スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

ポモドーリ・セッキ(乾燥トマト)のパスタ

カテゴリー: 料理:麺類

pomofusilli1.jpg
 先月、まだ夏の日差しがあるうちに、ポモドーリセッキ、すなわち乾燥トマトを作りました(関連記事)。乾し上がったトマトはオリーブオイルにニンニクとベイリーフと一緒に漬け込みました。これはこのまま食べても、ワインのよいつまみになりますが、パスタやピッツアァなどに良い味付けをしてくれるのです。今年はサンマルツァーノ種を使いましたので、特に味の濃いポモドーリセッキが出来上がりました。今日はこれでパスタを食べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

  材料はポモドーリセッキのほか、フジッリ(ラセン構造のパスタ)、アンチョビー、ブロッコリー、ニンニクとオリーブオイル、塩胡椒です。
pomofusilli2.jpg
 ポモドーリセッキはグルタミン酸が凝縮していますので、それだけでも良い味が出ますが、今日はアンチョビーで海の美味しさも添加します。ブロッコリーの緑が入るとイタリアントリコロールで見た目もきれいです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 オリーブオイル漬けで保存しておいたポモドーリセッキです。美味しそうでしょう。
pomofusilli3.jpg
 ドライフルーツのように少し甘酸っぱいのですが、グルタミン酸と塩味が利いて、酒のつまみとしても佳品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 最初に鍋に1%程度の塩水を沸かし、適当に小分けしたブロッコリーを茹で上げます。
pomofusilli4.jpg
 このお湯はパスタを茹でるのにも使いますので、茹であがったブロッコリーは好みの大きさに千切っておきます。フジッリとの馴染みを考えると少し小さめですが、食べるのが面倒であれば、大きくても構いません。

 

 

 


 

 

 

 

 

 続いて、そのお湯でパスタを茹でます。
pomofusilli7.jpg
 この鍋はお気に入りの山本鍋です。不思議なことに絶対吹きこぼれないので、パスタやうどんを茹でている間に安心して他の作業に取りかかれます。もちろんタイマーをセットして時間が来れば、知らせてくれるようにしております。

 


 

 

 

 

 

 

 

 パスタを茹でている間に細かく刻んニンニク、ポモドーリセッキ、アンチョビーを炒めます。
pomofusilli5.jpg
 アンチョビーはイタリアの鰹節のような物ですね。それに、これまた旨味の素であるポモドーリセッキを加えるのですから実に贅沢なソースになります。

 

 

 


 

 

 

 

 炒めたポモドーリセッキとアンチョビーに、茹で上げたブロッコリーを混ぜ合わせます。
pomofusilli6.jpg
 ブロッコリーは既に加熱しありますので、さっと味が馴染む程度でよいでしょう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 茹で揚げたパスタをソースでさっと和え、塩胡椒で味を決めて出来上がりです。取っておいたポモドーリセッキを上に飾ります。
pomofusilli8.jpg
 フジッリにはこのようなサラッとしたソースでもよく絡みます。、ひだ構造で表面積を稼いで、ソースがよく絡む構造を開発した人は偉いですね。何だかDNA(遺伝子の二重螺旋)のように見えてきます。^^

 

 

 

 


 

 

 

 

 付け合わせは、茹でたブロッコリーの茎とオニオンスライスと合わせたインサラータです。天盛りは削り節です。
pomofusilli10.jpg
 これには、3ヶ月間熟成させたタラゴンビネガーと醤油を合わせたドレッシングをかけて頂きます。このタラゴンビネガーと醤油のドレッシングは不思議と日本の食材にベストマッチします。いつも、これにオリーブオイルを加えるのですが、今日はさっぱりと酢醤油風にしています。

 

 

 

 


 

 

 

 

 このところ、子供のいない、休日のランチが多くなり、今日は二人前です。
pomofusilli11.jpg
 作るのは楽になりましたが、楽しさは少し減ったかな・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 夏の名残の乾燥トマト、ポモドーリセッキを使ったシチリア風パスタ。肉もチーズも使いませんが、グルタミン酸たっぷりのポモドーリセッキと塩漬けイワシであるアンチョビーを使っていますので、日本人の味覚にもフィットします。日本では一年中、トマトがスーパーに並びますが、燃料炊いてトマトを作るより、端境期にはこのような乾燥トマトを使った料理を開発した方が食文化の幅が広がるように思えてなりません。

 

 

 


  

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

さっかーおやぢ

URL | [ 編集 ] 2009/10/12(月) 08:28:30

関係ないけど、トップページの半熟香味たまごとからすみの組み合わせが「かわいいコックさん」の絵を思いださせて、ほのぼのと笑っちゃいました。すみません。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/12(月) 18:48:04

 すみません。意味がよくわかりません。
可愛いコックさんは半熟卵とからすみのような
食材を扱っていたのですか?


さっかーおやぢ

URL | [ 編集 ] 2009/10/13(火) 07:18:19

たまごが目でタラコが唇のように見えて、なんとなくコックさん思い出したという意味でした。悩ませてすみませんでした。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/13(火) 21:22:08

  >さっかーおやぢさん

 やっとわかりましたよ。なるほどね。
まったく気付きませんでした。しかし、
よく見いだしましたね。^^

 さっかーおやぢさんも我々と同じ臭いがしますね。
ただ、私は甘い物がちょっと苦手なんですけど・・・。^^











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/916-0ec15852
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。