FC2ブログ

【塩竈市】マグロの解体ショーでお振る舞い

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

 本日(10月20日)は、塩竈の45号線沿いにあるやまやの敷地内で第2回塩竈うまいもんフェアが開催されていました。メインイベントはマグロの解体ショーです。マグロは三陸塩竈ひがしものと呼ばれる秋から冬にかけ三陸沖で漁獲された最も脂が乗ったメバチマグロです。 解体の後には、試食と称したお振る舞いもあると聞きつけ、ドライブがてらに駆けつけました。

 

 



 会場では様々な水産物や加工品が販売されていました。
higasi1.jpghigasi2.jpg

 

 



 いよいよ、解体ショーの始まりです。でかいメバチマグロがどんどん刺身になっていきます。
higasi3.jpghigasi4.jpg
 口上を聞いていましたが、ひがしもののバチの赤身は本鮪(クロマグロ)より旨味があるそうです。期待でワクワク、はよ食わせてくれ~!!

 

 



 待ちに待ったバチマグロの刺身のお振る舞いです。
higasi5.jpghigasi6.jpg
 昨日揚がったばかりの生です。先を争って行列に加わります。

 

 



 実はこっそり二回並びました。m(..)m    ところがこれが大正解!!
higasi7.jpg

higasi8.jpg
 1回目は赤身だったのですが、2回目は、なんと中トロでした。これ、めちゃウマァー。



 このイベントは、塩竈発祥の酒販チェーンのやまやを会場に塩竈の地域ブランドである三陸ひがしもの(生鮮メバチマグロ)を核として、塩竈の水産加工品を販売するものです。今年は三回開催されるらしく、次回は11月17日です。


 率直な感想として、マグロの解体ショーが目玉なのに、マグロの販売が限定10食、しかも、どこで売っているのかよくわからない。スタッフに聞いて、やっと、やまやの店内の片隅にあることがわかりました。しかも、お値打ちなのはわかりますが、ワンパック2000円の物しかありません。みなさんに広くひがしものをPRしたいのなら、庶民が買える価格設定も検討されては如何でしょう。



 食品の地域ブランドは地域の人に愛されているからこそ、世に広まるのではないでしょうか。

 




にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ          ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m
        

 


 ※ 生ではありませんが、塩竈の間宮塩蔵さんが冷凍のメバチを扱ってます。
    500g(6~7人前)1980円でした。 → こちらです。

【東松島市】カキまつりでカキ汁・焼きガキ

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

 本日(11月11日)、東松島市の奥松島公園でカキまつりが開催されました。あいにくの雨模様だったのですが、ドライブをかねて行ってきました。もちろん、お目当ては無料試食のカキ汁と焼きガキです。^^

 


向かう途中の松島湾、曇ってましたが、紅葉が美しい。
kakimaturi1.jpg

 



 カキ汁の無料配布コーナーからは100人以上もの行列が。大鍋二つで作ってますのでそう簡単にはなくならないでしょう。
kakimaturi2.jpg kakimaturi3.jpg
 小雨模様でしたが10時頃にはもう黒山の人出、みなさん、カキが好きなんですね。




 やっと頂けた味噌味のカキ汁です。ぷっくらとしたカキが2個入ってます。
kakimaturi4.jpg
 カキのだしがガッチリ効いた旨みったぷりの汁で冷えた体が芯から暖まります。ありがたいですね~。今朝、剥いたばかりの生でも行けるカキのお汁ですから身の弾力が違います。





 続いて、焼きガキのコーナーに向かいます。大量の殻付きカキが特設コンロで次々焼かれています。
kakimaturi6.jpgkakimaturi5.jpg




 炭火焼きです。殻の隙間からカキのエキスが、ジュワッと吹き出しています。
kakimaturi7.jpg




 見て下さい。これが鳴瀬のカキです。鳴瀬川の河口沖合でプランクトンの豊富な海水で育つとこのように熱を加えても身が縮みません。
kakimaturi10.jpg
 ぷっくらとした身は、旨味や甘味も強く、いわゆるカキ臭さは逆に押さえられます。私は鳴瀬のカキは宮城県一、いや日本一美味いと確信しています。





 あまりに美味しかったので、むきカキ2袋も買ってしまいました。
kakimaturi9.jpg
 海水の中でプカプカ浮かんでいるような、代物ではありません。がっつり身だけで500g詰まってます。これで1本1000円ですからお得ですね。しばらく、カキを楽しめそうです。





 昨年は陸上でのノロウイルスによる感染性胃腸炎の流行がさもカキが原因であるかのように、報道されたためにその翌日からカキの値段が暴落してしまいました。いわゆる風評被害ですね。さらに、追い打ちをかけるように燃油の高騰がカキ生産者のみなさんを苦しめています。


 カキは世界中で有史以前から人類が利用し続けてきたご馳走です。今年も美味しく育っていますので、みなさん、たくさん食べて寒さを乗り切りましょう。

 


 【まつりのお問い合せ】

    東松島市観光協会 http://www.okumatsushima-kanko.jp/

    
 【カキの販売】

    有限会社奥松島かき鮮
       所在地  :宮城県東松島市大塚字長浜
       電話        :0225-88-2897




にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ       ← ご声援よろしくお願いいたします。m(..)m

ゴーヤーの種は珍味?

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

goyaseed1.jpg  
 これ何だかわかりますか? ねっとりとした豆のようですが、この血のように真っ赤な色が少し不気味ですね。

 

 

 

 

 

 我が家の畑でも秋冬野菜が元気に育っております。左は今年初めて栽培してみた暮坪かぶです。右は毎年定番の青首大根です。
goyaseed2.jpg goyaseed3.jpg
 
蕪(かぶ)と大根は葉っぱの形が異なります。かぶは丸い葉ですが、大根はギザギザが入ります。どちらの葉っぱも間引きしながら、味噌汁の実として利用しています。

 

 

 

 

 

 本日、畑の草むしりをしておりましたら、ゴーヤーを1株抜き忘れていたのに気付きました。生け垣の中に蔓を伸ばしており、発見されずに今まで放置されていたのでした。夏のゴーヤー(右)と比べてみて下さい。熟れたゴーヤーは真っ黄色です。
goyaseed4.jpg goya08-1_20080920201736.jpg
 
真っ黄色でふかふかです。とても食べられたものではありません。キュウリもそうですが、ウリの仲間は実が完全に熟すると黄色くなるものが結構ありますね。要するに我々は未熟なウリの実を食べているわけです。

 

 

 

 

 

 

 ふかふかのゴーヤーを割ってみると、小指の先ほどの赤い実が出てきました。
goyaseed8.jpg 
 正確に言うと種子の周りの外皮が赤いのです。ねっとりとして不気味ですが、実はこれがなかなか珍味なんです。あのゴーヤーの苦味はなくなって、ほんのりと甘いのです。信じられないでしょ。

 

 

 

 

 

 赤い種子の外皮を食べ終わると中からアラレが出てきました。??
goyaseed5.jpg 
 これがゴーヤーの種子です。これを黙って出したら、醤油味のアラレだと思って摘んでしまう人もいるのではないでしょうか。^^

 


 

 

 

 

 アップで見てもこのようなお菓子があるように思ってしまいますね。
goyaseed6.jpg 
 来年はこの種で苗を作って、ゴーヤーを育ててみようと思います。

 

 

 

 畑で野菜を育てていると、販売されている野菜からは見ることの出来ない生き様を目の当たりにします。市販の野菜はそれぞれの野菜の一生のうちのほんの一断面であるということが認識できるようになります。我々、人間はお店にある食品を食べているのですが、元を正せば他の生き物を食べて生きているのです。

 

 

 

 

 

 

 お陰様で仙台人気ブログ第1位になりました。いつもご声援どうもありがとうございます。m(..)m
goyaseed7.jpg 
 たぶん瞬間的な記録だとは思いますが、今後とも役に立つブログを目指して頑張って参りますので、ご閲覧よろしくお願い致します。

 


 

 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ

【塩竈市】塩釜仲卸市場で買い出しです

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

nakaorosi0.jpg 
 塩釜仲卸市場は一般にも開放している水産物の卸売市場です。いわゆる都会の朝市とは異なり、プロ相手に早朝より営業しています。年末ともなると、県外からもバスの買い出しツアーが押しかけてきます。昨日、1年ぶりに探索に行って参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 場内は鉄骨むき出しの体育館のようです。初めてだとどこに何があるか分かりませんね。
nakaorosi1-1.jpg nakaorosi3.jpg
 長靴でなくても大丈夫ですが、市場ですので通路は濡れています。それなりの服装で行きましょう。今年から祝祭日も営業するみたいですね。ここ数年、塩釜仲卸市場は水揚市場と違って実に元気です。場内には観光バスの到着予定がアナウンスされます。まるで、観光地のような受け入れ体制です。

 

 

 

 

 

  

 

 

 簡単な案内図を作ってみました。場内は大きく4つのゾーンに区切られます。ちょうど、田の字のような区切りで南口左から反時計回りで魚類組合加工品組合鮮魚組合中央組合に所属する367店舗が商品を並べています。

Map.jpg   

 
   取り扱う商品は各ゾーンでかぶっている物もあるのですが、おおよそ以下のようになります。

     【魚類組合】      マグロを中心とした鮮魚類

     【加工品組合】     塩乾物、干物、練り製品、珍味類

     【鮮魚組合】      鮮魚、活魚、海老蟹、貝類、魚卵

     【中央組合】      鮮魚を中心に冷凍品や加工品


 中央の通路から東西に延びる通路を第1号売り場から第14号売り場としており、標識もありますので、気に入ったお店は番号売り場か覚えておくと良いですよ。

 

 

 

 


 

 


 塩竈は何と言ってもマグロでしょう。ひがしもの(近海ビンチョウ)のシーズンではありませんが、マグロが見事に捌かれていきます。
nakaorosi5.jpg nakaorosi6.jpg
 
巨大な出刃包丁でみるみる大きなマグロがブロックになって行きます。1~3号売り場の周辺では、このような解体作業が見られます。

 

 

 


 

 

 

 

 

 中央通路を奥に進みますと左手が加工品の並ぶエリアとなります。
nakaorosi7.jpg nakaorosi8.jpg
 観光客のお土産に笹蒲がよく売れるのでしょうか、屋内唯一の電飾看板が目立ちます。干物類も種類が豊富でどれも美味しそうですね。サンマの開きは5枚でたったの500円ですよ。

 

 

 

 

 

 


 

 

 6号内場周辺です。乾物や珍味類がずらりと並びます。
nakaorosi9.jpg nakaorosi10.jpg
 これらの商品は、観光で寄ったお客さんでも安心して買えるのでしょうね。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 続いて中央通路の西側の鮮魚と活魚のゾーンです。8号から14号の売り場周辺の光景です。
nakaorosi10-1.jpg nakaorosi11.jpg
 魚はもちろんエビカニ、イカタコ、貝類ホヤなど、なんでもござれのゾーンで最も魚市場を感じるゾーンです。

 

 


 

 

 


 

 季節の鮮魚や活魚が種類豊富に並べられます。今ですとまだタラのシーズンですね。
nakaorosi12.jpg nakaorosi13.jpg
 ナメタガレイも年末年始を過ぎると安くなります。七ヶ浜に水揚げされたナメタが5枚でなんと1000円です。@@

 

 


 

 

 

 遠くロシアの活タラバガニから仙台湾の活マコガレイまでが顔を合わせるのもこの市場の楽しい所です。
nakaorosi14.jpg nakaorosi15.jpg
 市場はいつ来ても楽しいですね。特に、この鮮魚活魚ゾーンは四季折々に魚が異なり、海の季節の移り変わりを感じることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 


 塩釜仲卸市場はずいぶん一般人にもサービスをしてくれるようになりました。市場のイメージも明るくなってきたように思えます。築地の場内の緊張した戦場のような空気ではなく、やはりみちのくの穏やかな雰囲気に包まれています。ターレットやネコ(大八車)が人を掻き分けて走ることもなく、落ち着いて買い物ができますよ。店舗数は減りますが、日曜や祝祭日も営業しておりますので、子供の見学を兼ねて水産物の買い出しはいかがですか。安くて、ためになって、帰ってからも美味しいですよ。次の記事では仲卸市場ならではお食事をご紹介します。お楽しみに。

 

 

 


 

 

 

 塩釜水産物仲卸市場  http://www.nakaoroshi.or.jp/

 

  • 所在地  :宮城県塩竈市新浜町1-20 
  • 電話        :022-362-5518 
  • 営業時間 :3:30~13:00(土曜~14:00、日曜祝祭日6:00~14:00) 
  • 定休日    :休市日はHPで確認して下さい。
  • 駐車場    :有り 500台

 

 

 

 

 

 

 

 

  ← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 グルメブログ 東日本食べ歩きへ

【大河原町】とんとんの丘のもちぶた館

カテゴリー: 紹介:生鮮食材

motibuta0.jpg
  いきなり、ぶた君のどアップで失礼しました。^^ 近年、仙台市内の飲食店でももちぶたを見かけることが多くなりました。もちぶたとは正式には和豚(わとん)もちぶたと言いまして、グローバルピッグファーム株式会社が数種の品種を交配して作出した銘柄豚です。日本人好みのきめ細かい脂と柔らかい肉質が特徴です。もちぶたを色々調べていますと、大河原にもちぶたのテーマパークがあって、料理や温泉も楽しめることがわかりましたので、さっそく行ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 そのもちぶたランドはとんとんの丘といいます。もちぶたの生産直売だけではなく、もちぶたBBQや子供が喜びそうな動物がたくさんいる森もあるそうです。
motibuta1.jpg
 日帰り温泉施設もあり、遊んで湯に浸かってもちぶたを食べてと一日たっぷり楽しめそうです。大河原の町中(国道4号線)から田園地帯を5分ほど走った山間にあります。

 

 


 

 

 最初に動物の森を散策します。歩き始めるとすぐに、アヒルの池に行き当たります。森の奥の丘陵には何とダチョウまでいました。
motibuta2.jpg motibuta3.jpg
 このダチョウ、少し攻撃的で近づくと、鼻を鳴らして警告します。^^

 


 
 

 

 

 

 

 

 

 左は子供に人気のポニー、右はニホンジカですね。
motibuta4.jpg motibuta5.jpg
 鹿は牡鹿半島を車で走っていますとよく見かけますね。さすがに牡鹿半島です。まだ渡ったことはありませんが、金華山は鹿研究のフィールドとして有名らしいです。1頭1頭に名前が付けられ、それらの家系まで把握されているとか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 続きまして、ヤギさんとヒツジさん。どちらも瞳が横一文字なのが可愛いと感じる人と不気味と感じる人がいるようですね。
motibuta6.jpg motibuta7.jpg
 ヒツジさんは顔の黒いサフォーク種ですね。イギリス南部が原産の品種で、肉質が良いので、近年、北海道ではジンギスカン用に盛んに飼育されています。このヒツジさん、非常に人懐こくて、頭を撫でてやりますと、柵伝いに何処までも付いてきます。^^

 

 


 

 

 

 

 

 

 そして、この森の主役、豚君です。でも、これはもちぶたではなく、ミニ豚でした。
motibuta8-1.jpg
 近づくとすぐに寄ってくるのですが、歓迎されているのか、威嚇されているのかよくわかりませんでした。^^これは金網の目から撮影しており、外まで出てくることはありません。

 

 

 

 

 みなさまももう気付かれたと思われますが、この森にはポニーや犬などの愛玩動物もいましたが、大多数が食用動物なんです。人間にとって有用な動物たちが間近に見られ、その声や温もりも感じることが出来ます。少し複雑な気持ちになりますが、これは自覚しておくべきことですね。

 

 

 

  

 

 

 

 それでは、この丘のシンボルもちぶた館に参ります。
motibuta9.jpg motibuta10.jpg
 
もちぶたやもちぶた加工品がメインですが、仙南地域の農産品や地場産品も販売していますので、遊んだ帰りに夕食のおかずを仕入れることが出来ますよ。

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 もちぶたは品種だけではなく、餌料や投薬などの肥育管理も徹底されています。
motibuta11.jpg motibuta12.jpg
 
流通面でも食肉市場を通さず、特定の問屋に流すことで迅速化を図っているようです。

 

 

 


 
 

 

 

 

 

 

 中央にはもちぶたの精肉がどどーんと広がります。
motibuta13.jpg
 
ソーセージやハムなどの加工品もたくさん種類があって、どれも美味しそうでした。

 


 

 


 

 

 

 

 

 思わずそそられるもちぶたの揚げ物。アブラギッシュですが、一通り食べてみたい・・・・。^^
motibuta15.jpg
 ヒレカツ、メンチカツ、串カツ・・・立ち食いしようかとも思ったのですが、訳あって、グッと我慢です。

 

 


 

 

 

 

 

 

 こちらはもちぶた館のとなりにあるBBQハウス。
motibuta16.jpg
 まだ早いのでお客さんは少ないですが、美味しそうな匂いが漂ってきます。BBQセットは一人前1200円でもちぶたの肉、ホルモン、レバー、ウインナーに野菜、ご飯、お新香が付くそうです。その他にもとんかつ定食(980円)やしょうが焼き定食(880円)、豚丼(680円)も食べられます。でも、ここもグッと我慢です。^^

 

 

 

  

 

 

 

 朝食を軽くしてやって来ましたので、空腹が応えます。では、食べろと突っ込まれる前にご説明しますが、このとんとんの丘には良い泉質の温泉があり、その温泉施設の中の食事処で美味しいもちぶた料理が頂けるのです。今回のミッションは風呂上がりにそこでもちぶたを堪能しようという魂胆です。それでは、一風呂浴びてきましょう。温泉もちぶた料理は次の記事でご紹介いたします。

 


 

 

 

 

 

 とんとんの丘もちぶた館  http://mochibuta.jp/

 

 

  • 所在地  :宮城県柴田郡大河原町新寺北185-11
  • 電話        :0224-51-5811
  • 営業時間 :10:00~19:00 
  • 定休日    :第3水曜
  • 駐車場    :あり
     

 


 

 

← ランキングに登録中です。クリックでご声援お願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 宮城情報へ