スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【兵庫県明石市】干したこで作る明石のたこ飯

カテゴリー: 料理:買い魚

akasitakomesi1.jpg
  明石からの最後の記事になります。明石と言えばたこたこと言えば明石と言うくらいたこが有名です。明石駅の近くにある魚の棚商店街にもたこ関連商品を扱うお店がたくさんあります。看板にどでかいたこを貼り付けたこちらのお店は蒲鉾屋さんですね。関西ではこういう目立つどでか看板がよく見られます。道頓堀の動くカニも有名ですね。

 

 

 

 

 

 

 さて、前記事で本場のたこ飯を楽しみましたが、その材料である干したこを買い求めたくて魚の棚商店街を歩いています。大きな乾物屋さんを見つけました。座古海産さんです。
akasitakomesi2.jpg
 塩乾品の専門店ですので、北海の身欠き鰊なども扱っており、なにか身近に感じてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ありました。これがたこ飯の原料である干したこです。
akasitakomesi3.jpg
 お店の中央にまるで凧のように吊り下げられています。どきっ、干したこの上に、3000の文字が見えますが、たった一枚の値段だろうか・・・。どきっ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうしてもスルメの感覚で見てしまいますが、生たこを一杯買ったとしても1000円以上はしますから、それなりの覚悟が必要でしょう。
akasitakomesi7.jpg
 幸い大きさは様々あり、小は2000円前後からありました。スルメなら一束買える値段です。このお店で書いたたこ飯のレシピも付けてくれました。
 

 

 


 

 

 

 

 

 

  しげしげと眺めると手間がかけてあります。特に胴体(頭ではない)はピタッと広がるように竹の細材が弓状に仕込んであります。
akasitakomesi9.jpg akasitakomesi8.jpg
 腕(足ではない)には、広がって乾くように串が打ってあった形跡もあります。確かにスルメとは違って、形よく乾燥させるための仕事が多く加えられていますので、それなりの加工代も原料代に上乗せされますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 干したこをゲットして、お店を出るとその向かいに美味しそうな煮だこ(たこの桜煮)の屋台が出てました。
akasitakomesi4.jpg
 兄ちゃん寄ってき、安うしとくよ、うまいでぇ~。と爪楊枝に刺された煮だこを目の前に突きつけられたら、思わず頂いちゃいますよね。^^ その後はアリ地獄に引き込まれるように・・・・、、、恐るべし、関西のおばちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 


 つっことで、煮だこ一丁、お買い上げぇ~。となった次第です。
akasitakomesi6.jpg
 味見してみたけど、大変美味しゅうございました。これを干したこ飯のトッピングにしようと思い付きました。

 

 

 

 

 

 


 さっそく自宅に帰ってレシピ通りに干したこをキッチン鋏で刻みます。あとで膨らみますので5mm幅くらいに切っていきます。
akasitakomesi10.jpg
 この時、さっと焙ると柔らかくなって切り易いですね。

 

 

          米3合分の材料は以下の通りです。

 

 

材 料

分 量

 米  3合
 干したこ      50g
 塩 小さじ2杯
 醤 油 大さじ2杯
 日本酒 100ml
 だし昆布 10cm





        

          
          
        
       
       

 

 


 刻んだ干したこは醤油と日本酒を合わせた調味液に1時間位浸けてふやかします。
akasitakomesi11.jpg
 十分に柔らかく戻しておかないと、炊いた後でも硬く感じます。

 

 

 


 

 

 

 

 この間、米を研いでザルに上げ、たこの桜煮も薄く切っておきます。
akasitakomesi12.jpg
 桜煮がない場合は、刺身用のマダコでも良いでしょう。

 

 

 

 


 

 

 

 今回もマイブームの炊飯用土鍋を使います。
akasitakomesi13.jpg
 浸した干したこを調味液ごと鍋に入れ、3合分の水に合わせます。ただし、たこにも水分を取られることを考慮して心持ち多めに加減します。だし昆布を加えて炊き始めましょう。

 

 

 


 

 

 

 

 すっかりはまっている土鍋ご飯。ガスコンロで炊いても同じ米がまるで違って炊かれます。
akasitakomesi14.jpg
 炊飯用土鍋にも様々あります。炊ける容量の違いや中蓋の有無など、自分に適した物を選びましょう。私がこの土鍋を選んだ経緯はこちらの記事に記載してあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 いつものように、15分で炊き上げ、15分蒸らして、待望のオープンです。うわぁ、美味しそう。^^
akasitakomesi15.jpg
 干したこがすっかりたこになってますよ。ご飯の土鍋ならではのふっくら艶やかな炊き上がりです。

 

 

 

 


 

 これが、本場明石のたこ飯です。
akasitakomesi16.jpg
 いままで、作ってきた桜煮を混ぜ込むタイプ(作り方)とは一線を画します。干物の濃縮された旨味と糖分がほとんど入っていないすっきりした味わい。これぞ、明石のたこ飯なんですねぇ。

 

 

 

 

 


 

 

 

 ちょっと、贅沢にこれまた、明石から運んできたたこの桜煮をトッピングしました。
akasitakomesi17.jpg
 たこ三昧のたこ飯とはまさにこのことでしょう。ベースのたこ飯の鄙びた旨さにコックリと炊かれた桜煮のハーモニー、しかも、明石から連れてきたたこですから、美味しいはずですよ。娘は3杯も食べてしまいました。^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 みちのくを離れて、明石の記事を続けてしまいましたが、当ブログの管理人が子供の頃に親しんだ処ですのでお許し願います。今回の明石行きで感じたのは、地元の人が地元の食材に誇りを持って大切に食べていることでしょうか。特に水産物ですが、高級な鯛や蛸から、いかなご、小魚の果てまで家庭の料理として根付いています。

 

 宮城も美味しい魚貝類に恵まれていますが、金華さば三陸塩竈ひがしもの(生鮮めばち)は、どんだけ県民に食べられているでしょうか。また雑魚も然り、水揚げしても売れないので海に捨ててくるのが普通です。このような、実態を憂いた人間がその有効利用を叫ばない限り不合理な漁業は続いていきます。

 

 海辺の魚屋さんにはそのような小魚が出ることが多いので、それをまず買って味わいましょう。売れるとなれば、徐々に市場は広がります。消費者の買い支えと美味しい物への探究が資源の無駄使い不合理漁業をなくしていくことに繋がります。

 

 

 

 

 

 


  

 

 

 座古海産 http://www.uonotana.or.jp/shop-064.htm

 

  • 所在地  :兵庫県明石市本町1丁目1-14
  • 電話        : 078-911-3159
  • 営業時間 :8:00~18:00
  • 定休日    :木曜日
  • 駐車場    :なし

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2009/10/31(土) 05:51:15

待っていました。本場のたこ飯作り方。
干した蛸だからこその旨みが出るんでしょうね。
私も土鍋で炊いてみます。

明石シリーズ堪能いたしました。
明石焼き(本当は玉子焼きっていうんですね)は大好きで、
先日も「神戸のお土産何が良い?」と聞かれ、
「明石焼き」を所望いたしました。

西日本の食は面白いですね。
昔から外国の食文化が流入して来ることが多かったから、
バラエティーに富んだ料理があるのでしょうか?
でも今では東北地方でも「たこ飯」が食べられるのですから、
有難いことですね。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/10/31(土) 07:52:04

  ちょろりさん おはようございます。

 この干したこ飯は、以前ご紹介しました桜煮のたこ飯より、
かなり鄙びた味です。そこが、魅力なんですけど。甘味が
必要な時は好みで味醂を加えて下さい。

 関西には江戸時代以前から海外の食文化が入っていましたが、
江戸時代は長崎を通じて、普茶や卓袱が日本化されながら
伝わっています。でも、関西、特に大阪を代表するのは庶民の
食べ物です。これは長崎と比較しても、大阪の多様さには及びません。
大阪人のうまいもの追求の旺盛さが花を咲かせたのでしょう。

 明治維新以降もいち早くソースを庶民文化に取り込んでますしね。

風写

URL | [ 編集 ] 2009/11/01(日) 17:27:15

おばんです

なるほど
凧をタコと呼ぶのは形が干し蛸に似ているかもしれないですね

関西では常識かな?

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/01(日) 17:34:51

  風写さん おばんです。

 今海辺の点検から帰ってきました。風が相当強いですね。
さて、凧と蛸・・・・気にしたこともありませんでした。
干しダコは凧に見えないこともありませんが、ウィキってみると
意外な事実が・・・・
-------------------------------------------------------------
凧を「タコ」と呼ぶのは関東の方言で、関西の方言では「イカ」、「いかのぼり」
(紙鳶とも書く)と呼ばれていた。凧が、「タコ」や「イカ」と呼ばれる由来は、
凧が紙の尾を垂らし、空に揚がる姿が、「蛸」や「烏賊」に似ているから、という
説がある。長崎では凧のことをハタといい、ハタ揚げ大会が開かれる。
-------------------------------------------------------------

 んだそうです。長崎ぶらぶら節の一節に、長崎名物はた揚げ盆祭り~と
いうのがありましたので、知っていましたが、タコと呼ぶのが関東の方言とは・・・・。
いやぁ~勉強になりました。


ブログパーツ屋

URL | [ 編集 ] 2009/11/08(日) 22:58:05

明石って意外にいろんなことで盛り上がっているんですね。。。
もっとネタが少ない町かなあと思ってました

明石時計っていうのをみると↓
http://www.bigwave.info/parts13/

やっぱり明石焼っておいしそうです。。。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/09(月) 22:11:58

  ブログパーツ屋さん 営業活動ご苦労様です。

 でも、玉子焼き(明石焼き)に食指が動いたようですね。
このブログはそういうブログなのです。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/928-eee73d3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。