止中のようで
した。お店に行って購入するしかないようです。

 七夕の最終日には仙台でお会いできますね。年末
以来の再開を祝して、杯を重ねましょう。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/862-aff013c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。