スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【兵庫県明石市】本場明石の玉子焼き

カテゴリー: 外食:その他

akasiyaki1.jpg
  前記事に引き続き、明石からのレポートです。小学生の頃、よく来た明石は実に◎十年ぶり、すっかり変わって昔の記憶と一致しません。仕事を終えて、明石駅前の市場街、魚の棚(うおんたな)商店街に向かいます。

 

 


 

 

 明石の駅では玉子焼きのどでかい看板が迎えてくれます。これは西明石駅だったかも。
akasiyaki2.jpg
 明石玉子焼きは、タコが入っていますが、大阪のいわゆるたこ焼きではありません。大阪のたこ焼きがコナモンの部類に入るとしたら、こちらは卵料理の領域に入ります。小麦粉澱粉である浮き粉も使いますが、大部分は玉子です。ですから、ふわふわで串で刺して食べることはできません。それをだし汁に浸して食べるのも大きな特徴なのです。

 

 地元の方に伺ったところでは、江戸時代の末期に明石では卵の白身と硝石から明石玉と呼ばれる人造珊瑚が作られており、重要な産業だったとのこと。その際、黄身だけが大量に余り、それの有効利用として玉子焼きが生み出され、地元で漁獲されるタコを入れるようになったとのこと。

 

 さらに、大阪のたこ焼きは明石玉子焼きがルーツであるともおっしゃってました。地元では玉子焼きとか玉焼きと呼んでいますが、他所の人にとっては紛らわしいので、明石焼きと呼ばれるようになり、やがて明石でも大阪のたこ焼きと差別化し、明石をPRするために、明石焼きとも呼ぶようにしたそうです。さて、講釈はこれくらいして、さっそく食べに行きましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 明石駅近くの魚の棚商店街です。魚の棚と書いて、UONTANAと呼びます。
akasiyaki3.jpg akasiyaki4.jpg
 鮮魚店や乾物屋さんがならぶ市場街です。詳しくは、次の記事でご報告します。

 

 

 

 

 

 


 魚の棚商店街の中ほどにあります玉子焼きの有名店たこ磯さんを伺います。
akasiyaki5.jpg
 明石焼きを併用しているお店が多い中、頑なに玉子焼きで通していますね。この界隈には70軒ほどの玉子焼き屋さんがあるそうですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 お店に入るとすぐ左手でイケメンの兄ちゃんたちが玉子焼きを焼いています。
akasiyaki6.jpg
 大阪のたこ焼きと違って、大きな窪み付き鉄板ではなく、一人前の15個分が焼ける鍋と言いますか、焼き型で焼くのですね。焼き上がると板の上にひっくり返して玉子焼きを乗せます。

 

 

 

 

 

 

 

 たこ磯さんのメニューです。表の看板にもありますように、甘味処でもあるのですね。
akasiyaki7.jpg
 
でも、ほぼ全員が玉子焼きを食べていますよ。玉子焼きも最近は進化しているようで、タコと同じく明石の名物である穴子を使った玉子焼きもありました。欲張りの私はその両方が楽しめるミックス焼きに挑戦です。

 

 

 

 

 

 

 

 これがミックス焼き15個で1050円です。当たり前ですが外見は普通の玉子焼きと変わりません。^^
akasiyaki8.jpg
 この添えられるだし汁が明石焼きの特徴です。明石焼きはふわふわのとろとろなので、出来たてはかなり熱いのです。そこで、食べやすいように常温のだし汁を添えたのが始まりと伺いましたが、今では、熱々のだし汁を出すお店もあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 こちらの玉子焼きは比較的球形を維持してますね。
akasiyaki9.jpg
 自重で潰れて、平たくなるほど柔らかい玉子焼きもあります。

 

 

 

 

 

 


 ミックス焼きには、このようにタコとアナゴの両方が入っていました。
akasiyaki10.jpg
 明石の海の幸を同時に楽しめる豪華な玉子焼きです。

 

 

 

 

 

 

 さっそく、だし汁に浸して頂きましょう。箸であまり触るとすぐに崩れてしまいます。このお店のだし汁は昆布と鰹節で取ってあり、作りおきや二度炊きは香りが飛ぶのでしないそうです。
akasiyaki11.jpg akasiyaki12.jpg
 そうそう、この味。だし汁を含んでトロントロンになった玉子焼きを吸い込むように食べていきます。口の中でたこやアナゴが飛び出してくる感触が溜まりません。懐かしいなぁ。東京にも玉子焼きのお店はいくつかありますが、やはり、ローカルフードは地元の空気で食べなくては本当の味がしませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 こちらのお店では、たこ焼き用のソースも用意されています。だし汁味に飽きてきた頃に使うと効果的です。^^
akasiyaki13.jpg
 広島や大阪方面から来られた方は、明石の玉子焼きといえどもコナモンの種族とみなしてしまうのでしょうね。そうなると永年の学習効果でソースがなければ欲求不満に陥るのでしょう。
 
 

 

 

 

 


 

 

 実に久しぶりに子供の頃に味わった本物の玉子焼きと遭遇できました。あの頃は、まだ、親父も若く、小学生の兄弟を連れて、明石の海によく遊びに来ました。玉子焼きを食べながら、脳のどこかにしまってすっかり忘れていた当時の動画の断片が途切れ途切れに蘇りました。新幹線を乗り継いでやって来た甲斐がありましたよ。もちろん、仕事も一生懸命やりましたよ。そのご褒美の夕食第1弾です。^^ まだまだ、続く私的第三故郷紀行、お付き合いください。

 

 

 

 

 

 

 

 たこ磯 http://takoiso.com/index2.html


  • 所在地  :兵庫県明石市本町1-1-11   
  • 電話        :078-914-5103 
  • 営業時間 :10:00~19:00  
  • 定休日    :無休
  • 駐車場    : 契約駐車場有(割引券配布)

 

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

はらぺこ

URL | [ 編集 ] 2009/10/29(木) 22:38:52

明石焼きと聞いただけでも心拍数が上がるほど好きなのに、
美味しそうな画像まで見てしまってはもう堪りません!
おかげさまで、衝動的に通販で明石焼きを注文してしまいました (^_^;)
ソース味も美味しそうですね~♪

びーえむあい

URL | [ 編集 ] 2009/10/30(金) 00:28:27

師匠今晩は!
なんとまあ美味しいエリアに出張!おめでとうございます!!

そして肴大好き酒豪親分とスイーツ親分のはらぺこさんが
たこ焼きでやり取りされてるではありませんか
私にとっては夢の競演って感じですね♪

サエモンさんがたこ焼きとビールなら…
はらぺこさんは食後に…クリームみつ豆ですかね?
私は両方いっちゃうかもね!(笑)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/30(金) 21:05:56

  はらぺこさん おばんです。

 明石焼き、すなわち卵焼きは本当に美味しいですよね。
私の場合は子供の頃の思い出も加味されて、さらに美味しくなるのです。
10月4日の記事も拝見させて頂きました。7種類の味が楽しめて、全部で
42個ですから、あの値段でもお得ですね。今度、禁断症状が出たら、私も
通販に頼ろうかな。^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/30(金) 21:09:09

  びーえむあいさん

 明石は魚好きにとってはパラダイスです。時間があったら、小学生時代
住んでいた神戸の町並みも見たかったのですが、とんぼ帰りでした。(涙)

 アルコールが飲めることで人生も膨らみますが、そのための犠牲も決して
少なくありません。特に私の場合は・・・・。^^

 12月早々にはまた、オフ会の予定です。なおさんが3次会まで行くと
張り切っていますので、何人かの生け贄も必要でしょう。^^

大名マーク

URL | [ 編集 ] 2009/10/30(金) 21:23:11

サエモンさん
生贄ならなおさん好みの
ぱんだ(親)さんでしょう

ぱんだ(親)さん ごめんネ
みんなの犠牲になって(爆)

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/30(金) 21:52:33

 大名マークさん

 それは言わないで。。。。
最近、ぱんだ(親)さんが、オフ会に参加しないのは
それが原因かも知れませんので・・・。^^

 船頭会のタフガイを招へいしましょう。











管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/925-036d1d15
明石市VS神戸市 昼夜間人口比の戦い
今回からは兵庫県の第3巡です。No5都市の明石市が主役となり戦国時代ブログにおける天下統一を目指します。明石市の隣接都市は次の通りです。神戸市 加古川市 稲美町 播磨町いきなり厳...
2009/10/29(木) 15:25:15 | 市町村・戦国時代・天下統一
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。