スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

今年もハゼ天の季節がやってきました

カテゴリー: 料理:釣り魚

hazeten.jpg
 松島湾のマハゼは、仙台雑煮のダシとして焼き干しに加工されることが有名ですね。焼きハゼの作り方は加工場まで押しかけて見学させてもらってますので、是非こちらをご覧ください。もちろん、ダシ用だけではなく、天ぷらも天下無双の美味しさです。特に松島湾のハゼは秋にはすでに20cm前後に育ち、天ぷらにしても食べ応えのあるサイズとなります。ただ、あまり大きくなりすぎたハゼは身も硬く、小骨も気になりますので18~20cmの今頃のハゼ天が一番美味しいように思えます。

 

 

 

 

 

 8月後半は週末の天気が絶好調。お盆前のぐずついた天気がウソのように晴れ上がりました。
haze09-0.jpg
 こういう日には家にいてはいけません。降り注ぐ太陽のもとでゆく夏を満喫しましょう。夏と言ってもこのところ、メキメキと秋を感じます。朝夕の涼しさは快適ですし、空気を鼻で吸い込みますと鼻腔の奥がスーッとします。朝日夕日や空の色が鮮やかでクリアーになっていますし、月のエッジもシャープに見えます。夏らしい夏がないまま、秋に移るのは物足りなさもありますが、秋は快適な季節ですから、それはそれで楽しみなのです。

 

 

 

 

 

 

 今日は松島湾のハゼ釣りに繰り出しました。
haze09-1.jpg
 丸玉丸さんや遠藤名人の新艇もハゼ釣りに出ていました。名人は彼女と二人でそばによると暑さが倍増します。^^

 

 

 


 

 

 朝のうちほとんど当たりもなく、今日はハゼ天、一人一尾かも、、、と凹んでいたのですが、潮が動き出すとポツポツ釣れ出し、家族分はなんとなりそうな見込みです。
haze09-2.jpg haze09-3.jpg
 弱かった喰いも、置き竿を引き込むまでに活性化しました。

 

 

 


 

 


 決して入れ食いはありませんでしたが、お昼近くまで粘って、やっと25尾。娘が好きなシャコのお土産も付きました。
haze09-4.jpg
 入れ食いがあれば、1時間の釣果ですけど、近年、入れ食いの経験していないですね。子供の頃、東京湾ではハゼは束(百)単位で釣るものとされていました。ただ、東京湾のハゼはその年生まれのデキ(当歳魚)がほとんどで、松島湾のようにヒネ(前年生まれ)主体ではなく、型も小さいのです。松島湾でも9月以降には10cm以下のデキハゼが混じり始めるので、餌が取られてウザクなるのです。

 

 

 


 
 

 

 ハゼの天ぷらはこの季節に、どうしても食べないと秋が迎えられない節目の味覚なのですが、捌くのはかなり面倒です。
haze09-6.jpg
haze09-5.jpg
 鱗を取って頭を落とし、内蔵を引き抜いてよく洗い、一尾ずつ背開きにしていきます。型のよいハゼが20尾くらいあれば、我が家では十分です。東京ではかつて、ハゼの甘露煮が作られていました。日持ちがしますので重宝だったのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 あとはひたすら衣を付けて揚げて行きます。泡が小さくなり、音も弱くなったら引き上げの頃合です。
haze09-7.jpg
 天ぷらは難しいと思われている方が多いと思いますが、、、、その通りです。^^ ですが、ポイントだけ押さえれば十分美味しい天ぷらは揚がります。自分で気をつけていることを参考までに列記しますと、

 

  ・薄力粉は冷凍庫で保存し、使う前にふるいにかける。
 ・水は氷水を使い、粉は叩くようにして馴染ませる。
 ・ネタは水気を拭き取ってから、衣に付ける。
 ・多めの油で少量ずつ揚げる(温度を下げない)。
 ・揚がった天ぷらは重ねない(蒸らさない)。

 

 てなところです。

 

 

 

  

 

 ハゼ天は熱々の揚げ立てを食べなければ意味がありません。
haze09-8.jpg
  つまみ食いしたい欲求を抑えつつ、テーブルへと運びます。

 

 

 

  

 

 今日は初物のハゼ天で秋の到来を祝います。
haze09-12.jpg
  三人でこんなに食べるのかよ!という量ですが、全部は食べられません。いつも残り、翌日に煮付けたり天茶などで頂いています。

 

 

 


 


 中骨も低温(160℃)から揚げ始め、仕上げに200℃位でカラッとさせます。
haze09-9.jpg
 これは酒のつまみに最適ですね。カリカリポリポリ食べていますと、雑種の次男も飛んできます。^^

 

 

 


 


 本日の外道で釣れたシャコです。寿司屋さんではガレージなんて洒落てますね。
haze09-13.jpg
 残酷ですが、活きたまま塩水で茹でましたので、甘味が強く、これが好物の娘も大喜び。

 

 

 


 


 クリスピーな衣の中からふんわりした白身が顔を出します。ハゼの白身はキスやギンポよりも儚く消えゆく感じが堪らんのです。
haze09-15.jpg
 我が家では、ハゼ天は天つゆではなく、レモンを絞って醤油で食べます。

 

 

 


 

 

 天ぷらだけの夕食は体に悪そうでしょ。それは我が家でも許されないのです。健康志向の家人がちゃんと野菜のおかずを用意しています。
haze09-16.jpg
 湯剥きミニトマトのピクルス、キュウリと大豆の浸し物、ゴーヤーの佃煮、オカヒジキの芥子醤油です。オカヒジキと大豆以外はうちの畑で採れたものです。

 


 

   

 

 


  翌日は残しておいた天ぷらでハゼ天丼です。幸せいっぱい。^^
hazetendon3-1.jpg
 天ぷらは200℃のオーブンで両面5分づつ温めてから、丼に盛り付け、丼たれを回しかけます。

 

 


 

 


  今年も無事にハゼの天ぷらを頂くことができ、夏から秋への移り変わりをめでたく祝うことができました。我が家は春のふきのとうに始まり、木の芽、筍、大葉、茗荷、ホヤ、ハゼ、カキ、・・・と節目節目の旬の味覚を味わわないと落ち着かないのです。そして、目一杯楽しんでまた、来年を楽しみに待つのです。こういうライフスタイルって、自分たちの親の世代までは当たり前だったのですが、一年中、食べたい物がスーパーに溢れる現代は果たして幸せと言えるのでしょうか。真冬にキュウリがなくても、夏まで待てばいいのです。それでこそ、キュウリの感動的な美味しさに出会えるのです。
 

 

 

 

 

 


 ちょっと猟奇的な画像なので最後にしましたが、捌いた時に出た頭も無駄にしません。オーブンで焼いて正月の雑煮のダシにします。
haze09-10.jpg haze09-11.jpg
 昨年、いわゆる焼きハゼではなく、頭だけの焼き干しでダシを取ったら、十分に美味しかったので、今年も身は天ぷらでいただき、頭だけを焼き干しにしてから冷凍保存することにします。200℃で40分位で出来上がります。途中で室内の水蒸気を扇ぎ出した方がよいでしょう。焼き上がったら、良く風乾させてからクッキングペーパーで包み、ラップに包んで冷凍します。ビニール袋だと臭いが移ることがありますので要注意。

 

 

 

 


← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ
スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

大名マーク

URL | [ 編集 ] 2009/08/29(土) 07:01:28

サエモンさんのブログは
いつも勉強になります
なるほど、雑煮のダシには
頭だけでもいいんですよネ
魚だけに目から鱗です(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/29(土) 07:59:19

  大名マークさん おはようございます。

 今朝、釣りに行こうかと思ったら、にわかに
大雨、くじけてまた寝て今頃起きてきました。^^

 焼きハゼにこだわる方からすると邪道かも知れません。
正月用には縁起が悪いし・・・。
でも、頭だけでも十分なんです。今回の量で二朝分の
雑煮のダシが取れます。実はハゼだけではなく、アイナメ
だって穴子だって焼き干しにすると素晴らしい味が出ます。

 ところで、大名マークさんも釣りをなされるのですか?

大名マーク

URL | [ 編集 ] 2009/08/29(土) 08:13:09

最近はトンとご無沙汰ですが
昔はよく行ったものです

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/29(土) 08:55:13

 それでは、ハゼ釣りオフまでに一度練習しておきませんか。
詳細打合せはメールで・・・

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/08/30(日) 11:27:23

はぜ天最高ですねー
魚屋にはでてきませんものね、自分で釣らなきゃ食えません!!
数珠こ釣り?なんてのもありましたっけね
なんだか夢のような話だったのかも…
てんぷら船ではないけれど
ますますはぜオフ会楽しみになってきました!!

大名さんとはなにやら楽しそうな相談しているようで…
ん~俺も行きたい!
と思いつつ…バイクもベストシーズンをむかえ、頭の中は遊ぶ事ばかりだな(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/08/30(日) 12:42:16

 びーえむあいさん こんにちは。

 海外出張の疲れはとれましたでしょうか。
そう言えば、ハゼは魚屋さんやスーパーでは滅多に
見かけませんね。マガレイを天ぷら用に開いたものは
見かけますが・・・。

 大名マークさんは来月のハゼ釣りオフは仕事の関係で
参加できないそうです。釣りの経験もおありなので、いつか
ご案内しようかと。では、大名マークさんと都合が合う時に
びーえむあいさんもご一緒に如何ですか。












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/886-212ddc75
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。