スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

お盆にはずんだ餅(レシピ)

カテゴリー: 料理:穀・粉類

zunda09-1.jpg
  お盆休みは会社によって違うのでしょうが、今年(2009年)の月遅れのお盆は8月13日夜の迎え火で始まり、16日の送り火までが一般的でしょう。今まで、お盆らしい経験をろくにしないで来てしまいましたので、この歳になってから、世間様の真似ごとをするようになってきました。お盆は祖先の霊を迎え入れる仏事でありますので期間中は食べる物もお精進が基本なんでしょうけど、期間中三食とも精進料理で過ごす人はまずいないでしょう。 そこで我が家でも夜には精進料理を作って、それらしいことをやってます。宮城のお盆と言えばずんだ餅おくずかけですね。お盆直前にこれらの精進料理の作り方を三記事連続でご紹介いたします。第一弾はずんだ餅です。

 

 

 

 

 

 

 

 先日、船頭会のセブン師匠がわざわざ拙宅まで枝豆を届けてくださいました。蔵王高原で育った枝豆だそうです。枝・葉・根付きの取り立てです。ありがとうございます。
zunda09-2.jpg zunda09-3.jpg
 ずんだ餅を作ろうと思っていた矢先だったので、あまりにタイムリー。以心伝心はあるのでしょうか。だとしたら、メヌケとかナメタを思い浮かべてみようかな。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 まずは、莢を枝から外して湯がきます。このまま塩を振れば、ビールのつまみなんですが、グッとこらえて先に進みます。
zunda09-4.jpg
 枝豆ぐらいは地産地消にこだわりたいところですが、面倒な向きには冷凍枝豆も便利ですね。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 本当面倒なのはこれからです。鞘から豆を一つ一つ出しています。なかなか嵩が増えません。それに食べたいという欲求を抑えるのも大変です。^^
zunda09-5.jpg
 以前はさらに薄皮まで取っていたのですが、今日は面倒なのでこのまま擂り潰してみます。口当たりにどのような影響が出るでしょうか。

 

 

 

 
 

 


 

 

 

 

 いつものように、お気に入りのスティックミキサー(ハンディーミキサー)の登場です。どこにもピントが合ってませんね。^^
zunda09-6.jpg
 ミキサーでは量が少なくて撹拌できない時に、このスティックミキサーは威力を発揮します。ミキサーと違って後片付けも楽なのも大きな魅力です。味付けは塩と煮切り味醂を使いますが、甘味はガムシラップでも結構です。白醤油を加えても深い味わいになりますね。

 

 

 

 


 

 

 

 

 最初は少し飛び散りますが、押し付けるようにしながら、枝豆を潰していきます。
zunda09-7.jpg
 回転するカッターの刃はホルダーでガードされていますので容器に接することはありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 あらまし潰れましたら、煮切り味醂やガムシラップを加えて伸ばしていきます。
zunda09-8.jpg
 甘さはお好みですが、私は甘さを抑えて少し塩分を感じるくらいの味にしています。これくらいのトロトロの状態が餅に絡んで美味しく頂けます。

 

 


 

 

 


 

 

 

 今日は白玉団子ずんだ餡をかけて頂きます。
zunda09-9.jpg
 白玉団子は餅米の粉である白玉粉を水で練り、耳たぶくらいの硬さになったら丸めて熱湯に入れ、浮いてきたら出来上がりです。切り餅を使う場合は、レンジでチンして、熱湯に潜らせてから、擂りこ木で突き、一口サイズに丸めます。

 

 


 

 

 


 

 

 

 自分で作った ずんだ餡は枝豆の香りが強く、豆を食べている実感があります。それに甘さも好みに調整できます。
zunda09-10.jpg
 今回は枝豆の薄皮ごと擂り潰しましたが、特に舌触りが悪く感じることはありませんでした。今までずいぶんと無駄なことをしてきたものです。

 

 

  


 

 

 

 自分で手間をかけて作ったずんだ餅は苦労のし甲斐がありますよ。決して、精神的なものではなく、市販のずんだ餅と比べてみてください。香りがぜんぜん違います。煮切り味醂を使えば甘味もすっきり、まるで別物です。甘いものが苦手だった左党のご先祖にも是非お供えして上げてみてください。^^
  


 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2009/08/11(火) 12:10:00

ウチの実家はもちではなくはっとです!めんどくさいとごまの時もあるんですが、16日はずんだばっとですねー。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/11(火) 20:31:19

 ぺこりんさん おばんです。

 ぺこりんさんのご出身ははっとの本場、登米でしたっけ?
胡麻で食べるはっとも美味しそうですね。甘い物はあまり
得意じゃないのですが、胡麻が入ると平気なのです。^^
今度やってみますね。

ほっしー

URL | [ 編集 ] 2009/08/11(火) 21:58:23

はじめまして!

ずんだって簡単にできるんですね。

七夕にこちらのブログをプリントアウトしてお店探してた方いたので、一応道案内しました

県外の方みたいでした

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/12(水) 05:12:52

  ほっしーさん ようこそ、いらっしゃいました。

 ずんだ餅は本来家庭で作る物で、傷みも速いので
作りおきする物ではありません。
従って、市販のものより家庭で作り立てを食べた方が
間違いなく美味しいですね。粗さや甘さがその家庭により
異なるのも家庭料理ならではです。

 ブログが役に立って幸甚です。仙台をはじめみちのくにも
よいお店や食材がたくさんありますので、出来る限り紹介
して参ります。今後ともよろしくお願いいたします。

 ほっしーさんは栃木県ご出身なのですか? お店の
メニュー構成を見ていまして、そんな気がしました。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/873-1dc2eccd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。