スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【亘理町】絶品マガレイの紙干し

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

hosikarei3.jpg
   

  今はもう秋  誰もいない海
    知らん顔して  人がゆきすぎても
     私は忘れない  海に約束したから
       つらくても つらくても   死にはしないと

         作詞:山口洋子 作曲:内藤法美


 引き続き、亘理町の小旅行を続けておりますが、蔵の街並みから海辺へとやって参りました。こんなに天気がいいのに、誰もいない海。海って夏だけの場所じゃないよって言いたくなりますね。四季折々、海にも表情があります。その変化が素晴らしいのに、みんな損してますよ~。^^

 

 


 

 

 

 

  亘理町の鳥の海付近の海辺に来ました。海に繋がる松林。まるで高原のような風景ですね。
hosikarei2.jpg
 誰もいない海辺。ちょっと淋しいのですが、一人でこの景色を独占できるのは、まんざらでもないですね。^^ そうそう、この松林では松露が採れるのですが、松露ってご存じですか? 香り豊かなキノコの一種です。

 

 

 

 


 

 

 

 

  海辺の背後には昨年(2008年2月)オープンした温泉施設わたり温泉鳥の海がそびえ立ってます。
hosikarei4.jpg
 今日は温泉に浸かる時間がないので、館内にある産直市場を物色いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 わたり温泉鳥の海の1階にありますふれあい市場です。地元の特産品がずらりと並べられています。
hosikarei5.jpg hosikarei6.jpg
 農産物や加工品も格安の値段で買うことが出来ます。新鮮で安いのですから消費者にとってはいいこと尽くめ。

 

 

 

 

 


 

 

 

  やはり、亘理と言えば、荒浜港に水揚げされる新鮮な海産物でしょう。
hosikarei7.jpg
 漁業者が漁獲した魚貝類を直接販売していますので、お値打ち価格で販売されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 この日は新鮮なマガレイがありましたので、買い求めました。
hosikarei8.jpg
 自分でもカレイは釣りに行きますが、マガレイは沖でしか釣れないので飢えているのです。^^ それにしてもこのマガレイ、27~28cmもある大型揃いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 マガレイは干物にするとが威力を発揮します。
hosikarei9.jpg
 ヌメリと鱗を取り、内臓を抜いたマガレイを10%程度の塩水に1時間ほど漬け込みます。この時も鮮度を落とさないように氷を浮かべて塩水を冷やします。

 

 

 

 

 


 

 

 

 塩水漬けが終わったカレイは水気をよく拭き取ってから、一尾ずつキッチンペーパーに包んでいきます。キッチンペーパーに包んだカレイはさらに新聞紙に包みます。
hosikarei10.jpg hosikarei12.jpg
 
そうです。これは紙干しの手法です。四季や天候に左右されず、魚の鮮度を落とさずに干物を作り画期的な手法なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 そして冷蔵庫内で一晩寝かします。
hosikarei13.jpg
 紙の吸水力で、魚から水分が奪われます。しかも、冷蔵庫ですから低温状態のまま干物が作れるのです。夏の炎天下で作る干物は、塩分をかなりきつくする必要がありますが、冷蔵庫の紙干しは低塩でも鮮度維持が可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一昼夜経って、きっちり干し上がったマガレイの干物です。
hosikarei14.jpg
 一昼夜以上、放置するとどんどん水分が抜けてミイラになるばかりではなく、紙が魚にくっついて剥がしづらくなります。

 

 

 

 

 


 

 

 

 さっそく、焼いて味わってみましょう。 この焼き色、堪りません。
hosikarei15.jpg
 鮮魚と違って、身が締まり味も凝縮されます。これが干物の醍醐味ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 マガレイはカレイ類の中では比較的水っぽい方なのですが、干すことで高級魚に変身します。
hosikarei17.jpg
 身も締まって、ホクホクの食感が堪りません。私はヤナギムシガレイやムシガレイよりマガレイの干物の方が好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 3回に亘ってお届けした仙南亘理町の小旅行。亘理にはあり、温泉あり、そして海の幸ありで充実した旅が楽しめます。亘理にはまた、四季折々のご飯も楽しめます。これからの季節ははらこ飯、春にはホッキ飯アサリ飯、初夏にはシャコ飯と続きます。これらはわたり温泉鳥の海のレストランを始め海辺の食堂で食べることが出来ますよ。これと、前記事のときわや食堂もお忘れなく。
 

 

  

 

 

 

 


 わたり温泉鳥の海 ふれあい市場 
    http://www.torinoumi.jp/shop/
 


  • 所在地  :宮城県亘理郡亘理町荒浜字築港通り41-2  
  • 電話        :0223-35-2228   
  • 営業時間 :9:00~19:00 
  • 定休日    :無休  
  • 駐車場    :有

 

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/909-f938b987
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。