スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

三五八ササミの串焼き

カテゴリー: 料理:肉・卵・乳

sasami358-0.jpg
  前記事でササミの三五八漬けに葛を打って湯引きにしてみましたが、納得のいく出来でした。今回は晩酌のあてように串焼きにしてみました。魚焼きコンロで焼きましたので、を打つ必要はないのですが、をぴっぱりながら酒を飲むのって、なぜか楽しいのです。^^

 

 


 

 

 

 

 毎度お馴染みの三五八床ササミを一晩漬けておきました。
sasami358-1.jpg
 本格的な三五八床の作り方はこちらです。市販の素でしたらこちらをご覧下さい。

 


 

 

 

 

 

 透明感が出て飴色に輝くササミです。三五八床を洗って落とし、串を打ちます。
sasami358-2.jpg
 これまた、魚じゃないんだから、うねり串を打つ必要もないのですが、遊び心と言うことで・・・。

 


 

 

 

 

 

 

 ササミは熱が通りやすいので、弱火で様子を見ながら焼き上げました。
sasami358-3.jpg
 両端が黒く焦げ始めれば、火が通っているでしょう。添え物に三五八漬けのオクラ、茗荷茸、プチトマトです。

 

 

 

 

 

 

 折角、打った串ですが、断面をお見せするために抜きました。
sasami358-5.jpg
 中心部まで熱が通っていますが、三五八漬けにすることにより、ぱさつき感は全くありません。上等なハムのようなしっとりした口触りです。ビールにも、冷酒にも合う経済的なあてですね。しかも、冷めても美味しいので、弁当のおかずにも便利です。

 

 


 

 

 

 

 こちらは三五八の漬け物いろいろ。このところキュウリとナスの収穫が毎日続いており、このような三五八漬けにしてせっせと食べています。
sasami358-7.jpg sasami358-6.jpg
 三五八漬けが続くと、糠漬けの鄙びた味わいが恋しくなりますので、三五八床糠床の二種類を常備しています。糠床は以前腐敗させてしまったので、この季節は三五八床ともども冷蔵庫の野菜室内で管理しています。

 

 


 

 

 

 

 みちのくの伝統食、三五八漬けを色々楽しんでいますが、やはり塩分の摂りすぎは心配です。我が家では塩:麹:飯の割合を2:5:8位に下げて使っています。つまり、三五八漬けではなく、本当は二五八漬けなのですが、名の通った三五八漬けの変化球ですので、三五八としています。塩麹漬けも含めて米麹漬けもしくは麹漬けで括ってしまえばわかり易いのですが、それぞれに伝統もあり、商品も販売されていますから、そう言うわけには行かないのでしょうね。

 

 

  

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/864-be05c12d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。