スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【富谷町】七福のつけ汁そば

カテゴリー: 外食:蕎麦

nanahuku3.jpg
  富谷町の住宅地に自宅を改造した蕎麦屋さんがあります。今から4年ほど前(2005)にご主人が脱サラをされて、根っから好きだった蕎麦打ちで第二の人生を始められたそうです。その腕はとても素人の趣味の延長とは言えず、長年蕎麦を打ち続けてきた職人並との噂です。楽しみにしていたお店だけに心が躍りますね。^^

 

 

 

 

 

 本当に住宅地の中にあります七福さんです。しちふくではなく、ななふくさんです。
nanahuku1.jpg nanahuku2.jpg
  
角地なのでよく目立ちますし、そばの登り旗も出ています。駐車スペースはお店の前に5台分。

 

 

 

 


 

 

 店内はウッディーなダイニングとそれに続く和室をつなげた空間となってます。
nanahuku4.jpg

 開店と同時に飛び込みましたが、どんどんお客さんが入っていきます。皆さんよく知っているのですね。

 

 

 

 

 


 

 

 和室の席に陣取って、卓上にあるスクラップに目をやります。
nanahuku5.jpg nanahuku6.jpg
 独特の蕎麦の打ち方をされているようですよ。それと、だったんそばの記事を供覧させているところを見ると韃靼蕎麦を使っているのでしょうか。韃靼蕎麦は中国の内陸部やチベットやネパール辺りでよく栽培されているソバの一種ですね。日本では血液サラサラ効果があるとされるルチンを多く含むので、専ら健康飲料のそば茶として多く消費されていますね。

 

 

 

 


 

 

 さて、お品書きですが、非常にシンプル。ざるそばを基本に天ぷらが組み合わされます。唯一、つけ汁そば(温)というのが、異質な感じです。
nanahuku7.jpg
 お品書きを眺めていますと、奥様が「だったんそば茶でございます。」といって、そば茶を運んできてくれました。健康によいお茶を最初に出して下さいました。ついでに、つけ汁そばについて伺うと、いわゆる鴨汁そばの鶏版ということでした。この日は雨で少し肌寒かったので、さっそくお願いしました。ちなみに蕎麦が普通の蕎麦粉を使っているそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらが、つけ汁そば(温)1,000円です。昼食にはちょっと贅沢だったかも。
nanahuku8.jpg
 副菜は2品付きますが、おそばはちょっと物足りないかな。

 

 

 

 


 

 

 つけ汁はいわゆる鴨汁と同じように少し甘めの味付けです。
nanahuku9.jpg
  
つけ汁の中には色々具が沈んでそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 具として、鶏の丸と大ぶりのもも肉が二つずつ。
nanahuku10.jpg nanahuku11.jpg
 それに煮込んだ乾し椎茸も隠れていました。

 

 

 

 


 

 

 ちょっと見て下さい。このお蕎麦の細さと透明感を。蕎麦ってこんなに細く打てるのですかと言うくらいに細いです。
nanahuku12.jpg
 これは、独自の一度生地を寝かせるという打ち方だからこそ出来ることなのでしょうか。よくわかりませんが、ここまで細く正確に打てる技術が伴わないと出来ることではありません。この透明感も粉を粗挽きにしただけでは出せないように思います。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの方がこの蕎麦の透明感がよくわかりますね。例えは悪いですが、画像で見るとまるで糸蒟蒻のようです。
nanahuku13.jpg
 滑るように喉を通過していきます。つけ汁に対して、やはりちょっと蕎麦が少な目です。替え玉が欲しくなりますね。^^

 

 

 

 

 

 

 

 副菜は非常に家庭的なお惣菜で、すき昆布と豆もやしと油揚げと人参の煮物。それに走りのかと思ったら赤皮南瓜と大根の甘酢漬けでした。^^
nanahuku14.jpg
 この家庭的なところもこのお店の魅力なんでしょうね。高いレベルの蕎麦打ちと家庭的雰囲気が同居しているこのアンバランスな感覚も悪くありません。

 

 

 

 


 

 

 〆には、鶏のダシが利いたつけ汁をそば湯で割って頂きます。やっぱり、ちょっと麺が足りないですね。
nanahuku15.jpg
 最近、こういう蕎麦の食べ方をすると、どうしてもつけ麺とオーバーラップしてしまい、がっつり食べないと気が済まなくなってますね。これはお蕎麦なのだと言い聞かせて食欲を押さえます。ただ、麺食いの山形県人だったら、暴れ出すかも知れませんね。^^

 

 

 

 

 

 

 

 実に繊細な蕎麦でした。これを見られただけでも、来た甲斐がありました。ただ、更科粉の割合が高いためか、蕎麦の風味はあまり強くありません。蕎麦の香りを楽しみたい向きには、少し軽すぎるでしょう。でも、みちのくでは珍しいこういう蕎麦も食べられるのが嬉しいです。今度は純粋にざるの大盛りで蕎麦自体をじっくり味わってみたいです。

 

 

 

 

 

手打そば 七福(ななふく)

 

 

  • 所在地  :富谷町富ヶ丘1-12-18
  • 電話        :022-358-5543
  • 営業時間 :11:00~15:00
  • 定休日    :木曜(祝日の時は営業)
  • 駐車場    :店の前に5台

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/09/28(月) 20:58:39

そそられる蕎麦でありますねえー♪
お店の存在もノーマークだったので嬉しい報告でした!
ダッタンソバにこれから始まる新蕎麦があるのかは??ですが
いつか私も食べに行ってみたいと思います!!

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/09/29(火) 21:17:57

  びーえむあいさん おばんです。

 だったんそば、、、最近は日本で栽培されているようです。
収穫期も同じようですから、新蕎麦もあるのでしょうね。

 こんどのこちらのお店に行かれた時に伺って見て下さい。^^


センター長

URL | [ 編集 ] 2010/04/15(木) 00:03:21

このお店のお蕎麦は韃靼そばではありませんよ。
席に着いた時に出てくるお茶が「だったんそば茶」なので、おそらくおかみさんが「だったんそば茶です」と説明して出したのを聞き違えたんでしょうね(^ー^)
ちなみに私は七福のファンで、常連です。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2010/05/06(木) 21:40:54

  センター長さん

 ありがとうございます。直ちに記事を訂正します。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/903-1d6894c2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。