スポンサーサイト

カテゴリー: スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- -- | トラックバック(-) | コメント(-)

【石巻市】鳥勝+サルーテでワイン三昧

カテゴリー: 外食:居酒屋・割烹

salte1.jpg
  本日(11/21)は盛岡からちょろりさんご夫妻が石巻にやってきます。以前、鳥勝+サルーテさんの記事をご覧になって、一度行ってみたいとご所望されていたのでした。私も新しくなった鳥勝さんには、一度しか行ったことがなく、しかも、暗くなってからタクシーで行ったものですから歩いていけるか不安です。そこで、早めに出掛け、お二人をホテルに迎えに行く前に場所の確認をしておきました。三陸道石巻・河南IC近くの新興住宅地をうろついています。まだまだ、空き地の多いこの界隈、全くどこにお店があるのか見当が付きません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 だいぶ近づいているはずなのですが、なかなか見つかりませんでした。実は正面の一軒家が目指す鳥勝+サルーテさんでした。^^
salte2.jpg
 食べログ地図が間違っており、この周辺を何度も回ってしましましたよ (-.-”)。地図で確認される場合は下記の所在地を地図サイトに入力して下さい。

 


 

 

 

 

 

 

 夕闇迫る頃、やっと辿り来ました鳥勝+サルーテさん。すぐに近くのホテルにちょろりさんご夫妻を迎えに参ります。
salte3.jpg salte4.jpg
 
 以前の焼鳥屋さん時代の献立も残しつつ、昨年(2008)の5月、郊外のトラットリアに変身しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 店内は以外と狭く、カウンター6席にテーブル2卓。ですが、他に個室や座敷もあるのです。
salte5.jpg
 本日はドーム型の個室(4~5席)を予約しています。本日は3人なのでかまくらのような空間でもゆったりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 さあ、今宵はバンバン行きますよ。減量も今夜は押入に仕舞っておきます。^^
salte6.jpg
 本日はAntipasto Misto(前菜盛り合わせ)だけは予約の際にお願いしましたが、あとは出されるままに参ります。突きだしは茎若布と人参の煮付けと青菜の浸し物。こういう献立とイタリアンが同時に出てくるところが、このお店の特徴であり、魅力です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 事前にお願いしておいたAntipasto Mistoは銘々に盛ってくれました。
salte7.jpg
 手前より巻いたソフトサラミ、レバーペーストのブルスケッタ、牡蛎のマリネ、エリンギの海老しんじょ揚げ、〆サバの炙りサルサヴェルデ・ポモドーリセッキ添え、梨に巻いたプロシュットの6品。もうこれだけで、うっとりですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 食前酒にはスプマンテがいいねということになり、マスターの阿部さんに選んでもらったのがこれ。Drusian(ドゥルジアン社;ヴェネト州)のProsecco di Valdobbiadene(プロセッコ・ディ・ヴァルドッビアデーネ)です。
salte8.jpg salte9.jpg
 イタリアのDOC認定のスパークリングワイン、プロセッコは原料のブドウの品種です。クセがなくて爽やかな飲み口です。泡立ちもきめ細やかで、食前酒には最適です。私はこれで通したいくらいでした。^^

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 イタリアンで通してもよいのですが、せっかくの鳥勝+サルーテさんです。お造りの盛り合わせも行っておきましょう。
salte10.jpg
 3人前ですが豪華でしょう。時計回りに12時からヒラメ、イナダ、マダコ、スズキ、ヤリイカ、ボタン海老、そして大間のマグロです。中央は活ツブですね。

 

 


 

 

 

 

 

 ちょっとピントが呆けますが、大間の本マグロです。
salte11.jpg
 カマトロでしょうか、硬く締まった脂身です。その脂が爽やかなこと。大西洋マグロの畜養物とは格段の差があります。

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 刺身と言えば、日本酒に行きたいところですが、今日はワインで通します。マスターに任せてビアンコを選んでもらいました。イタリアでは比較的新しいワイナリーVigna Traverso(ヴィーニャ・トラヴェルソ)のRibolla Giallaリボッラ・ジャッラ)です。
salte12.jpg salte13.jpg
 リボッラ・ジャッラは、フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州の土着のブドウですね。柑橘系の香りで酸味もあり、余韻もあります。白ワインと刺身の相性はよくないと言われますが、このワインに限っては最高のマリアージュなのです。以前、石巻駅前にあった鳥勝時代にも、このワインを出してくれました(関連記事)。きっと、刺身や日本の料理にも通用するものを選び抜いたのでしょう。

 

 

 


 

 

 

 

 

 このあとの料理はお任せです。真鱈のAcquaPazza(アクアパッツァ)です。さすが石巻、旬の鱈は塩水で締めていないのでふんわり柔らか。
salte14.jpg
 イタリアを代表する魚料理ですね。白身魚をソテーしたあと、水を振り掛けて蒸し焼きにします。アサリやオリーブ、ポモドーリセッキ(ドライドトマト)もなくてはならない食材です。

 


 
 

 

 

 

 

 

 白身の魚料理なのでもう1本を頼みました。夢二の美人画みたいなデザインのOrnella Molon (オルネッラ モロン社)のTraminer(トラミネール)です。もう、お気づきでしょうか。こちらのお店ではデキャンティングポワラーを使っていますね。
salte15.jpg salte16.jpg 
 
トラミネールはトロピカルフルーツやオレンジの香りが魅力で、深い味わいの中にスパイシーさも感じます。マスターがライチの香りもすると仰ってましたが、確かにそのとおりライチを感じます。白なのにしっかりした骨格さえありますね。まだ魚料理の段階でボトルが3本空きました。^^

 

 デキャンティングポワラーは、眠っていたワインを急速に酸化させて味を円やかにしてくれます。通常、ワインは事前にデキャンターに移して1~2時間置き、酸素と馴染ませて、苦味や渋味を飛ばします。このポワラー(注ぎ口)はそれを瞬時にやってくれる優れ物なのです。

 

 

 


 

 

 

 

 

 続いての料理は本日のメイン、Spezzatino di manzo(牛の煮込みフジッリ添え)でした。
salte17.jpg salte18.jpg
 GINORIの大皿で大胆に供されます。右のマークは19世紀中期によく使われたマークなのですが、どういう訳か下の方が欠けています。

  

 

 

 

 

 

 

 

 よく煮込まれた牛肉の塊は箸で切れるくらいに柔らかです。
salte19.jpg
 秀逸なのはこのソース、ご飯に乗せて食べてみたかったです。^^
 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 この肉料理に合わせてロッソに切り替えます。選んで頂いたのはMarco Porello ( マルコ・ポレッロ )のRoero Torretta ( ロエロ・トッレッタ )です。新しいボトルをオーダーする度、マスターが自ら開けてくれ、解説とともにグラスに注いでくれます。グラスも形が全て違います。
salte20.jpg salte21.jpg
 ロエロ・トッレッタはサラリとしているのですが、しっかりとしたボディーを感じる赤です。ちょろりさんは、Nebbiolo(ネッビオーロ)で作られるBarolo(バローロ)のような味と表現していました。今まで聞いたこともなかったワインですが、ピエモンテ州のワイナリーで数々の受賞にも輝いています。ネッビオーロも盛んに栽培されている地区でもありますね。色々、ワインのことを勉強しながら飲めるのもこのお店の魅力です。 

 

 

 


 

 

 

 

 

 順序が入れ替わってますが、ここでパスタが出てきました。Penne alla Bolognese(ペンネ・ボロネーゼ)です。削り立てのParmigiano Reggianoパルミジャーノ・レッジャーノ)も香り豊か。
salte24.jpg
 日本人はプリモピアットでパスタを食べてしまうと、後が続かないので配慮してくれたのでしょうか。確かにお凌ぎ程度ならともかく、日本の酒席では炭水化物は最後ですね。このボロネーゼは日本でも最も馴染みのあるパスタですね。ラグーソースとかミートソースと言った方がわかりやすいかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ここで5本目のワイン。同じMarco Porelloロッソすが、ブドウはBARBERA D'ALBA(バルベーラ ダルバ)です。箸休めに漬け物の盛り合わせも出してくれました。
salte23.jpg salte22.jpg
 バルベーラはイタリアで広く栽培されているブドウですが、ピエモンテ州のダスティ地区やアルバ地区のものが優れているとされています。クセがなく、ミディアムボディーなワインでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3時間ほどかけた本日のディナーもいよいよクライマックスです。Dolce Misto(ドルチェミスト)もたっぷり。
salte25.jpg
 イチジクのシラップ煮やリンゴのワイン煮にフルーツケーキなどが盛り合わされます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 ちょろりさんの奥様がドルチェを取り分けて下さいました。
salte26.jpg
 甘いもの好きには堪らない光景なんだろうなぁ~。^^

 

 


 

 


 

 

 

 ドルチェにはこのワインと出されたのが、Provincia Di Pavia(プロヴィンチャ・ディ・パーヴィア)のMoscato(モスカート)です。それにしてもこれで6本目、一人2本はやっつけたことになります。^^
salte27.jpg salte28.jpg
 イタリア人にはなくてはならないVino Dolce(デザートワイン)。モスカートの独特の清らかな芳香が目一杯広がる甘口ワインです。モスカートの宿命でアルコール度数が低いため、まるでマスカットジュースのようにスイスイ飲めます。

 

 

 

 

 

 


 

 

 いやいや、実に楽しかった。ワインも一度にこれだけ堪能したことはありません。3人で6本ですからね。鳥勝+サルーテさんに伝説を作ってしまいました。^^ 普通これくらい飲めば、いくら私でも次の日に残ります。しかし、翌朝はスッキリ爽やか。ちょろりさん達も快適な朝を迎えたそうです。マスター阿部さんがイタリアで自ら選んで、個人輸入したワインは酸化防止剤が入っていませんので、悪酔いにならないそうです。


 

 

 マスターの選ぶワインはVeneto(ヴェネト州)やFriuli-Venezia Giulia(フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州)、Lombardia(ロンバルディア州)、Piemonte(ピエモンテ州)など、アルプスに近い北イタリアのものが多いようです。修行されたのがこちらの地方だからかと思ったのですが、阿部さん曰く、宮城は東北なのでワインも北方で作られるものが合うと思ったからだそうです。ただ、これら北イタリアの各州は北緯45度で日本で言えば、北海道の稚内市と同じくらいになります。
 

 

 

 和伊折衷の料理でワインをしこたま楽しんだ鳥勝+サルーテさん。気になるお値段ですが、あれだけ飲んでも一人当たり福沢諭吉に達しておりません。ワイン通のちょろりさんによりますと、通常であればワインだけで2福沢は下らないそうですから、いかに良心的かわかりますね。マスターの奥様が酒類販売の資格を取るために勉強中とか。近い将来、お店でこれら個人輸入の良質なワインが買えるようになるかも知れません。

 

 

 

 


 鳥勝+サルーテ

 

 

  • 所在地  :宮城県石巻市蛇田字新大埣117-1
  • 電話        :0225-93-2728
  • 営業時間 :11:30~13:30/17:00~21:00(LO)、日曜11:00~21:00
  • 定休日    :火曜日
  • 駐車場    : あり(3台)
     

 

 

 

 

 

 減量16日目:と言っても、この日(11/21)は3日分くらいのカロリーを摂ってますね。^^
body1123NEW.jpg  
 2日後の23日まで体重増が続いています。ただ、あれだけ飲み食いしても一気に1Kgも戻るということはないのですね。たまには、ハメを外しながら、地道に減量を続けていきましょう。

 

 

 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

スポンサーサイト
前ページ | | 次ページ

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2009/11/24(火) 08:14:59

サエモンさんおはようございます。

「鳥勝+サルーテ」は素晴らしいお店でした。
料理もお酒もサービスも、じんわりと温かくて、
誰かの自宅に招かれたようにくつろぎながら楽しめました。
シェフ始めスタッフのおもてなしの心が成せる業ですね。

3人でワイン6本とは結構飲みましたが、
全く無理なく料理と共に入って行きましたね。
料理とお酒のバランスが見事でした。
いわゆる高級ワインと高級食材を合わせるより、
食材と料理を見極めたマリアージュが最高に楽しいです。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/24(火) 20:52:42

  ちょろりさん

 気に入って頂けまして、よかったです。
ハイクラスのレストランは宮城にもありますが、
気取りがないのに本場以上のワインをさりげなく
出してくれる鳥勝+サルーテさんは凄いと思います。

 儲け主義ではなく、実質を大切にしているのが
よくわかります。サービスが低下しないように取材も
断る時があるそうです。その意味ではこの記事は
余計だったかも知れません。

 でも、多くの人にこの店の良さを知らせたくて、いた
堪れないのですよ。^^

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/11/25(水) 10:46:54

思った通り・・いいや、予想以上にわんだほーです。
今まで紹介されたどんな記事よりも
鳥勝+サルーテさんの実力が伝わってきて
この店を愛するサエモンさんだからこそ!と惚れ惚れしました。

和食=日本酒、イタリアンやフレンチ=ワイン、と
とかく区別したがる私でも、大いに惹かれるラインナップ。
特に、刺身と併せたビアンコには興味津々です。

お代官様、もはやランチじゃ我慢できませぬよぅ・・。
あのホテルに予約して、腰を据えてお泊まりで味わいた~い!




おお

URL | [ 編集 ] 2009/11/25(水) 23:54:30

うらやましいです。。

ちょろり

URL | [ 編集 ] 2009/11/26(木) 10:59:28

>庄内人さん、おおさん
ここは泊りがけでも行かなきゃいけません。

例えば贅沢な温泉旅館がで5万円~(2人分)と考えれば、
ここはホテル9千円+食事2万円(2人分)で3万円でおつりがきます。
たまに奮発するなら、最近はこんな旅行がいいと思っています。

そして予約時に
刺身の盛り合わせ+イタリア料理のフルコース
でお願いすると良いですよ。

庄内人

URL | [ 編集 ] 2009/11/26(木) 19:25:11

>ちょろりさん
説得力のあるアドバイス、ありがとうございま~す!
ますます行く気マンマンになりました。。^^

毎度見てます

URL | [ 編集 ] 2009/11/27(金) 02:38:34

いつも拝見しております。
仕事でマグロを扱っている者です。
写っているマグロはカマトロではございません。
かなり小型の物で、種類的には本マかもしれませんが
本マとは呼べない大きさの物です。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/27(金) 21:33:26

 ちょろりさん、庄内人さん、おおさん

 留守の間、盛り上げて頂きましてありがとうございます。
もう何も加えることはありません。記事の通り、素晴らしいお店です。
宿泊も石巻駅周辺に4000円くらいで泊まれるコンビニホテルも
あります。タクシー代を入れても2人以上ならお得かも。
 みんなでいつか鳥勝+サルーテ合宿でもやりますか!!
2泊3日で、一日目イタリアン、二日目ど和風・・・。^^

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/27(金) 21:34:29

毎度見てますさん

 初めまして、マグロのプロからのコメント、恐れ入ります。

 ご指摘の通り、よく見ると筋肉の層構造がありますね。
これはカマのわけありません。赤面です。(滝汗)
サイズに関しても、この部品から大きさを推定できるのは
さすがですね。お見立ては筋肉の層厚でしょうか。

 鳥勝さんは先代より、魚に関しては間違いありません。
大間のマグロも100Kg以上は築地直行でしょうけど、
メジクラスはみちのくにも出回るのではないのでしょうか。

 いずれにしろ、この美味しさは、感銘しました。脂の
爽やかさが素晴らしかったです。

風写

URL | [ 編集 ] 2009/11/29(日) 17:51:09

良さそうですね
石巻合宿

おおさんが宮城に来られそうな週末を狙ってやりましょう。

サエモン

URL | [ 編集 ] 2009/11/30(月) 06:27:42

  風写さん おはようございます。

 二日連続だと、次の日は有り難みが欠けるかも知れません。
志津川や女川を組み合わせて一泊二日でしょうね。^^












管理者にだけ表示を許可する
http://bimitankyu.blog80.fc2.com/tb.php/943-8733edc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。