スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

今年もペスト(バジルペースト)でいろいろ

カテゴリー: 料理:野菜・果物

pesto09-1.jpg
  毎年恒例のペスト作り、畑のバジル(バジリコ)が黄ばみ始める前にペーストにして、夏の香りの最後を締めくくります。ペスト作りはこのブログでも3度目のご紹介になります。自分で作ったペストは、市販の瓶詰とはことなり、フレッシュな香りが素晴らしいです。瓶詰は過熱する過程で香りが飛んでしまうのでしょう。さっそく、作ってお昼のパスタに間に合わせます。

 

 


 

 

 

 

 材料はバジルの葉が2株分。大体ザル1杯で、出来上がりが小ビンに2つ位になります。本場、イタリアのジェノバでは松の実を擂り合わせますが、色々試した結果、クルミが一番近いように思えます。
pesto09-2.jpg
 バジル以外の材料は、オリーブオイル半カップ、クルミ1カップ、粉末パルジャーノ半カップ、塩小さじ1、ニンニク1片です。好みで黒胡椒少々。今日は出来上がったら、リングイネ(平たいロングパスタ)でPasta al Pesto Jenovese を頂く予定です。

 

 

 

 


 

 

 毎度、お馴染みスティックミキサーでサァーッと作ってしまいます。
pesto09-3.jpg
 初めの頃は、クルミはミルで粉砕して、バジルは刻んで、ニンニクは擂り下ろしてから、ミキサーにかけていましたが、今は横着にも全部そのままで擂り潰しています。

 

 

 


 

 

 

 

 最初にバジルを何回かに分けて、押し付けるように攪拌し、細々になったら、ニンニク、クルミ、オリーブオイルも加えて、ドロリとするまで気長に摺り続けます。
pesto09-4.jpg pesto09-5.jpg

 最後にパルメジャーノと塩を加えて味を調えて完成です。右のようにペットリとした感じになります。味加減は小さじ山盛り1杯で1人分のパスタが調味できるくらいですから、そのまま舐めると少し塩っぱいくらいで良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて、お湯を沸かし好みのパスタを茹で始めます。この間、ボールにペストを人数分取り、茹で湯で伸ばしておきます(これは2人分)。
pesto09-6.jpg pesto09-7.jpg
 ところで、パスタを茹でている鍋は絶対噴きこぼれない山本鍋です。うどんや蕎麦、パスタを茹でる時に目を離しても安全なのですっかり頼り切っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 はい、出来上がりました Linguine al Pesto Genovese  です。
pesto09-8.jpg
 バジルの強烈な香りが食卓に立ち込めます。匂いという刺激はパワフルで、脳の片隅にしまってあったイタリアの思い出が勝手にむくむく湧き上がります。

 

 


 

 

 

 

 今日のランチは子供たちがいないので、夫婦二人っきりです。
pesto09-9.jpg

  秋の風を感じながら、ゆっくりランチを楽しみます。ワインが欲しいところですが、この日の夜は飲む予定が入っておりますので、我慢がまん。^^

 

 

 

 

 

 

 

 これもジェノバの名物、ポテトインゲンのペスト和えPatate e Fagiolini al Pesto Genovese です。
pesto09-10.jpg
 これもイタリア人の大好物。通常、パスタと混ぜて作りますが、ボリュームが出過ぎますので、単品にしました。ポテトは柔らか目で、インゲンは対照的に少しカリッと感じる位にするのが私好みです。

 

 

 

 

 

 

 

 これは翌日のお昼に作ったペストの手抜きリゾットです。
pesto09-11.jpg
 生米からではなく、お冷やご飯から作りました。ご飯は水で洗ってばらばらにし、等量のお湯で煮て少し柔らかくなったら、ペストを加えて味を調えます。粉末パルメジャーノを振って頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 夏の香りバジル(バジリコ)は日本でもすっかり有名になりました。ただ、スーパーなどでハーブとして買うと結構な値段がします。丈夫で鉢植えでも育てやすいハーブですから、是非1~2株栽培されては如何でしょう。小規模栽培の場合、を買いますと持て余しますので、5月にを買うのがよいでしょう。育つ途中でも、ピッツァパスタにと、葉を数枚ずつは利用できますし、最後はペスト作りを楽しめます。フレッシュなハーブがいつも手元にあると食生活が豊かになりますよ。

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ぺこりん

URL | [ 編集 ] 2009/09/15(火) 12:17:44

私もくるみでジェノバペースト作りました。実家の前の土手が荒れ果てていつの間にか鬱蒼としたくるみ林になってしまったので、この時期、朝早い時間と、風が吹くと祖母が鎌を手にくるみ取りに出かけていきます(^ ^)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/09/15(火) 19:53:00

 ぺこりんさん おばんです。

 いや、実に偶然ですね。私も先週末、裏山の沢筋から
山胡桃(オニグルミ)を拾ってきて、洗って干しているところです。
今回のペストジェノベーゼは、市販の胡桃で作りましたが、
これを濃厚な味の山胡桃で作ったら、格別な味わいになるの
でしょうね。やってみよう・・・・って、バジル全部使っちゃった(涙)

おお

URL | [ 編集 ] 2009/09/16(水) 09:27:58

貴重なものをいただきありがとうございました。
パスタにしましたがむちゃくちゃうまかったです!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/09/16(水) 21:09:23

  >おおさん

 美味しく食べていただき、感謝です。
冷凍をしていない生ペストですので、香りが
生きていると思います。 少しですが、楽しんで
頂ければ幸いです。

 記事にもありますが、バジルは一鉢植えておくと
便利ですよ。トマトとモッツァレラのサラダには不可欠
ですし、ピッツァに乗せれば味わい倍増ですよ。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/900-666a8111
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。